メルマガ:非常識なコンサルタント

コンサルティングで終わらない

私は、コンサルタントだからこそ、
生涯の仕事を「コンサルタント」では終わりたくないと考えています。


コンサルタントは様々な方のお話しを聴ける仕事です。
結果として、数多くの成功・失敗事例に通ずることができます。

その結果、成功・失敗の原理原則を
「方程式」「構造」というようなものを通じて
得られるようになっていきます。

ここまで来ると、相当な経験を積んだ
コンサルタントと言えるのではないでしょうか。

ちなみに私はまだまだです。
こんな領域にはたどり着いていません。

もちろん、たどり着こうと思っています。


その豊富な経験を元に、その次のクライアントに
コンサルティングを通じて、貢献することもできるでしょう。

ただ、既に豊富な経験を積んだコンサルタントほど、
その知見を「次のたった一人」に注ぎ込むことを
もったいないと感じるのです。

セミナーで伝えるも良し、
グループコンサルティングという形も良し、
何らかのコンテンツを幅広く世の中に届けるのも良いでしょう。


コンサルティングの目的は、
言うまでもなく、コンサルタントという職種を作ることではありません。

おそらく、コンサルタント(目指す方を含め)の多くは、

・自分の経験を世の中の役に立てたい
・元気な企業を増やしたい

などの想いを抱いていることでしょう。

この想いを実現する手段は、コンサルティングに限りません。
使える手段は何でも活用して、想いを実現したいですね。