menu

「教える」と「気付かせる」のバランス

LINEで送る
Pocket

コンサルティングをするとき、
今、一番工夫を繰り返しているのが、

「教える」と「気付かせる」のバランスです。


一般的な士業・コンサルタントは教え過ぎだと感じています。

コンサル側ばかりがしゃべり、顧客はただただ頷くばかり。
気分良くなっているのは、しゃべりたいことをしゃべっているコンサルだけ。
顧客は正直、ウンザリしている。

そんな光景を何度も見てきました。

コンサル側は頭の中にあることを伝えるだけ。
社長はそれを実行しなければならない。

その差があるので、どうしてもコンサル側の方が先に進んでしまうのです。


だから私は、できる限り「教えないほう」に重きを置いています。
教えずに「気付かせる」のです。

多くの顧客は、知識としては自分のやるべきことを知っているのです。
ただ、それが出来ないから困っています。

では、何がそうさせているのでしょうか?

何らかのマインドブロックかもしれませんし、
思い込みがあるのかもしれません。

例えば、「営業とは、顧客が必要としないものすら売りつけることだ」
と思い込んでいたら、よほどの悪者でない限り、営業できるわけがありません。

このような場合、「営業」という言葉の定義を
変える必要があるでしょう。


逆に全く教えないと、顧客もなかなか成果を上げることができません。
それは顧客にとってはもちろん、私にとっても不幸です。

だから最低限の知識だけは教えるようにしています。
「知らない」ことを「知る」だけで、成果が出ることは
いくらでもありますので。

「最低限の知識」のうち、自社(自分)をどうやって売り出すのか?
この部分だけを抜き出したものを、士業・コンサルタント向けに、
今、編集しています。

年始早々、スタートダッシュができる人を増やすために
早くリリースしたいと思っています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【メルマガ 『非常識なコンサルタント』】
独立・起業を目指す方、特に自分らしく働き・生きたい方。
コンサルティングを事業の軸にしたい方に向けたメルマガを配信しています。
こちらから登録できます。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村


【セミナー】
ただ今、募集中のセミナーはありません。

メールの誤送信を防ぐには?手軽に安全を保とう

教えないけど、学びはどこまでも深く

関連記事

  1. レベルアップが止まりません

    昨日は、コンサルティングをするものなら、知識や体験の仕入れを止めないようにしましょう、と…

  2. 仕入れをやめてしまった八百屋の末路

    先日、街中を歩いていると昔ながらの八百屋さんがありました。■置いてある野菜や果物は、…

  3. その仕事に自由はあるか?

    昨日、フランチャイズの話を書きました。■安易に加盟してしまってから、利益の確…

  4. いつでも休める自由と有給休暇のない不自由

    この時期、お客さんとミーティングしていると年内の休みはいつからか?という話に良くなります。…

  5. 自分という商品への想い

    コンサルタントに限らず、サービス業をひとりでやっていると、「自分」が商品であることを痛感します。…

  6. セミナーを成功させるコツ

    昨日のメルマガでは、独立を目指すなら、セミナーを始めてみよう、と提案しました。■…

  7. スキルアップは仕事ではない

    資格をとってまで勉強する人や、会社以外に大学・大学院・予備校にまで通う人は、本当に勉強熱心で…

  8. 直接営業、はじめの一歩

    士業の営業力について書き続けています。基本的に士業の営業力は致命的だということ。そして間接営…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP