menu

趣味を趣味で終わらせないために

LINEで送る
Pocket

趣味はとても楽しい時間で、様々な気づきを与えてくれます。
このような時間を過ごすことで、仕事にも良い影響が得られることもあるでしょう。

ただ、「良い影響があるかもしれない」という運任せではなく、
せっかくの充実した時間を、確実に人生全体にフィードバックさせたいと考えています。

 

タチの悪い趣味

趣味は趣味のままでも素晴らしい時間なのですが、
世の中には、タチの悪い趣味があると思っています。

資格取得などがその最たる例です。

しっかりとした目標・計画・期限があれば良いのですが、
承認欲求を満たすためだけの資格取得は、
時間・お金のコストの高い趣味と言わざるを得ない、と感じています。

ビジネス書を読み流すだけ、というのも本人は「やったつもり」になっているので、
あまり良いとは言えません。
(私自身、頻繁にやってしまうのですが、、)

振り返りも何もしないのであれば、マンガを読んでいた方が、
「やったつもり」にならない分、良いのではないか、と思います。

私は、こういう「やったつもり」になるだけのタチの悪い趣味からは離れ、
どうせ趣味の時間を過ごすなら、以下の2つのどちらかが良いと思っています。

  • 趣味として充実した時間を過ごすことだけに集中する
  • せっかくなので趣味からも学びを得て、他のことに活かす

私の場合、横着な性格のためか、どうしても2点目を考えてしまいます。
趣味を単なる趣味で終わらせると、もったいないと思ってしまうのです。

 

趣味から好循環を生み出すために

趣味からも何かを学び、他のことに活かすには、
振り返り、書くことが最も効果的だと感じています。

私がランニングやトライアスロンの記事を書くのは、そういう理由からかもしれません。
純粋にランニングやトライアスロンのことを書くときもあれば、
この記事のように、メタファーとして扱い、仕事のことにつなぐこともあります。

書くためには趣味であれ何であれ、考えを巡らせなければなりません。
適当なフィーリングのままでは、何も書けませんので。

書くと何らかの構造が見えてくることがあります。
上記事の3階層なども、書くからこそ見えてきたのかもしれません。

構造が見えてくると、何らかのメタファーになります。
同じ構造をしているものに当てはめて考えると、学びを得ることができます。

 

趣味は全力で

私は趣味には全力で取り組みたいと思っています。
好きなものだからこそ、純粋な気持ちで没頭したいのです。

最初から狙う必要は全くありませんが、
(と言うより、私は今でも狙っていませんが)
趣味に全力で取り組んでいると、それが仕事に直接関わってくる可能性もあります。

今はまだ詳細を書けませんが、先日、初めて仕事としてランニングをしました。
単なる市民ランナーに、こんな日が来るとは夢にも思っていなかったので、驚きでした。
少なくとも中途半端な気持ちではなく、ちゃんとランニングに取り組んできたから、
こんな機会をいただけたのだと思います。

そのうち、仕事でトライアスロンできたら最高だなぁ~と思ったりしました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
一昨日のこととなりますが、夜にバイクのトレーニングに参加してきました。
少し前にも同じプログラムに参加したのですが、あっという間に悪いクセがついていました。
定期的にチェックを受ける必要性を感じました。
これなども、趣味から得られる学びですね(^_^;

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【メルマガ 『非常識なコンサルタント』】
独立・起業を目指す方、特に自分らしく働き・生きたい方。
コンサルティングを事業の軸にしたい方に向けたメルマガを配信しています。
こちらから登録できます。

【Facebookページはこちら
「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせを受け取れます。
たまに気になるニュースなども通知しています。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村


【セミナー】
12月18日(月)経営塾

『嫌われる勇気』が売れたのに、果たして幸せな人は増えたのか?

コンサルティングで終わらない

関連記事

  1. 謙虚さが人を成長させる

    こんばんは、duckです。4月は新組織のスタート。今の会社で12年目を迎えた今年の春も、新たな人との…

  2. 天地無用(目的と手段)

    こんにちは、duckです。以前から、自分も含めて多くの人がハマっている罠があります。目的と手段を履き…

  3. 仲間とつくり、仲間とやり遂げる

    こんばんは、渋屋です。今日はもはや定例と化した小嶋さんとのランチ。今後に向けた楽しい話ができ…

  4. 高速 pDCA #643

    おはようございます。渋屋です。■ランニング仲間の行動の早さに驚愕!マラソ…

  5. これからの日本は自給自足に向かう

    10月31日の日経新聞に、「東電、再建厳しさ増す」という記事が出ていました。原発の問題、原油高の…

  6. 泣くほどにこだわっているもの、ありますか?

    最近、何に泣きましたか?このところ、「泣く大人」を見ることがあり、自分自身も泣くことがあり、…

  7. 【私の履歴書】「中の上」の壁に苦しむ

    私には、手強い「中の上」の壁があります。自分の人生を振り返ると、この壁との戦いであったように感じ…

  8. 「日本沈没」を回避するために、国民総「ゆでガエル化」を気をつけよ…

    昨日、フィットネスクラブのプールに行ったときのこと。祝日の午前中だったこともあり、そこにはご老人…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP