menu

独立したいのに専門スキルがない中小企業診断士は、どうすべきか?

「専門スキルがない」「何を身につければ良いか?」という相談を受けることがあります。
中小企業診断士試験は、経営の全般を学びますが、逆に言うと専門性は身につきません。
それでこのような質問をいただくのだと思います。

<スポンサードリンク>



専門スキルは必要か?

どんな専門性を身につけるか?を考える前に、そもそも専門スキルが必要なのでしょうか?
中小企業庁のページに、中小企業診断士に求められる役割が書いてあります。

診断士は、企業の成長戦略策定やその実行のためのアドバイスが主な業務ですが、中小企業と行政・金融機関等を繋ぐパイプ役、また専門的知識を活用しての中小企業施策の適切な活用支援等幅広い活動が求められています。

前半のパイプ役に徹すれば、専門家につなげることができれば十分です。
しかし、後半によれば、何らかの専門的知識が求められています。

私も現実問題として、専門性を持つ方が良いと考えています。
お客様から自分を知ってもらうためには、「○○に強い人」と認識してもらうのが大切だからです。
その点に関しては、中小企業診断士であるかどうかに関係ありません。
他の士業であっても、それ以外であっても同様です。

私の経験上も、常に経営全般、例えば戦略面だけに徹するのは、かなり高度だと感じています。
例えばドラッカーだけで経営者とお付き合いするのは、何か1つの専門性を身につける以上に難易度は高いです。

というわけで、独立する前に専門性は身につけておきたいです。

 

Webマーケティングがオススメできる4つの理由

私はたまたまIT・マーケティングという専門性があったので何とかなりました。
でも「これまでの仕事にそういう専門性がなかった」という場合もあるでしょう。
単純にビジネス経験が短すぎる、という場合もあるかもしれません。

そのような場合、私はズバリ「Webマーケティング」を身につけることをオススメします。
理由は以下の通りです。

自分の事業で実践できる

1つ目、自分で実践して、身につけられるからです。
ホームページやブログをつくり、Webマーケティングを実践します。
かかる費用は年間で、せいぜい2,000円程度です。(レンタルサーバーやドメイン代)

自分で実践し、Webからセミナーにお越し頂いたり、何かを買ってもらうのです。
実際にお申し込みをいただくまでには、相当の苦労が伴うでしょう。
しかし、実経験の全てが、お客様に対しての提案のネタになります。

経験が豊かになってくれば、稼げるようになり、独立することへの不安が減るでしょう。
お客様に対しても、理論だけでなく実践に裏付けられた提案ができます。

お客様の売上向上に直接貢献できる

2つ目の理由は、お客様の売上向上に、直接貢献できるからです。
スモールビジネスの多くは、売上向上に悩んでいます。
数年前の中小企業白書によれば、倒産の6割以上の理由が「販売不振」です。

しかもスモールビジネスは人材不足で、優秀な営業をそう簡単に採用できません。
人の変わりに営業活動をしてくれるのがホームページです。
しかも属人性がなく、再現性があるので、優秀な営業が1人いるより安心です。

<スポンサードリンク>



Webマーケティングは、99%の会社ができていない

日本には400万者近い事業者が居ますが、私の感覚では、そのうち99%はWebマーケティングが出来ていません。
この1年間で100社以上のホームページを見ましたが、会社案内程度の役割しか果たしていないのです。
マーケティング機能を果たしていると感じたのは、1社か2社でした。

つまり、Webマーケティングは、日本企業のほとんどがお客様になる可能性があります。
お客様を探すのに苦労しません。

ホームページ制作会社を含めて競合が多い市場ではありますが、
まだまだ需要の方が多く、攻め込む余地が多いと感じています。

ITスキルが身につく

Webマーケティングを身につける上で、ITの基礎知識は必須です。
HTML、サーバー、Wordpress、データベース、DNS、ドメイン、IPアドレス、クッキー、SSLなど、
Webマーケの世界には、日常的にIT用語が出てくるからです。

つまりWebマーケティングを学べば、必然的にITスキルも向上させることができます。
(逆に言えば、あまりにITが苦手だと、Webマーケティングを学ぶのに苦労するでしょう)

Webマーケ同様に、ITもまだまだ活用できていない企業ばかりです。
その相談に乗れるようにもなるかもしれません。

本ブログにて、少しずつWebマーケティングについての学習方法を記事にしていこうと思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
今日はWebマーケティングではありませんが、その近隣業界のセミナーに参加してきました。
他業界から見つめたことにより、考え方が整理されました。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Facebookページ:こちら
Twitter:@giraffe_duck

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

中小企業診断士を取得しても、コンサルティングできない理由

ITに強くなる人の、共通する特徴

関連記事

  1. 独立・起業の第一歩は、それを行った人に会うこと

    会社員、特に大企業の方と話をすると、私が独立したことは「異端者」のように見られていると感じることがあ…

  2. 中小企業診断士として独立するのに、20代、30代は早過ぎるのか?…

    私は40歳を目前に控えた39歳のときに独立しました。中小企業診断士として独立するのに、適切な年齢…

  3. 価格と向き合うと、価値が見えてくる

    独立して、自分のサービスを提供するときに悩むのが「価格」の決め方です。真の独…

  4. 自分の商品の強みを探そう

    おはようございます。渋屋です。昨日は、たまにお会いしているHさんとサシモニ。話が意外な方向に…

  5. 『エバンジェリスト養成講座』 #469

    おはようございます。渋屋です。『エバンジェリスト養成講座 究極のプレゼン…

  6. アイデア(仮説)を出すなら3C分析

    こんにちは。渋屋です。経営や事業の戦略を考える上で、SWOT分析について…

  7. 診断士がセミナー主催を成功させるステップ(その3)

    こんばんは、渋屋です。ようやく風邪の終わりが見えてきたので、近場のランニング練習会に出てきました…

  8. 診断士協会の活用事例

    おはようございます。渋屋です。以前の記事(診断士協会は頼るものではなく、活用するもの)は、受…

最近の記事

PAGE TOP