menu

社員に認められる社長になるための、最もシンプルな方法

LINEで送る
Pocket

「社長」として社員に認められるかどうかは、社長個人のプライドに関わる問題なだけでなく、会社組織の士気に関わる重要な問題です。

 

社員の退職・転職理由は給与よりも社長

社員が退職したり転職したりする理由をアンケート調査しているデータがいくつかあります。
例えば、リクナビNEXTなどの転職サイトでは、よく公開されています。

それらのデータを見ると、その会社を辞める理由は給与や待遇などもありますが、
それ以上に社長に関わる項目が多いことに気づきます。
例を挙げると以下のようなものです。

  • 会社の将来性に不安
  • 社長・上司と仕事のやり方が合わない
  • 社風が合わない
  • 評価が不満
  • 社長がワンマンだった

物的に満たされた時代に生きている私たちは、お金のためだけに仕事はできません。
所属している組織と自分の価値観が合わなかったり、将来性に不安を感じてしまったら、その組織に長居することはできないでしょう。

小さな会社にとって、その将来性や社風を決めるのは、間違いなく社長です。
社長の一挙手一投足、全てを社員が見ています。

ですから、上述のような理由で退職・転職してしまうのは、「社長に自分の人生を預けたくなくなったから」と言っても過言ではありません。

 

小さな会社は、ミッション・生きがい・社風で選ばれるべき

いきなり社員が辞めることを書いてしまいましたが・・
その前に採用の時点で、小さな会社は大企業と戦うべきではありません。

給与や待遇などのスペックではなく、その会社で働くことによって「得られるもの」で選んでもらうようにしましょう。
例えば、その会社のミッションやビジョン、そこで働く人の生きがいや、会社の雰囲気などです。
そうすることによって、社員と社長の意識の乖離が小さくなります。

仕事に対する価値観を最初から合わせることによって、上述したような離職が発生しにくいようにします。
そして、採用時・入社時に限らず、大切な価値観を定期的に全社で共有するようにするのです。
非常に大切なことだと思うのですが、こういう活動を定期的にやっている会社は、あまり多くない印象です。
逆に数少ない、やることをやっている会社は、社内の雰囲気も良く、一体感を感じられます。

 

社長として認められる、最もシンプルな方法

さて、ここまでが前置きです・・

社員から見て、トップである社長への期待は大きいものです。
少なくとも多くの社員は「自分には持っていないものを持っている人」であって欲しいと願っているはず。
トップである社長への要求は高いのです。

  • 自分は製造のことしか分からないけど、社長は常に会社全体を見ている
  • 現場のことは自分の方が詳しいはずなのに、社長からの質問は本質を突いてくる
  • やっぱりトップセールスは社長だな

等など。

ただ、言うは易し、行なうは難しです。
そう簡単に、今は持っていないものを手に入れることはできません。

それでも社員から見て認められる社長になるには、

  • どの社員よりも、あらゆることに興味を持って貪欲に学び続けて
  • どの社員よりも会社のことを考え続ける

しかないのでは?と思います。

非常にシンプルなことです。
もちろん、これも言うは易し・・です。

私が色々な会社を見てきて、社員からしっかりと尊敬されている社長は、
今現在のスキル有無は抜きにして、学び続ける姿勢と、会社のことを想い続ける姿勢があります。

自分の分からないことを、部下である社員に押し付けることはしません。
大事な会社の戦略や新商品企画を、社員に丸投げしません。
失敗を管理職の責任にすることもしません。

ただただ真摯に学び続け、会社のことを考え続ける。

社員に認めてもらう、最も最短距離は、これだと感じています。

結果的に、全社の方針を社長自身の言葉で語るようになることを始めとして、
経営者としての意思決定は自分でしっかり行なうようになります。
何か問題があったときには社長(自分)の責任。
上手くいったときには社員へ感謝。

そう、実に厳しいポジションです。
でも、その厳しいポジションを上記のような姿勢で勤めるからこそ、社員から認められるのではないでしょうか。

誰よりも学び、誰よりも会社のことを考え続けましょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
昨日、ある場所で何人かの社長の話を聴く場面がありました。
やはり学んで考え続けている社長の語る言葉は、ズッシリと重いです。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【Facebookページはこちら
「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせを受け取れます。
たまに気になるニュースなども通知しています。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村


【セミナー】
10月26日(木) マーケティング塾(第2回)

仕事の分類で、生活しやすいスケジュールを組み立てる方法

他者の健闘・苦闘に美を感じない環境は厳しすぎる

関連記事

  1. 業務プロセス改善のスタンダードを知る2冊

    組織が成長し、大きくなるにつれて、業務プロセスの問題が浮かび上がってきます。1人でやっていた仕事…

  2. 自分を押し殺していませんか?

    このところ、様々な方とお会いするなかで、「ん!?」と思うことが増えてきました。良く言えば控えめな…

  3. 力を試したい、貢献したい、楽しみたい、成長したい・・社外活動が増…

    このところ、会社での通常業務以外の動きをする人が増えていると感じています。増…

  4. 経営に繋がる情報の活かし方 #363

    こんばんは。duckです。今日のブログ投稿も遅い時間になってしまいました。しかもまだオフ…

  5. ドラゴンボール的な成長よりも、水戸黄門的な成長を

    事業の成長だけでなく、個人の成長に関しても言えること。少年時代から憧れた「ドラゴンボール的な成長…

  6. 新商品・新サービスを企画・開発するときの起点は顧客と・・

    新商品や新サービスを企画するとき、どのように考えるでしょうか?マーケティング…

  7. その「高い技術力」をお客様の言葉に変えないと、売上にはならない

    「当社の強みは、技術力です」私が良くお会いするIT企業からは、実に良く聴く言葉です。ただ…

  8. 経営戦略が「絵に描いた餅」になる3つの理由

    こんにちは、渋屋です。今回は様々な企業・組織が戦略を描いているにも関わらず、それが現場まで浸…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP