menu

ライバルを設定することで、成長を加速する

他者と競争するよりも、過去の自分に打ち勝つこと。
自分らしく生きることを追求するなら、
それが基本だと思います。


とは言え、近場にライバルがいた方が、
成長が加速するのも事実です。

私は、基本はひとりで事業をやっていますが、
仕事によっては、一緒に組む仲間がいます。

その仲間の発想の仕方だったり、
仕事に対する姿勢だったり、
あるいは、アウトプットだったり、

参考になる部分は多々あります。

そういう人は、仲間であり、ライバルであり、
本当にありがたい存在です。


仕事ではありませんが、
昨日、ランニングチームの仲間と、
トレーニング記録を共有するようにしました。

早速、彼らの活動が見えてきて、

「あ、今日も練習しておくか」

とバイクを漕いだのでした。

彼らも仲間であり、ライバルだからです。
自分ひとりでは、なかなか追い込むことができません。


これはいわゆる「衆人環視」で、

「自分が見られているからこそ頑張れる」
「他者を見たから頑張ろうとする」

そういう一面があるのは、
誰しも共通していることではないでしょうか。

「自分超え」を基本姿勢としつつ、
成長エンジンとして仲間・ライバルを意識する。

特に仕事では、そういう環境づくりをするように
心がけています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

私たちが重大な変化を見逃しやすい理由(ネットワーク外部性とメトカーフの法則)

練習を本番環境にどれだけ近づけられるか?

関連記事

  1. トンネルには必ず出口がある

    3月のことですが、久しぶりに月間売上高の最高記録を更新しました。■去年の夏が終わる頃…

  2. ランニングと経営に共通するフレームワーク

    フルマラソンを初めて走ってから2年以上経ちました。7回フルマラソンを完走し、全てのレースで自己ベ…

  3. 顧客はメニューを見て、サービスの内容が分かりますか?

    先日、反省したことがありました。■以前からマーケティング講座やコンサルティングの顧客には…

  4. 巨人の肩に乗る

    私たちは過去の偉人たちが生み出した思想や知識の上で生活しています。■アイデアを出すときも同じ…

  5. セグメント会計、はじめの一歩

    おはようございます。渋屋です。昨日の記事(売上が目標の組織は続かない)では、売上を目標に掲げ…

  6. コンサルティングの「型」を持つ

    何事にも、最初にチャレンジするときには「型」を身につける必要があります。■ランニング…

  7. インプットが足りない #457

    おはようございます。渋屋です。昨日は家族でこども自然公園へ。ブーメランで遊び、モ…

  8. 【私の履歴書】現時点(2017.2)におけるキャリア総括

    連載で私の過去を振り返る「履歴書」シリーズ。これまで学生時代から会社員時代までを、キャリアの面で…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP