menu

経営に必要な両輪[ビジョンとKPI]

LINEで送る
Pocket

経営をするに当たって、常々必要だなぁ〜と感じるものが2つあります。
ビジョンとKPI(Key Performance Indicator:重要業績評価指標)です。

 

ビジョンとKPIの特徴

ビジョンとは、将来実現したい状態です。
「ビジョン」という言葉の通り、映像的に描かれることも多いでしょう。
一方のKPIは、目標の達成度合いを測るための定量的な指数です。

私は今まで、ビジョンにやや偏り過ぎな傾向がありましたが、
改めてKPIの必要性も感じています。

ビジョンは定性的な目標です。
北極星のように、辿り着きたい場所を示していますが、そう簡単に辿り着くものではありません。
辿り着かないかもしれません。
(どんなに地上を進んでも北極星には辿り着かない辺りが、ちょうど良い表現です)
映像的に描かれることもありますが、会社・組織では文字として表現されることが多いのではないでしょうか。

一方のKPIは定量的な目標です。
ビジョンに近づくために、もう少し具体的な目標を数値化したものと考えれば良いでしょう。
マラソンであれば、42.195km。
10km進めば、ゴールまでの距離もそれだけ少なくなります。
進捗度をパーセンテージで把握できます。

 

どちらに偏りすぎてもいけない

ビジョンは北極星のようなものなので、今、時速10kmで進もうとも、20kmで進もうとも、
どれだけ近づいているのか、良く分かりません。

正しい方向に進んでいるかどうかだけは分かるのですが、理想的なスピードで進めているのかは分からないのです。
だから、今の自分を律し、近い将来の自分を評価するために、KPIが必要になります。
つまりビジョンは長期目標。KPIは短期目標に適していると言えそうです。

私は今まで、ついつい長期目標、例えば3年位先ばかりを見て行動してしまう癖がありました。
ただ、それだけでは今月の目標を達成することが、ついついおざなりになってしまうのでした。
KPIをチェックしないまま、1ヶ月が経ってしまったりしていたのです。

逆に今月の目標のように短期的な目標ばかりに追われてしまうと、
3年経って、ふと周りを見てみると、どこに辿り着いたのか分からない。
そんなことになってしまいがちです。

ですから、長期目標としてのビジョンを捉えつつ、
今月はここまで行くぞ。だから今週はここまで。今日はここまで。
という短期目標であるKPIが必要なのです。

 

ビジョンとKPIを、毎日チェックする仕組み作り

ビジョンとKPI、どちらも大事にするためには、これらを両方とも、毎日チェックする仕組みが必要そうです。
毎日ビジョンとKPIを目に触れる場所に置いておく。
これだけでも有効そうですね。

まだ仕組み化できていないのですが、KPIの重要性に気付いてから、
少なくとも毎日、KPIを(脳内で)チェックするようにはなりました。
早くちゃんと目に見える形にしたいです。
同様に、ビジョンも目に触れるようにしていきます。
(ビジョンの文言が、まだまだしっくりこないのですけどね。。)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
今日は午後から深夜までスケジュールがギッチリ埋まっているので、
午前中に自宅でバイク練習しました。
昨日・一昨日の合宿中もトレーニングできなかったので、カラダがなまっています。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【メルマガ 『非常識なコンサルタント』】
独立・起業を目指す方、特に自分らしく働き・生きたい方。
コンサルティングを事業の軸にしたい方に向けたメルマガを配信しています。
こちらから登録できます。

【Facebookページはこちら
「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせを受け取れます。
たまに気になるニュースなども通知しています。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村


【セミナー】
ただ今、募集中のセミナーはありません。

たまには昼寝をしてみたら?

パラリンピックを観て気づくイノベーション

関連記事

  1. 今年はビジョン達成に向けて、しっかりと動き出す年

    今年の仕事をどのように進めていくか、思案しています。仕事で描いているビジョン…

  2. 顧客の声を集める理由 #479

    おはようございます。渋屋です。2日間の戦略BASiCSセミナーが終わりま…

  3. ビジネスモデルを考えるときに忘れがちなこと

    先日、ビジネスモデルデザイン講座というものに参加してきました。ビジネスモデルキャンバスを体験して…

  4. 古い会社ほど、自分たちが古いことに気づかない

    世の中、色んなところで二極分化が進んでいると言われています。貧富の差、スキルの差、健康の差など、…

  5. 「自己ベスト更新」を応援する組織

    一昨日、アジャイル開発の実践者である戸田さんのお話を聞いてきました。私が惹かれたのは、システム開…

  6. 顧客の年間予算と自社のシェア #445

    おはようございます。渋屋です。営業活動をするときに、顧客の年間予算と、その予算に対する自…

  7. 企業活動の隅々まで浸透してきたシステムと、その今後

    昨日までで企業の基本的な活動と、情報システムの関係について書いてきました。企…

  8. 企業がモバイルに手を出す前に考えるべきこと

    こんばんは、渋屋です。日経コンピュータ11月27日号の特集 『現場を変えたモバイルファースト』 …

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP