menu

自分自身と向き合う機会を取っていますか?

LINEで送る
Pocket

外部環境分析として、PEST分析(政治、経済、社会、技術)をすることがあります。
私は主にITの変化をウォッチし続けていますが、本当に外部環境の変化が激しくなっていると感じます。
そして、外部の変化が激しいほど、私たちは日々の情報に踊らされがちになり、自分自身と向き合う機会がなくなってしまいます。

今こそ私たちは、自分と向き合う仕組みを生活に取り入れた方が良いと感じています。

 

私たちは自分自身と向き合えていない

「トランプ政権が・・」
「円が・・金利が・・」
「ミサイルが・・ブラック企業が・・」
「人工知能が・・仮想通貨が・・」

日々、様々な情報が錯綜するなか、私たちはついつい、そちらに気を取られてしまいます。
動きが見えるものに、意識が向かってしまうからです。
それも世界にインパクトを与えるほどの動きともなれば、なおさらでしょう。

そこまで大きなものでなくとも、今日中にやらなければいけない仕事だったり、
子どものお迎えだったり、なくなったシャンプーの換えを買って帰ったりと。
私たちの目の前には、毎日毎日、細かいタスクが次々と現れていきます。

例えるなら激流の中に半身浸かって、必死に耐えているようなもの。
流れが激しいほど、その流れに飲み込まれないよう、モノが流れてきたら避けられるよう、外に注意を払い続けなければなりません。
自分の内面とゆっくり対話することなど、できるはずもありません。
そんなバタバタな1日を過ごした後で、残るものは一体何でしょうか?

 

自分との対話がないリスク

このように、何も意識していないと、自分自身と向き合える機会は、そう取れるものではありません。
そして、自分自身と向き合えないということは、「真の自分」に蓋をしてしまっている可能性が高いのです。

ちゃんと自分と向き合っていたら、心が動いた瞬間を捉えることができます。
何か、ついついイラッとしてしまったとき。
自分と対話しないまま、次のことに意識を取られて、イラッとしたこと自体を忘れてしまう。
そしてまた、似たようなことが起きたときにイラッとしてしまうのです。

自分の感情を認めて、その気持ちを感じること。
私がこれまで接してきた方々のうち、幸せを感じることができている人は、自らとの対話が上手くできている人のようです。
言葉を変えると、このような人たちは、自分の感情変化をしっかりと受け止めることで、「自分を受け入れる」ことができています。

完璧な人間など、この世の中にいません。
全てが上手くいくことなど、ありません。
誰しもが「嫌いな自分」を持っていて、誰しもが上手くいかない部分に苦しんでいます。
それでも、幸せを感じることができている人は、「ありのままの今の自分」を受け入れているように見えます。

つまり、自分との対話がない限り、人生は良い方向に向かわないのでは、と感じています。

 

自分がどうありたいのか?を確認する

では、自分との対話をどうすれば良いのでしょうか。
私はどんなやり方でも良いと思っています。

瞑想をする人、ストレッチをする人、メモを書き続ける人、風呂に浸かる人・・etc

自分が最もリラックスできて、かつ集中できる環境を作れれば良いでしょう。
先日お会いした方は、毎朝の電車(必ず座れるそうです)で瞑想をしつつ、
トレイルランニングをするときにも、瞑想と同じような感覚を得ることができるそうです。

習慣として、自分と対話できる時間を持つのは良さそうです。
本当はいつでもどこでも対話できるのが良いですが、
その領域に至るまでの間は、1日1回でも、そういう場を設けるようにしたいです。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
やっと暖かくなってきました。
寒がりの私としては、このくらいからようやくアクティブに
動けるようになります。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【メルマガ 『非常識なコンサルタント』】
独立・起業を目指す方、特に自分らしく働き・生きたい方。
コンサルティングを事業の軸にしたい方に向けたメルマガを配信しています。
こちらから登録できます。

【Facebookページはこちら
「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせを受け取れます。
たまに気になるニュースなども通知しています。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村


【セミナー】
12月18日(月)経営塾

一次情報に触れてますか?

もっとランニングを楽しむために

関連記事

  1. コスト把握から始めよう

    こんばんは、渋屋です。昨日、面白い記事を発見しました。『データセ…

  2. 小さな違和感を大切に

    昨日のブログで「悩んでいる」と書いたところ、何人かの方から直接心配のご連絡をいただいてしまいました。…

  3. 「トライアスロン経営塾」のプレゼンをしてきました

    昨日は、某所で「トライアスロン経営塾」のプレゼンテーションをしてきました。&nbsp…

  4. 他者の健闘・苦闘に美を感じない環境は厳しすぎる

    9月から月例で実施するマーケティングセミナーの募集を開始しました。物騒な名前ですが(…

  5. 業務プロセス改善のスタンダードを知る2冊

    組織が成長し、大きくなるにつれて、業務プロセスの問題が浮かび上がってきます。1人でやっていた仕事…

  6. 自分の理想の働き方 #502

    こんにちは。渋屋です。昨日は仕事後に走ろうと、最寄り駅のロッカーに着替え…

  7. フリーランスとは総合格闘家である

    久しぶりに年末にテレビで格闘技をやっていました。旅行中だったのでビデオに録画し、昨日から観ていま…

  8. 戦略から現場までの一貫性が武器になる

    多くの企業とお会いしていると、「一貫性」の取れた会社がほとんどないことに気づきます。あるとすれば…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP