menu

パラリンピックを観て気づくイノベーション

息子がパラリンピックのデイリーハイライトを観ていて
ふと気づいたことがあります。


イノベーションは制限することや、
削ることによって生まれます。

例えばサッカー。

あのスポーツが、手を使って良いスポーツだったら、
鮮やかな足技は生まれなかったことでしょう。

人間にとって、最も器用で使いやすい手の使用を
制限したことによって、
スポーツとしての魅力が生まれたのです。


パラリンピックも同様です。

障害を抱えているから、というよりも、
ルールに制限を設けているからこそ面白い。
そういう種目がいくつもあるように感じました。

余談ですが、近眼や乱視に対して薄型眼鏡レンズや
コンタクトレンズが開発されたのと同じように、

従来では障害と考えられていたものが、
「眼鏡はオシャレ」くらいまで一般化する時代も
そう遠くはないのでは?と感じました。

それくらい、パラリンピック選手の
アスリートとしてのパフォーマンスは高いですね。

身に纏っている器具がもやは身体の一部と
化していますので。

いやぁ~、すごいです。


本題に戻りますと、

削ること、制約をかけることによって、
イノベーションが生まれます。

何十年も前のプログラマーや、
少し前のモバイル系プログラマーは、

限られたメモリーなどのリソースをどう使うか?に
頭を駆使してきました。

今の時代はCPUもメモリーも潤沢な時代。
パソコンもスマホのソフトウェア開発者は、
かつてほどリソースに悩まなくなったのではないでしょうか。

同じように、資金・人材・情報などの全てに
恵まれた企業が勝つか?
というと、そうではないと思います。

イノベーションを起こすなら、
何か敢えて制約をかけてみる。

経営の基本とも言えそうですね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【メルマガ 『非常識なコンサルタント』】
独立・起業を目指す方、特に自分らしく働き・生きたい方。
コンサルティングを事業の軸にしたい方に向けたメルマガを配信しています。
こちらから登録できます。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

経営に必要な両輪[ビジョンとKPI]

削ぎ落としてシンプルに生きるには

関連記事

  1. 確定申告という無理ゲーを終わらせたい

    この時期、私の周りのフリーランスは確定申告に追われているようです。■私は毎日、自分の…

  2. 経営戦略が「絵に描いた餅」になる3つの理由

    こんにちは、渋屋です。今回は様々な企業・組織が戦略を描いているにも関わらず、それが現場まで浸…

  3. 【私の履歴書】現時点(2017.2)におけるキャリア総括

    連載で私の過去を振り返る「履歴書」シリーズ。これまで学生時代から会社員時代までを、キャリアの面で…

  4. 『働くママが必ず悩む36のこと』、男性管理職の必読書にしたい

    男性管理職、男性経営者、働くママ(奥さん)がいる人、必読の本じゃないかと感じました。…

  5. 独立・起業時の夫婦関係

    昨日は独立する上での人脈について書きました。■昨日書きました通り、外の方との人間…

  6. 従業員とのコミュニケーション:前提となる働くモチベーション

    昨日は社長と従業員のコミュニケーションについて書きました。なぜコミュニケーションが上手く取れない…

  7. 商品を作るときの視点

    商品を作るとき、1つ1つの商品に着目することも大切ですが、それ以前にその商品の「位置付け」を…

  8. ビジネスパートナーと共に顧客のニーズに応える

    IT企業支援で、技術的な面が増えてきました。■私はエンジニアではないので、どこまで踏…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP