レースレポート

徳之島トライアスロン(バイク後半:黄金のタレ)

バイク前半を終えて、コース中で一番長い犬田布ヒルクライムへ。
目標の 3時間切りにギリギリ間に合うかどうか?微妙なペースで進んでいます。

<スポンサードリンク>



Contents

補給を受け付けない

犬田布に入る前か後か忘れてしまいましたが、バイク終盤には、補給を受け付けなくなっていました。
疲労というより暑さの関係でしょうか。
補給(ジェル)の匂いを強く感じてしまい、飲みたくないのです。

ただ、ここで飲まないとランで潰れるのは明らか。
嫌々ながらも、少しだけは飲みました。

(佐渡のときのジェルボトル。今回はジェルはサドルの下ではなく、後ろに置いてました)

同じジェルを飲み続けるのは飽きるので、アイアンマンでは種類を変えた方が良いかな~と。

犬田布ヒルクライムは淡々と

この頃になると、周りの選手が減って、視界に誰もいないことが増えました。
たまに長い直線で遠くに選手が見える程度。
こうなると無駄に追いつこう・追い抜こうという気も起らないので、今の自分にとってはちょうど良いです。

犬田布ヒルクライムは、気づいたら入っていました。
最初からグイっと登る感じではなかった(記憶では)ので。
長い登りが続いたので、「あ、ここが犬田布かも・・」という感じ。

(コース上の青い線が犬田布ヒルクライム)

約3km、平均勾配 5.3%のヒルクライム。
さすがに 5%あると登りはキツイですが、激坂というほどではありません。
DHバーのフロントボトルは空っぽに近づきつつあり、バイクも軽くなっています。

頑張るのではなく、淡々と登る。
それだけで何人かの選手をパスしました。
やはり、同レベルの選手たちのなかでは、登りは得意な方なのでしょう。
登り坂の途中で応援して下さる方も多くて、チカラになりました。

ちなみに私レベルで、13分弱でここを抜けています。
徳之島トライアスロンでは 13分以上の登りはない、ということです。
コース全体で見ても、距離 75kmに対して獲得標高が 900m程度なので、ロードバイクではなく、トライアスロンバイクで出た方が良いのかもしれません。

というか、トライアスロンバイクで走りきれるような脚力が欲しいですね。
次回、出場するときがあるなら、そのときはトライアスロンバイクで出ようかな・・

頑張らないで頑張る

犬田布を超えると、登り坂は何ヶ所か残っていますが、全体的には下り基調。
スピードに乗ったときには、できる限りエアロな姿勢を維持。
ペダルを回すのは頑張らないように、エアロな姿勢は頑張って小さく。

水分補給や水かぶりは、できる限り登り坂で。
登りで片手運転は大変ですが、スピードに乗っているときにやるとロスが大きいので。

(できる限り、小さくエアロなつもりで)

トップ選手たちとのすれ違い

バイクで 70km地点を過ぎた頃でしょうか。(微妙な記憶・・汗)
ランに入っているトップ選手とすれ違います。
そして、後続のラン選手たちが増えてきました。

30~50分(バイク5km+ラン5km)は引き離されているということですよね。
いや~、この暑いなかで本当に速いし、カッコいい。
現時点での自分の順位は分かりませんが、上位選手たちとは恐ろしい差があることを痛感させられます。(分かっているけど)

最後にタレる・・リザルトは?

バイクは最後の海沿い平坦区間(3kmくらい)に入ります。
ここが長かった・・完全にタレました。
またしても腰痛が出てきて、向かい風が強くて、時速20km/hちょいしか出ていなかったのでは。。

ガンガン抜かれました。悲しくなるくらいに。
「多少は乗れるようになったと思っていたけど、まだまだだな・・」と。
目標の3時間切りは、ツラすぎて、もはや忘れていました。
75kmでこれでは、アイアンマンの 180kmは走れない。

風が強かったので、エアロな姿勢だけは維持。

(こうなってはいけない・・2017五島のヘロヘロシーン)

ただ、結果的には目標の 3時間は切っていました。

  • バイク:2時間56分31秒(94位/完走者321名)

例年のリザルトと比べると、3時間を切れたなら、そんなに悪い順位じゃない?
ここまで後続とのすれ違いがないので、自分の位置づけが良く分かりませんでした。

トランジション&ランスタート

T2では、中学生くらいの子ども達が丁寧に場所まで案内してくれました。
本当にありがたい。

ここでアームカバーを取りました。

ここまで熱中症にならずにこれた理由の1つは、このアームカバー。
日焼けを防いで、濡れているときには冷却効果を発揮してくれました。

ただ経験上、ランでは風を受けない分、暑さの方が勝ってしまう。
ランスタート直後に走りながら脱いで、ポケットに入れました。

その際、腕だけ日焼け止めを塗り忘れていたことに気づきました・・
「この炎天下で、約2時間はヤバイかも」
予想通り、痛いほどに日焼けしました。。

帽子・サングラスを身につけて、シューズを履き替えてランスタート!
さあ、どこまで走れるか?

お読み頂きありがとうございました。
バイク、タレるとキツイよね。。。とポチっと応援お願いします。

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
SNSはこちらです。

Instagram:@shibuya_triathlon
Facebookページ:こちら
Twitter:@giraffe_duck

PVアクセスランキング にほんブログ村