menu

噂の峠走に行ってきました!

こんばんは、渋屋です。
ランニングも徐々に本格的なトレーニングのシーズンになってきました。
私は11月下旬に「つくばマラソン」がありますので、それに向けて一段レベルアップをしたいと考えました。

 

峠走へのチャレンジ

そこでふと思い出したのが「峠走」。
峠走とは、こちらの本で紹介されていた練習方法です。

 

ランニングには、自分のカラダを推進させる力と、しっかりと着地する力が必要になります。
推進力が足りなければスピードが出ませんし、着地力が足りないと、カラダを壊してしまいます。

前回のハーフマラソン(自分に負ける悔しさ。惨敗、ハーフマラソン)で書きましたように、
明らかにスピード、つまり推進力が低下しているのが分かりました。
速くなるほど着地の衝撃も強まってきますが、その対応は日々のストレッチで準備は進めていました。

しっかりと推進力を高め、かつ心拍トレーニングをするために、峠走にチャレンジしてみたのです。

 

峠走をやった足柄峠

場所はこちらです。

map

 

神奈川県と静岡県の県境に近いところで、足柄峠というところです。
出発地点は、御殿場線の山北駅。
嬉しいことにさくらの湯という健康福祉センターがあり、ここが拠点になります。

頂上までのコースは、以前に仲間がブログで詳しく書いてくれていますので、参照してみて下さい。

12kmで約650メートルを登るコースです。
最初は緩やかに登りつつ、だんだんと傾斜が厳しくなっていき、
頂上に着くまでのラスト3kmは、傾斜14%という恐ろしい坂でした。

 

elevation

 

最期は壁を登っているような気分になりましたが、
なんとか、何とか我慢して、歩かずに頂上まで行きました。
仲間と一緒に行っていなかったら、途中で歩いてますね、これは(^^;

下りは一気に駆け下ります。
心拍には優しいけど、脚には強烈な衝撃が加わります。
衝撃を感じつつ、少しフォームを修正して、あとは重力に身を任せました。
なんと、最速で1キロ 3分17秒が出ていました 笑。

 

初めての峠走の感想

確かに、推進力と着地力をつける良いトレーニングになりました。
約25kmという距離も絶妙で、今の私にはちょうど良い(というか限界。。)距離でした。
1回の練習で2種類の練習ができて、確かに面白い練習方法だな、と感じたのでした。

あ、基本的には1人ではなく、仲間と一緒に行くことをオススメします。
この練習、1人でやりきる自信がありません。。

ちなみに明日、自分の脚がどのように振る舞うのか、少し不安で、少し楽しみです。。

なお後日にもう1度、峠走にチャレンジしています。
そのときのレポートはこちらです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
今日一緒に走ってくれた仲間達、ありがとうございました!!

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!

なぜ士業で「ヒヨコ食い」が起きているのか?

ヒヨコ食いを避けるために

関連記事

  1. 中小企業診断士試験とトライアスロンの意外な共通点

    先週末はトライアスロンチーム「ポセイ丼」の仲間達が、佐渡で行われたレースに参加し、全員完走してき…

  2. サブ3.5を狙うためのトレーニング

    このブログに「サブ3.5」のキーワードで訪れる方が増えています。おそらく年明け、2〜3月頃のレー…

  3. 横浜マラソンでサポートランナーに初挑戦

    昨日は2度目の参加となった横浜マラソン。初参加だった昨年は、1週間前に初めてトライアスロンのレー…

  4. フルマラソンの目標タイム設定方法は?

    こんばんは、渋屋です。週末なので?今日はユルい記事です。フルマラソンの目標タイムを設定する方…

  5. 人は慣れ、そして惰性になるからこそ、イベントを立てる

    人は成長し、大人になるにつれて、新しいチャレンジをしなくなります。そして変化のない日常に慣れてい…

  6. 2度目の湘南国際マラソン走ってきました

    3年目のシーズン初レース、合計で6レース目となるフルマラソンにチャレンジしてきました。レースは湘…

  7. 人生2度目のハーフマラソン挑戦記(その2)

    おはようございます。渋屋です。昨日(人生2度目のハーフマラソン挑戦記(そ…

  8. 夫婦ランニングでコミュニケーション

    昨日は早朝3:55に起き、今朝は4:50に起きて、妻と早朝ランニングをしてきました。今月だけで4…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP