menu

明確な数値(売上)目標を掲げた効果

LINEで送る
Pocket

1月の目標達成率が約90%に留まってしまった理由。

1つは、年初に新しい仕事の立ち上げで
思ったより時間が掛かってしまったことです。

もう1つは、私が身体を動かさないと、
まだまだまともな売上が立たないこと。

1つ目の原因は、初めてやることなのだから、
多少は仕方ない面があります。


問題は2つ目の原因です。

これは士業・コンサルタント・コーチなど、
自分自身の身体や頭を使って売上を上げる人の
共通の課題とも言えるでしょう。

1つ目の原因で時間が減り、
それによって売上に直結する営業時間が減って、
売上が減ったのです。

なぜ身体・頭を動かす時間と売上が
悲しいほどに連動しているのか?

これでは気持ちよく休みを取ることもできません。
実際、昨年夏にシンガポールに旅行に行きましたが、
その間の売上は雀の涙ほどでした。。

ずっとこのままだったら、シャレになりません。


というわけで、今までよりも問題が明確になりました。

今すぐではないにせよ、
自分が動かなくても売上が上がる仕組みを
しっかり作りたいです。

そのために必要な活動を今から仕込んでいきます。
(もう少し前から仕込み始めていますが)

このように、明確に数値目標を掲げたことによって、

・問題に気付きやすくなる
・足りない分をどうやって埋めるか?という発想が身につく
・その結果、行動量が増す

という流れができつつあるな、と感じています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【メルマガ 『非常識なコンサルタント』】

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村


【セミナー】
9月25日(月) マーケティング塾(第1回)

小学生から始まり、社会人へ

アジャイル開発から一般人が学べる「仕事の原理原則」

関連記事

  1. 最初の課題は、真の課題ではない

    コンサルティングをする上で、一番気にしているのは、顧客が言う課題の奥底を読むことです。…

  2. 仕事を作る人に、俺はなる

    昨年発刊したこのメルマガの目的は、真に独立できる人をひとりでも増やすことでした。■「…

  3. 社長が欲しいのは売上

    中小企業の社長、特に自分で事業を立ち上げた創業社長には、その嗅覚に驚かされることが多々ありました…

  4. 真の課題を抽出するまでが勝負

    コンサルティングをする上で、一番注意するところはどこでしょうか?■私は真の課題を抽出…

  5. いつでも休める自由と有給休暇のない不自由

    この時期、お客さんとミーティングしていると年内の休みはいつからか?という話に良くなります。…

  6. セミナーは、自分らしいスタイルを身につける

    週末のセミナー後、懇親会の場で質問をいただいたことで、私自身のセミナーのスタイルが分かりました。…

  7. 士業に欠けているもの

    このメルマガを読んで下さる方なので、既にお気付きのことと思いますが、士業には致命的な弱点…

  8. 自分という商品への想い

    コンサルタントに限らず、サービス業をひとりでやっていると、「自分」が商品であることを痛感します。…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP