menu

失恋してみたい?大人になってから失恋することのメリット

若い頃と違って、歳を重ねると「失恋」は嬉しい出来事のようです。

<スポンサードリンク>



今日、会社でほんの少し雑談していたときのこと。

もうお子さんが社会人・大学生になる50歳手前の方が冗談で、「失恋しました」と言って肩を落とされていました。
何か仕事で大変なことがあって肩を落としていたのでしょう。

が、周りの方はそのことには触れず、「失恋」に対して、
「いいねぇ~」「私も失恋したい!」「うらやましい!!」
とポジティブな反応が返ってきたのでした。

私も周りと同様、「失恋」に対してポジティブな反応をしてしまいました。
ただ、この反応は、学生くらいの頃と比べると変わっているような気がするのです。
学生の頃だったら、失恋は単純に悲しいものでした。

 

なぜ失恋がポジティブなのか?

その場に居たオッサン達(私を含め)が、「失恋」にポジティブなイメージを抱いた理由を考えてみました。

  • ドキドキしたいから

これが一番目の理由だと思います。
きっとオッサン達は、しばらくドキドキしていないのでしょう。
結果なんて関係なく、ドキドキするだけで、十分に価値があるということです。

  • チャレンジした結果だから

もう少し大人らしい理由を考えてみると、失恋は、チャレンジした結果として得られるものです。
結果が分からず、失敗するかもしれないことに対しチャレンジをする。
それ自体に、ポジティブなイメージを抱くのかもしれません。

  • 恋愛している過程を楽しんでいるから

1つ目のドキドキに近いですが、恋愛という過程そのものを楽しんでいるから。
こちらも結果がどうこうではなく、その過程を楽しんでいるのです。

  • 次につながるから

失恋という結果が決まれば、次の行動につながります。
別の方を探すこともあるでしょうし、しばらく独りで静かに暮らしたくなるかもしれません。
何れにしても、失恋という結果は次につながるのですから、ポジティブに捉えて良さそうです。

これらの理由を裏返してみると、失恋を羨ましいと思う心境は、

  • 現在のチャレンジが足りていない
  • 失恋くらい感情が動く生活を送っていない

という背景があることがうかがい知れます。

学生の頃と比べて、恋愛にポジティブなイメージを持つのは、
このようにチャレンジがなく、平凡な生活を送ってしまっているからなのかもしれません。

 

<スポンサードリンク>



失恋するように、人生や仕事に取り組みたい

ここまで考えて、私が思ったことは、「まるで失恋するかのように、もっともっと人生や仕事に取り組みたい」ということです。
もちろん最初から失敗することを目的にはしていません。
成功するつもりでチャレンジしたいです。

ただ、結果にこだわり過ぎず、チャレンジそのものを心豊かに楽しむ。
結果を素直に受け止めて、次のチャレンジにつなげていく。

そんな人生や仕事を展開したいと思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
土曜日からアメリカ出張なのですが、全く準備ができておりません。。急がねば。。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!

会社員にとって最も難しいと感じること

コスト高な日本人

関連記事

  1. 仕事ぶり、ここが残念!

    こんばんは、duckです。今日はYahoo!の記事にやられたと思いました。とにかくショッ…

  2. 機会を逃さない #510

    おはようございます。渋屋です。昨日は色々な機会が舞い込んできた1日でした…

  3. 結論を急ぐ思考のリスクを知っておきたい

    私は幼い頃から、「本質を押さえたい」という望みを持って生きてきました。ただ最近、この思考法にはリ…

  4. 自分の欲に素直になろう

    私たちは大人になり、社会に出るにつれ、我慢を強いられていると感じています。しかもたちの悪いことに…

  5. スタート地点を振り返ると・・・

    こんにちは、渋屋です。昨日は、中小企業診断士の勉強会仲間と横浜でお祝いで…

  6. Restart:出版プロジェクト#350

    こんばんは。duckです。最近、移動中、歩いているときや電車が混んでいるなど、本が読めないときに、『…

  7. 五十肩のつらいところ #507

    おはようございます。渋屋です。このところ、健康の大切さを痛感しています。…

  8. 人生のステージに合わせた変化・変容を

    年末年始は、妻の実家に帰省していることもあり、いつもは全く観ないテレビを観る機会が増えます。今回…

最近の記事

PAGE TOP