menu

パラリンピックを観て気づくイノベーション

息子がパラリンピックのデイリーハイライトを観ていて
ふと気づいたことがあります。


イノベーションは制限することや、
削ることによって生まれます。

例えばサッカー。

あのスポーツが、手を使って良いスポーツだったら、
鮮やかな足技は生まれなかったことでしょう。

人間にとって、最も器用で使いやすい手の使用を
制限したことによって、
スポーツとしての魅力が生まれたのです。


パラリンピックも同様です。

障害を抱えているから、というよりも、
ルールに制限を設けているからこそ面白い。
そういう種目がいくつもあるように感じました。

余談ですが、近眼や乱視に対して薄型眼鏡レンズや
コンタクトレンズが開発されたのと同じように、

従来では障害と考えられていたものが、
「眼鏡はオシャレ」くらいまで一般化する時代も
そう遠くはないのでは?と感じました。

それくらい、パラリンピック選手の
アスリートとしてのパフォーマンスは高いですね。

身に纏っている器具がもやは身体の一部と
化していますので。

いやぁ~、すごいです。


本題に戻りますと、

削ること、制約をかけることによって、
イノベーションが生まれます。

何十年も前のプログラマーや、
少し前のモバイル系プログラマーは、

限られたメモリーなどのリソースをどう使うか?に
頭を駆使してきました。

今の時代はCPUもメモリーも潤沢な時代。
パソコンもスマホのソフトウェア開発者は、
かつてほどリソースに悩まなくなったのではないでしょうか。

同じように、資金・人材・情報などの全てに
恵まれた企業が勝つか?
というと、そうではないと思います。

イノベーションを起こすなら、
何か敢えて制約をかけてみる。

経営の基本とも言えそうですね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【メルマガ 『非常識なコンサルタント』】
独立・起業を目指す方、特に自分らしく働き・生きたい方。
コンサルティングを事業の軸にしたい方に向けたメルマガを配信しています。
こちらから登録できます。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

経営に必要な両輪[ビジョンとKPI]

削ぎ落としてシンプルに生きるには

関連記事

  1. 仕入れをやめてしまった八百屋の末路

    先日、街中を歩いていると昔ながらの八百屋さんがありました。■置いてある野菜や果物は、…

  2. 売上・利益のノルマ(目標設定)は思考停止のサイン

    「今年の部の売上目標は○○万円だ!」「昨年対比120%の利益が目標だ!」「Aくんのノルマは○…

  3. ふるえるぞハート!燃えつきるほどヒート!!

    昨日のメルマガ『ライバルを増やして大丈夫なんですか?』を送付した後、読者の皆さまから続々とご意見…

  4. マニュアルは良くて「満足」まで。「感動」は生み出せない。

    私自身が会社員だった頃を含めて、社内向け・お客様向けの様々なマニュアルづくりに関わってきました。…

  5. 共著 『社長はデータをこう活かせ!』がリリースされました

    こんばんは、渋屋です。共著者として、名前を載せて頂いた本が、今日リリースされました!…

  6. その顧客が裏に望むこと #488

    おはようございます。渋屋です。このところ、連日帰宅が遅かったのですが、昨…

  7. PDCAをまわせない3つの理由

    ビジネスの世界で生きているなら、1度は聞いたことのあるPDCA。Plan(計画)→Do(実行)→…

  8. 新事業を立ち上げるときに一番大事なこと

    新事業の失敗を見ると、良く見るパターンがあることに気づきます。コンサルタントが居るような事業に良…

最近の記事

PAGE TOP