menu

真の課題を抽出するまでが勝負

LINEで送る
Pocket

コンサルティングをする上で、
一番注意するところはどこでしょうか?


私は真の課題を抽出するところだと思っています。

そして、課題を抽出するのに必要な会話は、
コンサルティングの前から始まっているように感じています。

というのは、何気ない会話の中に、
その社長が持っている世界観や大切にしているものが、

自然と溢れ出てくるからです。


以前、懇親会の席でご一緒した社長から、
その数週間後、コンサルティングを
依頼されたことがありました。

その懇親会の席で、ご家族のことから
ビジネスのことまで、色々と話を聴いていたので、

初回のコンサルティングがとてもスムーズでした。

私にコンサルティングで相談したいことはあれど、
その裏には「エンジニアが足りない」という
根本的な悩みがあることが分かっていたからです。


コンサルティングをご依頼いただいたときは、
全く別の目的でのご依頼だったのですが、

開発を依頼できるパートナー企業探しなど、
先手を打っていたので、

社長ご自身が根本的な悩みに気付いたときには、
すぐに具体的な提案をすることができました。

このように、日常会話から、
そしてコンサルティング中も、
本人すら気付いていない課題をどれだけ抽出できるか。

ここに一番力を費やしています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村


【セミナー】
12月18日(月)経営塾

戦略の失敗は、戦術ではリカバリーできない

あなたの感覚、死んでいませんか?

関連記事

  1. 直接営業と間接営業

    昨日は、士業には営業力がない、それが致命的だということを書きました。■では、どうやっ…

  2. 営業術、行動のキモはこれ

    平日・週末と繰り返してきたセミナーの内容を少しずつ、このメルマガでもご紹介していきます。…

  3. もう会社員には戻れない、と思う理由

    「もう会社員には戻れないなぁ」と良く感じます。■最初の理由は(言うまでもなく?)自由だか…

  4. 自分のエネルギー状態を常に意識する

    コンサルティングやコーチングなど、クライアントと1対1に向かい合うとき、自分のエネルギー…

  5. 見積を出したのに受注できない世界?

    会社員としてIT企業に勤めていた頃、お客さんから複数社に提案依頼がされることは日常的でした。…

  6. 最初に向き合うべきは自分

    様々な戦略フレームワークは「顧客」からスタートするものが多いです。私自身、顧客の支援をさ…

  7. いよいよ限界値が近づいてきました

    このところ、アポイントという意味ではスケジュールにゆとりがあるのですが、仕事の総量という…

  8. エネルギー枯渇問題

    コンサルティングを続けて、顧客層がより良くなってくるとともにある問題(!?)が発生してきます…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP