menu

弱い自分に「ゼロ秒思考」で立ち向かおう

こんにちは、渋屋です。
ようやく風邪のピークを越えたようです。つらさが半減してきました。明日、明後日くらいには運動できると良いのですが。

 

弱い自分と立ち向かうには

さて、体調が悪かったこともあり、嬉しくない出来事が起きていることもあり、このところ弱い自分が頻繁に現れていました。お恥ずかしいことなのですが、そういうときは気が短くなったり、凹みやすくなったりします。
些細なことにカチンと来てしまった後、「ああ、またやってしまった・・・」と凹むのです。「なんで器が大きくならないかなぁ~」と、未熟な自分を責めたくなることも。
そうやって気分が下降気味のときに限って、嬉しくない出来事が起きたりします。

 

さらにカチンときて、自分を責めて、気持ちが落ちて・・・

さらにカチンときて、自分を責めて、気持ちが落ちて・・・

さらにカチンときて、自分を責めて、気持ちが落ちて・・・

 

はい、まずい流れですね。
昔の私なら、どこまでも気持ちが落ちて、いつまでも他人のせいにして、収集がつかなかったでしょう。
今は自分の状況を客観視できるようになっているので、奈落の底まで落ちていくことはありません。何とか踏みとどまることができます。

では、どう客観視するのでしょうか?

 

感情のままに書く

客観視するためには、自分の感情を内に溜めず、外に吐き出すのが良いでしょう。そのためには紙に書き出すのが一番です。悪い気持ちを溜め込むと、自分の中でそれが増大していってしまうからです。
自分の素直な感情や思いを紙に吐き出すには、「ゼロ秒思考」がオススメです。

 

1分という限られた時間で、自分の思いを紙に吐き出していく手法です。時間が限られているので、ダラダラと考えられません。結果的に、素直な自分の感情が吐き出されることになります。

 

何で悔しいのか?

なぜ自分に腹が立っているのか?

どう改善したいのか?

理想形は?

 

思いを何度も何度も、スッキリするまで吐き出してしまえば、そこには少し冷静になった自分が居ます。冷静に自分と周りを見つめることで、自分がやるべきこと、やりたいことが見えるようになってきます。

少なくとも私は、まだまだ未熟ですので、感情に荒波が立つことが頻繁にあります。(元々、超・短気だったです。。)
それでも、何とか周りに迷惑をかけずに日々過ごせています。このブログのような前向きな活動も少しは出来ています。それは自分を冷静に見つめるための「思考法」が多少は身についてきたからだと思うのです。

私の仲間内ではすっかりデファクト・スタンダードになってきた感のある「ゼロ秒思考」。まだご存じない方にもオススメします。あ、ちなみに弱い自分と立ち向かう以外にも、「ゼロ秒思考」は幅広く活用できます~!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【編集後記】
午後は晴れる予定とのことでしたが、まだ霧に包まれています。そろそろ晴れて欲しいです。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!

ケータイ3社決算に見るインフラビジネス

IoTで実現する大企業とベンチャーのコラボ

関連記事

  1. 2分で片付くことは、その場で即やる

    私は基本的に怠け者です。隙あらば、すぐにサボろう、寝ようとしてしまいます。で、気付くと些細な…

  2. 「今」を大事にしてみたら

    もう少し、息子や家族との時間を大切にしてみようかと、ふと思いました。時はもど…

  3. タスクに集中できる時間管理 #197

    おはようございます。duckです。月曜日から田舎に外泊していた息子(4歳)が帰ってきました。…

  4. 楽しく将来を創る時間

    こんばんは、渋屋です。昨日は「通勤講座」を運営するKIYOラーニングの綾部社長を訪問しました。…

  5. 私たちが重大な変化を見逃しやすい理由(ネットワーク外部性とメトカ…

    普段私たちは、世の中の変化に薄々気づいているものの、「まぁ、まだ大した変化じゃないでしょ」と…

  6. 目標に向かって生きる、今を大切に生きる

    子ども達を見ていると、今この瞬間を大切に生きているなぁ~と感じます。本人達に特別そういった意識は…

  7. 新たな3ヶ月目標 #512

    こんばんは。渋屋です。今日は午前から「走らないランニングセミナー」に、…

  8. 難しい本を分かりやすくする読書術

    このところ、難しい本に再チャレンジしています。具体的には『ドラッカー(マネジメント)』と『コヴィ…

最近の記事

PAGE TOP