menu

何度も思い出してもらえる地域がやっていること(ふるさと納税してみた)

LINEで送る
Pocket

さきほどふるさと納税で幾つかの品を申し込みました。
そのうちの1つが、長崎県五島市のもの。
五島の有名な椿オイルと、あご(飛び魚)のドレッシング。うまそー。

 

印象に残る地域とは?

私は元々、五島に縁もゆかりもありませんでした。
親戚もいないし、五島どころか長崎県に入った記憶すらありません。
それが去年と今年、合計2回行っただけで、もはや心の故郷化し始めています。
だからふるさと納税するときには、五島の品を申し込もうと思っていたのです。

なぜそんなに印象に残っているのか?
超絶苦しかった五島長崎国際トライアスロン(バラモンキング)に参加したからなのですが、
それだけだったらトライアスロンのことは覚えていても、五島という地域のことは印象に残りません。
ちゃんと五島を印象づけることがあるのです。

どの店に入っても旨すぎる食べ物。

IMG_8186静かでのんびり。キレイな自然。

IMG_8222そして何よりもレース中の温かい応援。
(写真はレース前に選手1人ひとりに渡される子どもからの応援カード)

IMG_8193

最も苦しいレース中、老若男女、島を上げて応援してくれるのです。

 

最も貴重な資源は「人」

「うちの地域には名産品も大自然もないよ」と仰る方がいます。
ここには大きく2つの誤解があるのです。

1つは、「大したものはない」と思っているのはご本人だけであること。
よくよく話を聴いてみると、「あるじゃないですか!」となることがほとんどです。
その地域に住んでいる人たちにとっては当たり前のことが、他の地域から来る人にとっては新鮮。
そういうストーリーを見つけたときには、訪れた私も嬉しくなります。

もう1つの誤解は、最大の資源は人であり、人が創り出す文化や雰囲気であること。
「うちには自然や世界遺産がない」みたいなことを言う人は、
そういうものがあれば観光客を呼べる(=なければ呼べない)と思い込んでいるいるのでしょう。

しかし実際には、呼んだ人を心地よくさせられるかどうかは「人」の問題です。
上述の五島市の素晴らしさも、島全体の人で作り出された雰囲気にありました。
トライアスロンだけ見ても、何年も何年も開催し、その度に運営をより良くしてきたのでしょう。
五島は他にもマラソン大会も運営しており、市民アスリートを招致することに慣れているようです。

このように自然とか無いものねだりをするのではなく、自分たちでできることに注力をする。
それは経営だけでなく、地方創生などでも同じ原理原則です。

 

ふるさと納税は通信簿なのかもしれない

こうして訪れた地域が強く印象に残ると、今回の私のように「ふるさと納税してみるか」という気持ちになる人もいるでしょう。
そう考えてみると、ふるさと納税は一種の通信簿なのかもしれません。

印象深い地域に申し込み、
そうでなかった地域には申し込まないのですから。

単に良い品を出すことで納税してもらおう、というプロダウトアウトの発想だけではなく、
他の活動と連携させることで、その地域の良さを存分に発揮してもらえたらと思います。

ちなみに五島の品を申込んだとき、
他の地域と異なり、やや細かいアンケートが出てきました。
そのアンケートを見ても、単に納税してもらえば良いという考えはなく、
総合的に考えているであろうことが想像されました。

もっと面白い、応援したい地域と出会えたら、楽しくなりますね!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
今日の記事を書いていて、
もう少し地方の仕事があっても良いのかな、と考えたりしました。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【メルマガ 『非常識なコンサルタント』】
独立・起業を目指す方、特に自分らしく働き・生きたい方。
コンサルティングを事業の軸にしたい方に向けたメルマガを配信しています。
こちらから登録できます。

【Facebookページはこちら
「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせを受け取れます。
たまに気になるニュースなども通知しています。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村


【セミナー】
9月25日(月) マーケティング塾(第1回)

仕事と家庭をコントロールする真の目的は「合格」ではない

自分の使っていないスキルを試してみる

関連記事

  1. おやすみ #396

    おはようございます。渋屋です。昨日は週末起業大學での有益な学び。。になるはずだったのですが、ノロ…

  2. 要約する力

    こんばんは。診断士の2次筆記試験の勉強をしていたとき、日経新聞の朝刊1面にある「春秋」を要約してい…

  3. 社内失業者になっていないか? #692

    おはようございます。渋屋です。■社内失業者とは私が日頃接する多くの大企業…

  4. 小さな組織に魅かれるワケ #385

    こんばんは。渋屋です。先日、興味深い話を聞きました。話し合いの限界は5人、ということです。6人以上で…

  5. 【私の履歴書】キャリアの遍歴(〜新卒入社まで)

    去年より内観をすることが多くなり、その結果、自分自身の過去や経歴を振り返ることも多くなっています。…

  6. 何事も「型」が大事というけれど

    今日は来週の久米島トライアスロン(スイム2km、バイク66km、ラン20km)に向けて、最後のバ…

  7. 子供は鏡

    昨日は息子の4度目の誕生日でしたもう4歳ということで、そろそろ目一杯遊べる年頃になってきました。…

  8. ストーリーがプロを作る #354

    こんにちは。duckです。2013年になってから、ブログ村ランキングが落ちまくっていました。。。年末…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP