menu

コンサルタントのノウハウをつかむ!『年間報酬3000万円超えが10年続くコンサルタントの教科書』

今回は、経営コンサルタントを目指す方にご紹介したい本についてです。

 

タイトルは煽りっぽいが中身は濃いです

タイトルだけ見ると、煽っているような気がしてきますが、
実際に中身を読むと、骨太でしっかりとした中身の本でした。

筆者は自身の実績がない状態から、コンサルタントになり、
独自の視点を持った営業・コンサルティング手法を生み出し、
成果を上げてこられた方。

その独自の視点、実際にやってきたことを具体的に
示しているのが本書です。

 

コンサルティングの具体的手法も

Amazonのレビューを見ると、「具体的なコンサルティング手法については書かれていない」という
コメントがいくつか見られますが、少なくとも私には、いくつかの具体的手法が載っていると
感じました。

私が感じたのは、営業とコンサルティングの目的が一致していることです。
コンサルティングを受ける経営者が望むことは、経営状況をより良くすること。
特に筆者は次の3点が経営者の3大悩みごとだと説きます。

  •  会社のお金の流れが漠然としていることによるストレス
  • 社員との立場の違いが生む「危機感のズレ」によるストレス
  • 次のワクワクするビジョンが見えないストレス

このような悩み(ストレス)を、コンサルティングによって解決するのですが、
その前に、これらの悩みを筆者は解決できることを示すのです。

悩みが解決するのであれば、コンサルティングを依頼しようと考えるのは当然でしょう。
つまり十分な営業活動になっています。
と同時に、当然のことながら、コンサルティングによって実際に悩みを解決するのです。

両者が一貫した動きをされていることが印象的でした。

 

コンサルタントの営業手法も

上述の通り、営業とコンサルティングが一貫しています。
ただ、もちろんそれだけでは、仕事がとれるかどうか?は分かりません。

営業のやり方については、章を2つ割いて、紹介されています。
(営業戦略と、新規開拓手法)
これらについては、筆者は常に顧客となる社長のことを考えていると感じました。
と同時に、自分がどういうコンサルタントになりたいということも。

ネタバレにならないよう、具体的な内容は書かないでおきます。
筆者のやり方を全て真似るのは現実的ではない方もいらっしゃるとは思います。
興味を持ったことから、自分にも取り入れられると思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【編集後記】

トライアスロン合宿から帰ってきました。
おかげさまで?ヘロヘロです。。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!

足し算だけじゃなく、引き算した方が良いこと

プロになればなるほど、求められる見える化

関連記事

  1. 中小企業診断士と税理士のダブルライセンスの効果は?

    中小企業診断士と税理士を両方持つことに効果はあるのか?ひとりビジネスの実践者として、一意見を述べ…

  2. 独立したからこそ感じる、会社員のメリット

    今朝、人間ドックを受けてきました。会社員だった頃は、都内指定の場所まで行っていました。朝食抜…

  3. ふとしたキッカケで、見える世界は変わる

    本当に些細なキッカケで世界は変わっていく。そんなことを感じています。砂浜…

  4. 数字遊びで終わらない事業計画にする2つの方法

    東芝経営のグダグダがどこまでも止まりませんね。。東芝に限らず、大企業では似たような問題が起こるリ…

  5. 自分は何者か? #283

    おはようございます。duckです。昨日の運動が利いたらしく、筋肉痛になりそうな気配です(^^;あまり…

  6. 診断士がセミナー主催を成功させるステップ(その2)

    こんにちは、渋屋です。「診断士のタマゴ」(実践編)、セミナー主催について書いています。昨…

  7. 普通の人で良かった

    最近、「自分が普通の人で良かった」と心から思っています。持たざる者私は幼…

  8. ケモノ道を自分で切り開ける人、マニュアルに従うだけの人

    難関資格を突破した人が得る、「士業」という資格。一定以上の努力家だけが得られるものという印象があ…

最近の記事

PAGE TOP