menu

『『もしドラ』はなぜ売れたのか?』 売れるものを作る舞台裏を垣間見る

今日は、売れるものを作りたい人にオススメの書籍紹介です。
久しぶりに、食いつくように読んでしまいました。

実は、『もしドラ』については、発売当初、私は懐疑的な態度をとっており、読んでいませんでした。。

『もしドラ』、最初は懐疑的でした。

マンガみたいな体裁で、ストーリー仕立てにして、ドラッカーの何が分かるのだろうか?
ドラッカーへの敷居を下げることはできても、表面的な理解しかできないのでは?と。
(ただ、その後に『マンガで分かる・・・』みたいな本が出続けているところをみると、
そういう需要があったことを、著者の岩崎さんはいち早く見抜いていたのですね)

その後、ドラッカースクールで学んだ藤田さんのセミナーに参加し、
「この方は、深くドラッカーを理解されて書かれていますよ」
とお墨付きを得たことで、読んでみることにしたのでした。

内容が普通に楽しめただけでなく、ドラッカーの「マネジメント」について、
具体的な事例をもって理解を進めることができました。
同じように、この本をドラッカーを知るキッカケとした人も多いのではないでしょうか。
何しろ、『もしドラ』は200万部以上、売れているからです。

 

ピースがなければパズルは完成しない

私が本書を読んで感じたことは、クリエイティブとは、ゼロから何かを
発見することではない、ということです。

それよりも、過去から現在の膨大なインプットが、自分の中で
1つ1つのパーツ(ピース)になり、それらが化学反応を起こすことで、
価値あるものは生まれるのだ、と。

例えば、『もしドラ』の大きな流れは、1976年公開の映画『がんばれベアーズ』を
参考にしていることが書かれています。
弱小チームを、あるキッカケで入った外部の人が変えていき、
奮闘しながら勝ち進んでいく流れです。

このようなパーツ(ピース)を1つ1つ巧みに組み合わせることによって、
最終的には『もしドラ』が出来上がっていきます。

 

売れるパターンは既にある

そう考えると、売れるパターンというのは、既に世の中に溢れていることになります。
問題は、それを自分事として捉えることができるか?

  • 他業界の話だから関係ない
  • 自分のビジネスはB to Bだから、B to Cのマーケティングは参考にならない

というように考えていたら、いつまで経っても、金脈足りえるパターンを
発見することは出来ないのではないでしょうか。

また、本書にはさりげなく、世の中の変化を捉える本質についても書かれています。
それは、「定点観測」をすることです。
いつもと同じ場所、同じ時間に何かを観測することによって、
その変化を感じることができます。

いつもいつも動きまくっていると、その場に変化が起きていることに
気付くことはできないでしょう。
定点観測の重要さも改めて感じたのでした。

売れる何か(特にコンテンツ)を作ろうと考えている方には、
ぜひオススメしたい一冊となりました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】

今日は会社の仕事の後、4月に行うライブセミナーのミーティング。
いつもアイデアが湧き出るメンバーなので、楽しみです。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!

初開催:横浜マラソンの特徴

難解な戦略は実行できない

関連記事

  1. 心に残った本は、何度も読む

    こんばんは。渋屋です。名著と呼ばれるような本は、繰り返し読みたいものです…

  2. 診断士は、笑顔を増やしてみたら?

    こんにちは、渋屋です。このところ読むビジネス書は、何度も読まれるような古典を中心にしています。…

  3. IoT・AI以前に中小企業が取り組むべきデータ活用

    IoT・AI・VR・ブロックチェーン・ロボティクス・・etc次々と新しい技術が生まれ、これら…

  4. コンサルタントの起業術 #438

    おはようございます。渋屋です。近所の草木が激しく変化しています。先週まで花だったところが…

  5. 愛嬌力を鍛えよう

    ビジネス力= 能力 × 愛嬌力 だ!!選ばれる人財! 愛嬌力トレーニング(2…

  6. ズバっときました! #342

    こんにちは。duckです。今日は自宅でテレワークです。今日提出期限の資料を必死に作成しています。■出…

  7. プロは全体像を伝えよう

    おはようございます。渋屋です。一昨日から販売開始された新刊ですが、この記事執筆時点で、Ama…

  8. 私のブログに、セルフマネジメントの記事が多い理由

    このブログには、「経営・セルフマネジメント」というカテゴリがあります。このカテゴリの記事が、実は…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP