menu

もっとランニングを楽しむために

今朝ランニングをしていたら、まだまだ桜がキレイでした。

周りには、私のようにランニングしている人、
ゆっくりと散歩している人。犬と一緒の人もいました。
あるいは老夫婦が仲睦まじく写真を撮っている姿も。(あんな夫婦になりたいものです)

そんな光景を見ながら、もっと純粋にランニングを楽しみたいな、と感じました。

 

プロセスを楽しめるように

私は基本的にプロセスよりも結果を重視する思考に陥りがちです。
仕事では、自分の成長ややり方に満足するというよりも、顧客が成果を上げたときに素直に喜べます。

ランニングでも似たような一面があります。
やろうと思っていたトレーニングをキッチリやれたときに、嬉しいと感じるのです。
エモーショナルカラーで言うと、黄色よりも赤が勝っている状態です。

ただ、今日走りながら「もっとプロセスそのものを楽しんでも良いのでは?」という思いがよぎりました。
純粋に走ることを楽しむ。
楽しいから走りに行く。
仕事ならまだしも、趣味くらい、そういう楽しみ方で良いのではないか、と思ったのです。

 

もっとゆっくり走ろう

以前、コーチに言われたことがあります。
「今のレベルだったら、日常のジョグはキロ6分以上かけて、ゆっくりと走って下さい。」

そう言われていたのですが、ついつい速めに走ってしまって、普段のトレーニングはキロ5分台が多かったのです。
こういう人、結構多いのではないでしょうか。
ランニングというと追い込まないと気がすまない。
毎回追い込まないと満足できず、それが苦しくなったり、怪我をしたりして、ランニングから離れていく。

今日は純粋に楽しめるよう、ゆっくりとキロ6分以上かけて走りました。
息も上がらず、最初の2kmは全く汗もかかず、のんびりと。
距離も6km弱だったので、軽めです。

おかげで上述のように周囲の人や風景を楽しみながら、
ランニングも楽しむことができました。

帰宅後もそんなに疲れていなかったので、家を出る前に掃除機をかけてきました。
今日は終日セミナーで外出してしまうので、少しでも家事をしておこうと。
早起きしてランニングして、少しですが家事もやって、立ち上がりの良い、気分のいい1日です。

 

トレーニングは本気で追い込む

一方で、そんな練習だけだと、記録を狙うランナーとしての成長は止まります。
まぁ市民ランナーですし、年齢的にもどこかで成長は止まってしまうのですが、まだそんな年齢でもありません。

ちゃんと追い込むトレーニングも入れます。
やるときはキッチリ追い込むけど、そうじゃないときは、ゆっくり楽しく走る。
要するに、トレーニングにメリハリをつけましょう、ということです。

数字で言えば、キロ5分台の練習は、最も中途半端なので止めます。
一番快適に走れるスピードなのですが、追い込んでもいないし、かと言ってリラックスするほど軽くもない。
ジョグやLSDならもっと遅くなりますし、インターバルやビルドアップなら、もっと上げないと負荷が足りません。

追い込むときにはキロ4分台以上。
フルマラソンのベストがキロ4分57秒ペースなので、本来は4分台後半でも、そんなに追い込んでいないはずなのです。
こうやってメリハリをつけながら、もっともっと、楽しく走りたいと思います。
ちょうど、走るのに気持ちのよい季節ですしね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
というわけで、今日は月例の終日セミナーに参加です。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【メルマガ 『非常識なコンサルタント』】
独立・起業を目指す方、特に自分らしく働き・生きたい方。
コンサルティングを事業の軸にしたい方に向けたメルマガを配信しています。
こちらから登録できます。

【Facebookページはこちら
「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせを受け取れます。
たまに気になるニュースなども通知しています。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

自分自身と向き合う機会を取っていますか?

中小企業診断士向けの最も簡単な問題集

関連記事

  1. 九十九里トライアスロン:初の日帰りレース体験記

    トライアスロンへの初挑戦となった今シーズンの第4戦は、九十九里トライアスロン。このレースは、めず…

  2. 好きなことが仕事になるまで

    「好きなことを仕事にする」こんな言葉を聴くと、どのような気持ちになりますか?&nbs…

  3. 第三者に見てもらって気づくこと

    先日、スイムのレッスンを受けて、自分の泳ぎを動画に撮ってもらいました。自分でやってい…

  4. 仲間と、ゴール!【バラモンキング2015完走記⑧】

    6月14日に行われた、五島長崎 国際トライアスロン(スイム:3.8km、バイク:180.2km、ラン…

  5. ランニングと子育ての共通点 #614

    おはようございます。渋屋です。昨日は、RUNをサポート頂いているチームア…

  6. 「いいレースだった」と笑顔でゴールするために

    「なぜマラソンやトライアスロンのような耐久系スポーツをするのか?」このところ、自問自答しているテ…

  7. 不安に苛まれる日々、限界を突破するために(五島長崎 国際トライア…

    このところ、毎日、ひたすら不安と戦っています。自分は果たして、限界を突破できるのだろうか?と。…

  8. マラソン30kmの壁はなぜやってくるのか?

    マラソンには30kmの壁があると言われます。昨日参加した「古河はなももマラソン」では、前半より後…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP