メルマガ:非常識なコンサルタント

顧客はメニューを見て、サービスの内容が分かりますか?

先日、反省したことがありました。


以前からマーケティング講座やコンサルティングの顧客には、

・プロフィール
・サービスメニュー
・顧客の声

の3点セットは、早く準備しましょう、と言ってきました。

※ちなみにこの言葉は、師匠から学んだことです。

特に士業のプロフィールやメニューは
似たようなものが並ぶ傾向があるので、

他者のをパクらないで、ちゃんと違いが分かるようにしましょう、
と伝えてきました。


この中でメニューの書き方を反省したのです。

私は独立したい方のホームページやブログ、
メルマガ作成の支援をすることもあるのですが、

顧客から「メニュー見ても分かりませんね(笑)」と
言われてしまいました。

確かに、

●個人向けサービスメニュー

個人向けサービス


(後日追記:修正済みなので、上記ページは今はありません)

このメニューを見ても、私がそんなことが出来るなんて、
よほど熟読しない限り分かりません。

人に言っていることを自分ができていない、
という恥ずかしい状況でした。

早くこのページも改善しないと。
(本当は、このブログ全体を直したくて、
動きが止まっているのですが・・)


メニューを書くときに気をつけたいのは、

・何ができるのか?(何を提供するのか?)
・それによって顧客はどうなるのか?
・進めるための手順は?
・料金は?(しっかりと金額を言い切る)

この辺りを明確にすることです。

サービス内容が分からなければ、
顧客は絶対に仕事を依頼してくれません。

顧客の視点で、サービスメニューが書かれているか?
確認してみましょう。

という自戒の念でした。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村