menu

テクノロジーの前に求められる倫理

こんにちは、渋屋です。 

 

昨年10月、ガートナーは企業戦略やIT戦略に影響を及ぼす10の展望を発表しました。(参考記事

 

早過ぎる?テクノロジーの進歩

この展望を読んで、私たちの倫理観が成熟する速度よりも、圧倒的に早くテクノロジーが進歩する時代になった。と感じたのでした。

 

バイオプリンティングという言葉をご存知でしょうか?

恥ずかしながら、私はつい先日、初めてこの言葉を知りました。

 

臓器移植を待っている人は、全世界で10万人。

そのうち、実際に移植を受けられる人は2%未満。しかも平均16年も待つ。という事実があるようです。

 

であれば、3Dプリンタで臓器を印刷しちゃえば良い!ということで進歩してきたテクノロジーです。

正しく使われれば、臓器や身体の部位に悩む患者にとっては、役立つことでしょう。

その一方、悪いことを考え始めると、切りがありません。

 

1つの例を挙げます。バイオプリンティングではありませんが、3Dプリンタで銃を作り(実際に発砲できた)、その設計図がインターネットに公開されたとして、少し前にニュースになったことがありました。

 

倫理観の成長が追いつかない?

テクノロジーの進歩が遅かった頃、私たちは世代を重ねながら、少しずつ倫理観を世の中に合わせて変えてきました。意図する・しないに関わらず。

 

しかし、これからはテクノロジーの進歩に合わせて、倫理観を急速に変化・成長させる必要が出てきました。

3Dプリンタの進歩に関して、私たちの倫理観が変わるのを、子供・孫の世代までは待てないのです。私たち自身が、正しい倫理観を持つ必要があります。

とは言え、基本的な倫理観は、そこまで急速に変わらないでしょう。

人を殺めてはいけない。であれば、3Dプリンタで作った銃の設計図は、公開してはならないのです。

 

大切なことは、新しいテクノロジーが出てきて、何かに活用するとき、発生するリスクを冷静に判断することだと思います。

 

3Dプリンタで臓器を作れるようになったとき、発生するリスクは何か?

今まで簡単には作れなかったものを、簡単に作れるようになると、どんな問題が起きるのか?

 

倫理観をアップデートしながら、テクノロジーの進歩に合わせて、想像を働かせていきたいですね。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【編集後記】

昨日は、ブログ勉強会に参加させて頂きました。

今まで自分が考えていなかった視点を提供いただき、今の自分に足りなかったことが明確になりました。

学んだことを、少しずつ本ブログの運営に活かしていきます。

 

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!

第6回ITトレンドセミナー実施しました

防御技術の登場に期待

関連記事

  1. ホワイトカラー生産性向上の決定打

    ここ数日、アジャイル開発の話を聴いて、感じたこと・気づいたことを書いています。今日はホワイトカラ…

  2. 専門家以外がITスキルを身につけるためには?

    このところ、ITの専門家ではない方がITスキルを向上したい、という要望を良く聞きます。&nb…

  3. Googleの使命と、Google Analyticsが無料の理…

    突然ですが、Googleの会社としての使命をご存知でしょうか。Googleの…

  4. レンタルサーバって何ですか?(やっと本題!)

    これまで2回に渡って、サーバについて書いてきました。ようやく、レンタルサーバについてです。…

  5. IT導入と業務プロセス変更をセットで考える

    ITを導入する際、業務プロセスの見直しを同時に行うと、効果が高いという記事を書きました。その…

  6. もしクラウドがなかったら、渋屋の働き方はどうなっていたか?

    私の働き方はクラウドによって支えられています。私が利用しているサービスをご紹介しつつ、それが…

  7. IT企業の戦略は「技術」と「何か」を掛け合わせる

    戦略の基本は「誰に?」「何を?」「どのように?」届けるか。極論言えば、この言葉に集約されます。…

  8. 日本企業よ、クラウド上で暴れろ!!

    9月30日から10月2日に実施された「ITpro EXPO 2015」では、彗星のごとく現れたS…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP