menu

直接の会話と、SNSの関係

おはようございます。渋屋です。

 

コミュニケーションにおいて、最も効果的なのはFace to Faceの会話。

直接の会話とFacebookなどのSNSとの関係を考えてみます。

 

■Facebookはコミュニケーションを促進させているか?

私の場合、Facebookは重要なコミュニケーションツールです。

久しぶりに会った方でも、「久しぶり」な感じを受けず、スムーズに会話に入れることを何度も体験してきました。

これは、日常的にお互いの様子をFacebookで見ているからでしょう。

 

初めてお会いした方と、すぐにFacebookでつながり、その後の投稿で、お互いの人間を知ることも多いです。

 

■直接の会話とSNSは補完財

そう考えると、直接の会話とSNSの関係は、補完財であることが分かります。

補完財とは、一方が多く使われると、他方も多く使われる関係のことです。(厳密な経済用語の定義からは外れていますが、簡単なイメージとして)

パンとマーガリンの関係、プリンタとインクの関係が補完財ですね。 

 

代替財という考え方もあり、これは一方を多く使うと、他方の消費は減るものです。

パンを多く食べるようになると、米の消費が減ります。これが代替財です。

 

話を戻すと、直接の会話が増えると、関係が深くなるのでSNSでのやりとりが増えるでしょう。

SNSでのやりとりが増えると、直接会えたときに会話が弾むでしょう。

したがって、直接の会話とSNSは補完財なのです。

 

■お客様に正しい提案をしていますか?

FacebookのようなSNSに限らず、世の中にはコミュニケーション系のツールが溢れています。

このようなツールベンダーの方が、

 

「これを使うと、直接会う機会を減らすことができます」

 

という説明をしていて、疑問を感じることがあります。

Facebookの例で挙げた通り、ツールは直接の会話を促進するものであると思うからです。

ツールは代替財ではなく、補完財なのではないでしょうか。

 

直接会うことを減らすのが目的なのではなく、コミュニケーションの量・質を上げることが目的だと思うのです。

もちろん、出張費・交通費の削減は分かりやすい効果ではありますが、それは「結果として」得られるものであり、主目的にすべきものだとは思っていません。

 

システムやツールを提案するときに、本当にお客様を正しい方向に導けているのか?

お客様自身が代替財の発想に陥っていることもありますので、常に確認したいですね。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【編集後記】

今日もある勉強会に参加。

未経験分野なので、楽しみです。

 

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!

「働き方」市場が盛り上がっている理由とは?

リアルとネットのコンビネーション

関連記事

  1. 人工知能はどんな形をしているのか?

    人工知能に関して、一般紙でもその単語を見ない日が少なくなってきました。5日からアメリカ・ラスベガ…

  2. システムを3つに分けて理解する(ITインフラ、ミドルウェア・プラ…

    中小企業の支援をする上で必要な「情報システム」の知識をまとめるシリーズ。 中小企業診断士試…

  3. ブロックチェーンの技術的な特徴と、その効用

    昨日はブロックチェーンが第4次産業革命における中心的な技術であることを紹介しました。…

  4. Office365は小さな会社の情報共有ツールになり得るか?

    ある顧客企業で情報共有ツールとしてのOffice365を評価しています。特定の利用用途を想定して…

  5. レンタルサーバって何ですか?(サーバは自社で買うと大変!)

    前回は、「サーバ」が何か?をご紹介しました。ザックリとしたイメージはできたのではないでしょうか。…

  6. IoT(Internet of Things)は、従来型企業とス…

    IoT(Internet of Things:モノのインターネット)という言葉を、日常的に一般紙で見…

  7. 第3回「ITでスモールビジネスを元気にする会」を行いました

    昨晩は、第3回となる「ITでスモールビジネスを元気にする会」を行いました。今回は皆さん都合が合わ…

  8. IT業界の構造変化 #387

    こんばんは。渋屋です。10日ほど前から痛み出した左足のアキレス腱が、まだ痛んでいます。1月下旬頃から…

最近の記事

PAGE TOP