menu

目に見えないものこそ大切な時代

LINEで送る
Pocket

会社においても、個人においても、ますます目に見えないものが大切になってきた、と感じています。

 

目に見えるハード資源だけでは戦えなくなってきた

企業においては、目に見えるハード資源よりも、目に見えないソフト資源が
業績の差につながるようになってきました。

以前は規模、設備、立地などが良ければ、自然と業績も良くなる時代がありました。
しかし今は、ただ規模が大きいだけでは顧客は見向きもしません。
駅前一等地にも関わらず、閑古鳥が鳴いている店舗も良く見かけます。

単に目に見えるハード資源を持っているだけでは、武器にならなくなってきたのです。

 

育てるソフト資源

それより重要視されるのは、目に見えないソフト資源です。
例えば、店員の対応は、店舗によって大きな差ができるところです。

私自身、店員の対応ひとつで「また来よう」「もう二度と来ない」と思ったことがあります。
素晴らしい対応をする店員がいる店舗では、どのような人材を育てたいのか?を全員で共有し、
さらには採用から教育まで一貫して取り組んでいることでしょう。

他には顧客や外部パートナーとの関係性、スキル・ブランドなどというものは、
一朝一夕で得られるものではありません。
時間をかけて、育てていく資源だからこそ、競争優位を築くものとなるのでしょう。

特に元々ハード資源を持ちにくい小さな会社や個人こそ、
ソフト資源を重要視して、自分なりの特長を生み出したいですね。

 

目に見えないものを感じるチカラ

ついつい私たちは目に見えるものに目を奪われてしまいます。

お金(売上・利益)、高価なモノ、規模、資格…etc

しかし、ここまで書いてきましたようにソフト資源が大切な時代になってきたからこそ、
目に見えないものを感じるチカラが求められるようになってきたと思います。

  • 一人ひとりの顧客やパートナーとの関係性
  • 自分の心が震えた瞬間(自分は何に感動するのか?)
  • 相手の心の動き
  • 資格などに現れないスキル

etc

自分が実現したいことは何か?
それを実現するために必要なもの(特に目に見えないもの)は何か?

これらを整理しつつ、日々、目に見えないものの変化を感じられるようにしたいですね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
中小企業診断士が読む雑誌『企業診断』8月号にブロガー診断士として掲載されました。
以前に座談会でお話しさせてもらっていたのです。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【メルマガ 『非常識なコンサルタント』】
独立・起業を目指す方、特に自分らしく働き・生きたい方。
コンサルティングを事業の軸にしたい方に向けたメルマガを配信しています。
こちらから登録できます。

【Facebookページはこちら
「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせを受け取れます。
たまに気になるニュースなども通知しています。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村


【セミナー】
9月25日(月) マーケティング塾(第1回)

嬉しい紹介と厳しい紹介

考えるよりも、感じること

関連記事

  1. 売上・利益のノルマ(目標設定)は思考停止のサイン

    「今年の部の売上目標は○○万円だ!」「昨年対比120%の利益が目標だ!」「Aくんのノルマは○…

  2. かつてない買収ニーズがやってくる!求められるプロフェッショナル像…

    あなたもご存知の通り、日本は超少子高齢化社会を迎えています。2014年版中小企業白書より…

  3. あ、ビジネスってそういうことだったのか!

    経営コンサルタントを名乗っておきながら、こういう投稿をするのもなんですが、ビジネスとはどういうも…

  4. GoogleがIntelを裏切った?動きから学べること

    こんにちは、渋屋です。昨日、興味深いニュースを発見しました。Go…

  5. 経営は100アスロンのごとし

    私はトライアスロンをやっていますが、これはスイム・バイク・ラン、3つの種目から成り立っていま…

  6. 会社の創業期における課題

    会社が生まれ、徐々に成長し、成熟していきます。組織は生まれてから、それぞれのステージで典型的な課…

  7. 一流と二流以下を隔たるもの

    このところ、モノを作る人の高い基準に触れる機会がいくつかありました。ここでのモノとは、物理的なモ…

  8. 社員に認められる社長になるための、最もシンプルな方法

    「社長」として社員に認められるかどうかは、社長個人のプライドに関わる問題なだけでなく、会社組織の士気…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP