menu

横浜市民マスターズ水泳競技大会にエントリー!

突然ですが、水泳大会(競泳)に申し込みました。
10月8日に行われる横浜市民マスターズ水泳競技大会です。
マスターズ登録していなくても、参加できる大会だったので、昨日、申し込んできました。

  • 50メートル自由形
  • 100メートル自由形
  • 100メートル個人メドレー

この3種目です。
競泳大会、前から出たいと思っていて、後回しになっていたんです。

 

競泳大会に出る理由

競泳大会に出る理由を考えてみました。

やりたいから

一番はこれ。やりたいから。理由なんてなし(笑)
ワクワクするものに自分の時間を使う。それだけ。
でも、それだけだと記事が終わってしまうので・・もう少し考えてみました。

息子に「口だけの親」になりたくない

一昨日、息子の水泳大会を見に行っていきました。

今の小学生は、こんなに素晴らしい施設で大会に出られるのです。

スクリーンでエントリー選手の名前も、スタート反応時間も、記録も全部出ます。
選手紹介されるときは、でかいスクリーンに姿も映し出され、レース中はプール上空からの映像も流され、さながら何とか選手権みたいな盛り上がり。

雰囲気、最高です。

ちなみに私が小学生だった30年以上前、横浜市の水泳大会は外のプールでした。
記憶では親なんておらず、先生と児童だけだったんじゃないでしょうか。

で、息子のレース後、家に帰ってきた息子に対して、私も色々と言うわけです。
「手と足のタイミングが合ってない」とか、「ローリングが弱い」とか、色々と・・
(もちろん、その前に頑張ったことにを讃えますが・・)

そこで、言いながら思ったんです。
「このままじゃ、口だけの親になってしまう」と。

こういう大会とか、競泳に限らず、サッカーとか別の競技でも保護者はたくさん応援に来ます。
親たちは実に自分勝手な応援をします。
「もっと走れ」とか、「そこ粘れ」とか。
でも、そんな勝手な親に限って、カラダを見ると「オマエ、出来ないだろ!」と言いたくなります。

そんな口だけの親と一緒になりたくないんです。
「息子に強いこと言うくらいなら、自分もそれだけのことをやろう」と。

そうすれば、息子とガチで勝負できます。
子供の頃の自分と比べるのではなく、今の自分が息子と勝負できるのです。
恥ずかしいアドバイス?はできなくなるでしょう。それが良いんです。

過去の自分と勝負する

プールで泳ぐ競泳では、私の人生のピークは小学6年生の頃です。
もう30年以上前の自分と勝負したい。
身長は小学校卒業時点(158cm)から16cm伸びてますから、有利になっているはずです。

過去の自分と勝負しつつ、息子と勝負します。
ちなみに妻の方が先に本大会にエントリーしているので、被っている種目(50メートル自由形、100メートル個人メドレー)では、妻ともガチ勝負になります(笑)

短距離を伸ばすのは、今しかない

トライアスロンの視点から見ると、とにかくベースのスピードを上げることが重要です。
ランニングで言えば、5kmの記録を上げたいと思っています。

ついつい距離や時間の長さに目が行ってしまうのですが、基本の速度が遅ければ、戦えません。
どんなにスタミナをつけてもペースが落ちないだけで、速くはならないからです。

スイムで言えば、400メートルで6分30秒を切れるくらいまでは上げたいと思っています。
(本当は6分を切りたいのですが、まだ遠そうなので)
これは100メートル換算だと1分37秒5のペース。

これが余裕になるくらいでないと、3.8kmを1メートル1秒のペースで泳げるようにはなりません。

なお、短距離を速くするのは、若いうちでないと、なかなか厳しいです。
持久力は高齢者でも身につきますが、瞬発力は、どうしても若さがモノを言います。
残りの人生で、今日が一番若いのですから、短距離系は今やるのがベストです。

技術を磨く

トライアスロンでは海で泳ぐ技術、集団で泳ぐ技術、バイクやランに余裕を残す泳ぎ方が求められます。
ただ、基本的にクロールだけです。
水の中で自由にカラダを扱えるようになるには、もっと様々な形で水と戯れた方が良いです。
今回、個人メドレーを申し込んだので、クロールだけでなく、他の3泳法も思い出さねばなりません。

<スポンサードリンク>



私の競泳歴

私は小学生の頃、スイミングスクールに通っていました。
小学校2年生の9月から週2回。
5年生12月から選手コースに上がって、週2〜3回程度。

記憶によると、50メートル自由形の記録は以下の通りです。

  • 4年生:50秒台
  • 5年生:46秒台
  • 6年生:33秒台

5年生の終わりに選手コースに上がって鍛えられたので、5年から6年の1年間で、相当速くなっています。
このとき成長期がやってきて、1年で10cmくらい、背が伸びたのも記録が伸びた理由でしょう。

通っていた小学校では2番目だったので、6年生のときは横浜市の大会にも出られました。
1番の子は、50メートルで私より4秒以上速かったですが・・(彼は29秒台だった)

選手コースに上がってから、何度か競泳の大会にも出ました。
当時の私の資格級は、ギリギリA級に入れるくらい。
今の男子12歳の資格級を見ると、A級の最低ラインが32秒15ですから、今だったらB級でしたね。。
AA・A級大会に出た記憶はなく、A・B級大会に何度か出たと思います。

ちなみにAA級の子は、ジュニアオリンピックに出るような化物たちです。
私が通っていたスイミングスクールにも、13歳で26秒とか、12歳で28秒とか、そんな化物がいました。
彼ら、練習をサボったとかで、罰としてバタフライ1000メートル泳がされてました。。

その後、さらに身長が伸びた高校2年生の水泳の授業で、自己ベストを更新して32秒台を出しました。
高校2〜3年生の同級生には、水泳のオリンピアンが居て、化物中の化物の泳ぎを見ることができました。

<スポンサードリンク>



当時できたのに、今はできないこと

そんなわけで、一通り泳ぐことはできたのですが、大人になって水泳をやり直して、今もできないことがあります。

クイックターン

トライアスロンでは必要ありませんので(笑)
でも、競泳でできないと、明らかにタイムロスになります。

今度出る大会は短水路(25メートルプール)なので、ターンの回数が多い。
これは頑張って使えるようにならねばなりません。

背泳ぎのスタート・ターン

本当は50メートル背泳ぎも申し込みたかったのですが。
(息子の専門種目ですから、本当にガチ勝負できます)

ただ、どうしても背泳ぎのスタート(バサロ)とターンのやり方が、思い出せないのです。
鼻に水が入って、大変なことになります。。

さらに、私の選手時代と今の時代、ターンのやり方が変わっています。
10月までには習得が難しいので今回は諦めました。

飛び込み

普通のプールじゃ練習できません。
って言うか、単純に怖いですね。

飛び込みできるプールがあるようなので、今度、行ってきます。
もう30年以上、飛び込んでいないので、どうなることやら。

昨日、12km走った後に全力で泳いでみたら、50メートルで40秒を切れるかどうかでした。
エントリータイム、36秒で出しちゃったので、ヤバイです。
10月まで、スイム強化!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
こんなに暑いのに、妻と息子は5時間耐久のリレーマラソンに行きました。
大丈夫かいな・・

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【Facebookページはこちら
「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせを受け取れます。
たまに気になるニュースなども通知しています。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

独立を目指す人のための中小企業診断協会との付き合い方

平成26年度:企業経営理論 設問9(死の谷について)

関連記事

  1. LSDでフルマラソンに耐えられるカラダを作る

    この週末は長い距離をゆっくり走る練習を行いました。2週間後に今シーズン初のフルマラソンがあるから…

  2. プロの一言が圧倒的な差を生む

    一昨日、「トータル・イマージョン・スイミング」の体験レッスンに行ってきました。「何それ?」という…

  3. 今年も苦しみ続けたバイク【バラモンキング2018 完走記5】

    元帥からの応援を受けた後、長い坂を上ってから、88km地点のスペシャルエイドに入る。スペシャルエ…

  4. オススメ!大人の合宿!!

    子どもたちを見ていると、合宿があったり、遠足があったり、普段の学校とは別の、変化をつけるイベント…

  5. 好きなことを仕事にできない、たった1つの理由

    「マラソンとか駅伝とか、何が面白いのか、サッパリ分からん」正月早々、箱根駅伝のテレビに釘付け…

  6. レース準備〜スイムまでは順調に【バラモンキング2017悶絶記1】…

    3度目となる五島長崎国際トライアスロン(バラモンキング)に参加してきました。「ロングディスタンス…

  7. 私がトライアスリートとして目覚めた日

    自分の中で「トライアスリート」が目覚めた記念すべき日。それは先日の五島長崎国際トライアスロンの日…

  8. 気軽に参加できる「よこはま月例マラソン」でランニングの習慣を

    私がランニングを習慣にできた理由の1つは、家族で「よこはま月例マラソン」に参加しているからです。…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP