menu

まずは5km 20分を切れるように

あらゆるエンデュランス(耐久)系スポーツの土台が、5kmタイムトライアルである。
それが今の私の仮説です。

 

5kmランニングが、全ての土台

ここでのエンデュランス(耐久)系スポーツとは、

  • フルマラソン
  • ウルトラマラソン
  • トレイルランニング
  • トライアスロン

などを指しています。
これら全ての土台になるのが、5kmのランニングだと考えています。
自分のベースとなるスピードが5kmで分かるからです。

私の場合、これを疎かにしていたことが、以下のような状況を生み出していた原因です。

  • フルマラソンが速くならない
  • トライアスロンのロングが完走ギリギリ
  • トレイルランニングはいつも苦しくて後ろの方

ちなみに私の5kmベストは20分30秒。
2014年12月21日に出した記録です。
もう4年近くも更新していないことが、全てを物語っていますね。

そして今年5月26日の5kmは22分25秒。
5kmで2分遅くなっているのですから、フルマラソンが20分ほど遅くなっているのも納得です。

トライアスロンのロングで、ランでボロボロになったとき。
これからチャレンジするウルトラマラソンも、後半はボロボロになるでしょう。
そういうときに、試されるのが、自分にとって軽く感じるベースのスピードです。

 

まずは5km 20分切りを目指します

フルマラソンを始めた頃、多くの人が目標とするサブ4(4時間切り)を目指しました。
それを達成して、さらに1回だけですが、サブ3.5(3時間半切り)も達成して、
ある程度、フルマラソンに対する達成感を感じていました。

でも、それが勘違いだったんです。。

トライアスロンでも、トレイルでも、未経験のウルトラマラソンでも、
ある程度の結果を出している人は、フルマラソンが速い。
当たり前のことですが。

無意識のどこかで、フルマラソン初心者と自分を比べて満足していたのでしょう。
でも、エンデュランススポーツを長く楽しむなら、ここでもう1段・2段レベルを上げておかないと。
今のままでは、どのレースに出ても「ギリギリ完走」から脱却できません。

そんなわけで、5kmで20分を切ることを、今シーズンの目標にしています。
これが出来れば、フルマラソンもトライアスロンも、自然と結果はついてくるはずです。

ちなみに5kmを19:52(3:58/km)で走ると、フルマラソンで3:10:07(4:30/km)が見えてきます。
18:48(3:46/km)で走ると、フルは3:00:08(4:16/km)と、サブスリーが視野に入ってきます。
まぁ、私の場合は持久力がないので、フルのタイムはもっと遅くなるでしょうが・・

ただ、このくらいまで来ると、ボロボロになったときでも、キロ6分弱を出せるのでは、と思います。
ちなみにこれを実現すると、100kmウルトラマラソンで、サブ10を出せるペースなのですが、
私の知人・友人でこれを達成しているのは、サブスリーか、それに近いランナーばかりです。

 

インターバルトレーニングで、ベースのスピードを上げる

今シーズンは、アミノバリュー・トラッククラブに入って、
400メートルトラックを使って、トレーニングをしています。

今は1周、1:37のペースのグループに入っています。
このトレーニングに慣れてくれば、5km 20:56まで戻せるはず。
何とか頑張って、もう1つ上の1:32のグループに入れれば、5km 20分切りが見えてきます。
(ちなみに1周1:19のペースが遅すぎて・・という強者がいました。ワケ分からん。)

今日もこれから、練習会です。
400メートル(レスト200メートル)を12本。
もう少し涼しくなったら、1kmインターバルなどに変わっていくでしょう。

ここで土台のスピードをつくり、
自分で長めの距離のペース走やビルドアップ走などをやれば、
20分は切れるのではないか、と思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
先週末のバイク110kmライドの疲労が抜けきってないので、
今日、どこまで粘れるか・・ガマンどころです(笑)

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【Facebookページはこちら
「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせを受け取れます。
たまに気になるニュースなども通知しています。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

仕事の時間から考える独立

スモールビジネスの社長・経営者に、これだけは読んで欲しい本

関連記事

  1. ランナーズニー(膝)の予防法

    おはようございます。渋屋です。引き続きアメリカに滞在しています。今はサンノゼにいますが、…

  2. 九十九里トライアスロンは、初心者向きの大会なのか?

    昨日、「九十九里トライアスロン」に参加してきました。初心者がかなりの数、参加していた大会でした。…

  3. ハセツネ30Kで露呈した自分の弱さ

    先週末のことですが、2度目となるトレイルランニングに参加してきました。ハセツ…

  4. プロの一言が圧倒的な差を生む

    一昨日、「トータル・イマージョン・スイミング」の体験レッスンに行ってきました。「何それ?」という…

  5. 「いいレースだった」と笑顔でゴールするために

    「なぜマラソンやトライアスロンのような耐久系スポーツをするのか?」このところ、自問自答しているテ…

  6. 「箱根駅伝の応援」を見ていて感じたこと

    ここ数年間の恒例行事となっていますが、箱根駅伝を沿道で応援してきました。ちな…

  7. 私が目標を達成できなかった3つの理由

    今日で10月も終わりですね。私は今月、明確なトレーニング目標を立てていましたが、残念ながら未達成…

  8. プロとしての条件

    こんにちは、渋屋です。昨日、今日と面白いことがありました。「プロの姿」を…

最近の記事

PAGE TOP