menu

誰が何を買うのか? #419

おはようございます。渋屋です。

昨日は通勤講座を展開しているKIYOラーニングの
綾部 貴淑社長とお会いしました。

綾部さんは、独自の勉強法を開発し、
それを中小企業診断士の試験に適用されました。

週末起業として事業を立ち上げ、
2009年には週末企業家大賞を受賞されて、
今では独立をされています。

色々と示唆に富んだお話を伺うことが出来ました。
綾部さん、ありがとうございました!


顧客情報の活用について、
昨日は購買履歴を元にレコメンド(オススメの品を推奨する)が
出来るものの、イキナリやるのは難しいことを書きました。

今日はもう少し始めやすいことです。
同じく購買履歴を活用するのですが、

・新規のお客様が多く買うもの
・既存のお客様が多く買うもの

この違いが分かるだけでお客様に
オススメすべき商品が明らかになります。
この違いを調べるだけなら、なんとかなりそうですね。

既存のお客様が多く買う商品が分かるだけで、
流出するお客様を食い止めることが出来るかもしれません。

商品の視点から見ると、既存のお客様が多く買う商品は、
リピーターを呼び込む力があるので、
仮にその商品単体の売上が低くとも、
撤廃すべき商品ではないかもしれません。

このように顧客の購買履歴を把握出来ると、
プロモーションや商品戦略に繋がることが
イメージ出来るかと思います。


ここで1つ例を挙げてみます。
リピーターを呼び込む力がある商品の例が
ローソンの「エッグタルトパイ」。

3月16日の日経新聞には、このように書いてあります。

===
この商品、単に売り上げだけで見れば
売り場から外されてしまう「失敗作」。
だが同社で販売履歴などを分析する担当者は
「売り場には今や欠かせない」と強調する。

なぜか。注目したのは売り上げの絶対額ではなく、
1人の顧客が同じ商品を何度も買う「リピート率」だ。
(勝手ながら、 私にて改行を入れています。
===

そうです。この「エッグタルトパイ」は顧客のリピートが
多い商品なのです。

ローソンのように購買履歴を大規模に分析できなくとも、
新規顧客と既存顧客で購買履歴を分けるだけでも、
傾向が把握でき、次のプロモーションに繋がるかもしれません。


昨日・今回にて、顧客の購買履歴を活用する
例を挙げてみました。

今日も素晴らしい1日になりそうです。感謝!!

===
今日の記事が、ほんの少しでも「面白かった」「役に立った」「参考になった」等と感じましたら、1日1回、このボタンをポチっと応援お願いします。


にほんブログ村

オススメの品 #418

『中小企業診断士学習マップ合格法』 #420

関連記事

  1. ブログを1,200日以上書き続けて、ほんの少し見えてきたこと

    ブログを毎日書き続けてから、1,200日を超えました。もっと短期間に様々なことを学び、経験し、成…

  2. 4つの企業グループと、それぞれの課題・支援ニーズ

    前回は企業を4つのグループに分けてみました。急成長を狙うベンチャーの成長過程を追ってみたり、最初…

  3. 今日はガッツリ、リラックス~♪

    こんばんは、duckです。今日は、息子の保育園のお友達2人と、その家族、そして我が家の3家族で、遊ん…

  4. 経済的豊かさとは #189

    おはようございます。duckです。なでしこジャパン、アメリカを破れず、残念でしたね。さて、引き続きこ…

  5. 皆に支えられています #562

    おはようございます。渋屋です。昨日、義父の実家に7泊してきた息子が帰って…

  6. 2次対策:テクニック

    起床 7:15今日は1日予備校で2次試験対策。知識面ではなく、テクニック面を中心に。毎回…

  7. 勝負は目に見えないところで決まっている

    このところ、「目に見えないことを見る」のが私のテーマになっています。「見てい…

  8. 文化の差と習慣 #107

    こんばんは、duckです。こんばんはと言いつつ、私は今、目覚めてシャワーを浴びたばかり。米国・ラスベ…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP