menu

収入以上に失っているもの・・

昨日の記事の続きです。
私がなぜこんな記事を書いたのか?少し補足をしたいと思います。

 

優秀な人が我慢しながら一箇所に留まり続けるのは、社会的損失

少しは動きが見え始めたものの、まだまだ人材の流動性は低いと感じています。
私が中小企業の支援をし始めてから分かったのは、「大企業に勤めている人たちの優秀さ」。
基本的なリテラシーが違うのです。

統計を取ったことはありませんが、例えば本をどれくらい読むか?を調査するだけで、
大企業社員と中小企業社員の間には、乖離があるのではないでしょうか。
学歴も差があるのが実態ですから、基本的な知識にも、当然差があります。

でも、残念ながら、組織内の調整とか、上司との調整とか、全く価値を創造しない仕事に、
その優秀さが無駄に使われているのが実態です。
どんなに優秀であっても、価値を創造して、それを顧客に届けない限り、社会は変わりません。

私は、我慢しながら仕事をしている優秀な人たちに、目を覚まして欲しいのです。
「もっと、活躍できる場がありますよ」と。

 

今の高収入・高待遇が、行動範囲を狭めている

昨日の記事でも書きましたが、優秀な人から確実に、人材移動は少しずつ起こっているように思います。
しかし、まだまだ十分とは言えません。

特に大企業に勤める人から聴くのが、「収入が下がるのが・・」というコメント。
私も転職ではありませんが、独立のときにすごく悩んだので、気持ちが分かります。
大企業でそれなりのポジションに居ると、収入は比較的高いもの。
ただ、その高収入・高待遇が、自分の行動範囲を狭めていることに気づいていますか?

他社の社長・会社の価値観や人格に惹かれたとは言っても、収入が下がったら転職は厳しいですよね。
しかし、環境を変えようと思ったとき、何かを捨てなければならないのは必然ではないでしょうか。

昨日の記事にも書きましたが、中小企業の多くは人材を欲しています。
大企業で平均以上に頑張ってきた人であれば、活躍の場はいくらでもあると感じています。

 

収入以上に「失っているもの」を見てみよう

今も、おじさん達が屯(たむろ)する新橋とかの酒場に行けば、
会社の文句があちらこちらから聴こえてきます。
毎日多くの時間を割く仕事に、そんなに我慢する必要が本当にありますか?

年収が下がったとしても、もっと毎日、活き活きと働きたくないでしょうか?

私の良く知る、IT業界の例で見てみましょう。

大企業で働くITエンジニアのAさんは、顧客先に派遣されています。
顧客先の上司に当たる人は、まともなマネジメントができていません。
そのため、急な仕様変更が発生するなど、常にプロジェクトは迷走。
おかげで残業・休日出勤は当たり前。

自分の会社の上司に打診しても、全く取り合ってくれません。
毎日、自宅との往復に2時間以上をかけ満員電車に詰め込まれ、ヘトヘト。
たまに得られる休日は、昼過ぎまで寝てしまいます。
最後に、家族と一緒にごはんを食べたのは、いつかなぁ〜。。

一方、社員数名の会社に働くBさん。
この会社は、オフィスがありません。皆、自宅で働いています。
社長が基本的に営業と開発するシステムの要件を決めてきます。
たまに私も、仕様の細かいを決めるのに、お客様先に行きますけどね。

社長とエンジニアで話し合ってプロジェクトのスケジュールを決めますし、
社長は社員を大事にしてくれるので、無茶な仕事の仕方はしません。
いつも自宅で開発をしています。

コミュニケーションは、Web上で行っているので、ひとりで居ることの疎外感はありません。
むしろ、頻繁にやりとりしているので、チームとして、上手く機能しているように思います。
今担当しているシステムは、新しい技術にチャレンジしつつ、顧客の売上向上にも貢献できそうなので、面白いですよ。

最初は「こんな小さな会社で大丈夫なの?」と言っていた妻も、
一緒にごはんを食べられたり、休憩の合間に洗濯物を畳んだりすることを、喜んでくれています。
何より、子どもと一緒に居られる時間が多くなって、満足しています。
自由な時間が増えたので、仕事をするときは集中できますし、人生が充実してきました。

AさんとBさん、どちらの道を歩みたいでしょうか?
仮にAさんの方が、年収が200万円高かったとしたら。
おそらく、多くの人がBさんを選ぶのではないでしょうか。

しかし、現在Aさんの環境に居ると、怖くてなかなか飛び出すことができないのです。
ただ、年収以上に失っているものも多いことを、多少は感じられたのではないでしょうか。

 

面白い中小企業、たくさんありますよ!

私がこんな記事を書く、もう1つの理由は、面白い中小企業に、もっと活躍して欲しいからです。
私が支援している企業のほとんどが、今、人材募集をしています。
しかし、なかなか思ったような人と出会えないのです。

確かに年収は下がるかもしれません。
でも、ここまで書いてきたように、それで失っているものが実は多くないですか?

ビジョン・価値観に惹かれる企業があったら、一度、ちゃんと検討してみることをお勧めします。
面白い会社はたくさんありますし、活躍できる場もたくさんあります。
あなたのためであり、その会社のためであり、社会のためになります。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
今日はこれから、妻の実家に移動します。
明日の静岡マラソンに参加するためです。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【Facebookページはこちら
「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせを受け取れます。
たまに気になるニュースなども通知しています。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

旧態依然の会社は、優秀な人から去っていく

静岡マラソン:苦渋の選択をします・・

関連記事

  1. ファンを見つけ出す #434

    おはようございます。渋屋です。昨日の記事ではファンの趣向や行動パターンをもとに、新たな見…

  2. 「業者扱い」してくるような会社は、相手にしなくてOK

    ビジネスの現場を色々と見ていると、自分がお客になったときこそ、その方の生き方や姿勢が現れるなぁ〜…

  3. ITエンジニアが経営に関わるメリット

    最近、「コンサルティング」と「エンジニアリング」の相性について考えています。以前にこんな記事を書…

  4. 目標設定と到達までのプロセスを組むのに、スポーツは最高の練習にな…

    目標設定をして、それに向けて日々の行動をする。言葉にすると簡単なことですが、実際にやろうとすると…

  5. 「給料は我慢代」という会社に明日はあるのか?

    「給料は我慢の代償として支払われるものだ」まことしやかに語られるのを聞いたことはありませんか…

  6. 結果と過程 #496

    おはようございます。渋屋です。昨日は、あるメーカーへ訪問。今後数…

  7. コンサルタントに必要なコンテンツ以前の人間性

    先日、ある方の話を聴いて「なるほどなぁ〜」と思ったことがありました。コンサル…

  8. 役員教育と社員教育を成功させるための肝

    私のやっている仕事の約半分は「教育」なのだ、と考えています。社長の話を徹底的に聴き、何をやり…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP