menu

ケモノ道を自分で切り開ける人、マニュアルに従うだけの人

難関資格を突破した人が得る、「士業」という資格。
一定以上の努力家だけが得られるものという印象があり、私もそう思います。
(自分で言うのもなんですが、アタマは良くないので、診断士試験は大学受験以上に頑張りました・・)

では、士業はみんな「自ら仕事をつくり出せるかどうか?」と言えば、そこには正直、疑問符がつきます。

 

人がつくったルールに従うだけの生き方で良いのか?

士業の方々と会話をしていると、実に細かなことをご存知だし、いつも驚かされます。

「・・と、この規定の何条に書かれている」
「この様式の、ここにこういう項目があるので・・」

など。記憶力がザルな私には、いつも到底出来ないことであるから余計に。
ただ、驚きと同時に、毎回、私のなかである想いが浮かびます。
「人がつくったルールに従う”だけ”の生き方はしたくない」と。

もちろん法治国家に生きる私たちは、
人がつくったルール(憲法や法律、あるいは就業規則など)に従わなければなりません。
ただ、「それだけで良いの?」と。

 

自分でルールをつくる側になりたい

私が会社を辞めて独立した理由の1つは、
商品・サービスを企画するだけでなく、サービス提供者になり、顧客と接し続けたいと思ったからです。
当時は企画部門に居たのですが、業務の「部分」にしか関われないジレンマがありました。

会社に属している以上は、変えようのない「ルール」でした。
サービス提供部門に移れば、顧客と接することはできるようになりますが、
今度は逆に企画ができなくなってしまいます。

想いを叶えるには、会社のルールから外れる必要がある。
だから独立して、「ルールをつくる側」になったのです。
独立して、自らサービスメニューをつくれば、何を提供するのか?は私の設計次第です。

なお、私の場合は独立という選択をしましたが、別にやり方はどうでも良いのです。

  • 指示されたことに従順に働くか?
  • 自分の働き方、顧客への貢献の仕方、結果の残し方を自分でデザインするか?

どちらを選ぶか?だけの問題です。

会社に勤めていても、ルールをつくっている人もいるでしょうし、
独立していても、ルールに従うだけの人はゴマンといます。
(残念ながら、それが事実だと感じています)

自分でルールをつくるのは大変です。
何度もトライ&エラーを続けることになります。
それはあたかもケモノ道を、自ら切り開くようなものです。

人の指示を待つだけの方が、短期的には簡単ですし、楽チンです。
ケモノ道を切り開くのは、どう考えても、苦労が伴います。

 

ルールに従うだけなら、AI(人工知能)でもできる

どんなに苦労が伴うとしても、私はルールをつくる側、ケモノ道を切り開く側に居たいと考えています。

私は「渋屋に仕事を依頼したい」という方に、お客様になっていただきたいのです。
「中小企業診断士なら誰でもいい」とか、
「IT・マーケティングに詳しい人がいい」とか、
それだけなら、別の人でも良いと思うのです。

世の中に色んなサービス・価値を提供する人がいる。
そのなかから、敢えて私(渋屋)を指名してくださった人がいる。
そういう状況にあったなら、「別の人でも良い」と考えている人より、優先するのは当然です。

ちなみに、ルールに従うだけなら、AI(人工知能)でもできます。
今はできないことも、技術の進歩と共に、できることは増えていきます。
これは間違いない事実です。

そして、AIが提供するサービスに、「自分らしさ」や「オリジナリティ」はありません。
私が「クラウドやAIを活用できない士業は滅びていく」と考えているのは、そのためです。

自分らしく働くにも、自分を選んでいただくにも、
まずは、ルールをつくる側になることが、士業には求められていると考えています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
おかげさまで多くのご依頼をいただいている状況です。
そろそろ時間が限界に近づいていることもあり、
サービスメニューの追加・改変&値上げを考えています。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【Facebookページはこちら
「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせを受け取れます。
たまに気になるニュースなども通知しています。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

働く場所と時間をコントロールしよう

ルールをつくる側になるために必要なこと

関連記事

  1. 人との出会いは化学反応 #545

    こんばんは。渋屋です。昨日(脳に喜びを与えよう! #544)、若手コピー…

  2. 独立してデメリットだと感じられる3つのこと

    「独立すると自由で良いですよね!」などと会社員の方に無邪気に言われると、正直、少しイラっとす…

  3. サロネーゼに学ぶスタートアップ #613

    おはようございます。渋屋です。■昨日の日経新聞、1面と3面に「サロネーゼ…

  4. 起業を決意したときに嬉しい仲間達

    こんにちは、渋屋です。今日はたまたま、近い将来の起業を志す複数の仲間とチャットなどで会話する…

  5. 話の流れ #303

    おはようございます。duckです。中小企業の社長に向けた人材育成についてのセミナーが10日後に迫って…

  6. 与えるために学び続ける

    ゴールデンウィークにも関わらず、ガッツリとセミナーに参加しています。(明日から3日間は家族との時…

  7. 営業とは何か?メンタルを変えるだけで世界が変わる

    おはようございます。渋屋です。久しぶりの「診断士のタマゴ」(マインド編)です。士業の方と…

  8. フリーランスの限界を超える発想 『ストックビジネスの教科書』

    昨日の記事で、もっと多くの会社の成長に貢献したい、ということを書きました。多くの方に…

最近の記事

PAGE TOP