menu

「トライアスロン経営塾」のプレゼンをしてきました

昨日は、某所で「トライアスロン経営塾」のプレゼンテーションをしてきました。

 

「トライアスロン経営塾」が生まれたキッカケ

某所とは「zenschool 発表会」です。
自社製品開発イノベーション講座「zenschool」を20期生として、受講していたのです。
7月29〜31日の3日間、都内某所で缶詰になっていました。

一緒に受講した2人の仲間と、3人の講師陣。
お互いを深く理解しつつ、自分と向き合いつつ。
講座の名前の通り、禅(zen)問答のようなやりとりを続けながら、自分の商品・サービスを創り込んでいきます。

これは2日目のワンシーンですが、苦悩している私の姿です(笑)
一緒に苦悩した参加者2名と共に、この日は自宅に帰るのを諦め、zenschool会場のすぐ近くのホテルに泊まりました。

禅問答を繰り返し、論理よりも感性が優位になってきた頃、「トライアスロンでの学びを経営に活かす」というコンセプトが生まれました。

余談ですが、このスライドの背景は、3年連続参加している五島・バラモンキングのバイクコース(高浜海岸)。
お気に入りのスライドです。

 

自分から発表の場に出ていくメリット

7月末の3日間の後から、受講者3名がそれぞれに自分の企画を形にすべく動いていました。
モノをつくる方は試作品をつくり、試験をして、改良を何度も繰り返していました。
別の方は、新しいWebサービスをつくるので、デザイン外注とドメイン取得の手配を進めていました。
私は塾というサービスなので、取り急ぎ第1回をやってみたのです。

その成果発表会の場が昨日だったのです。
素晴らしい成果発表会の場を設けてくださったzenschoolの三木さん・宇都宮さんに感謝しています。

発表の場があることによる、特に大きなメリットを2つ感じました。

締め切り効果

1つ目は、締め切り効果です。
この発表会の日が前から決まっていたから、何とか第1回の経営塾が開催できたのです。
面倒くさがり屋の私は、期限が決まっていなかったら、開始をズルズルと遅らせていたでしょう。

温かいフィードバックが得られる

もう1つは、温かいフィードバックをいただけること。
他者のアイデア・企画にダメ出しをするような場ではダメなのですが、昨日は温かい空気に見守られながら発表できました。

余談ですが、その温かさに甘え、私にとってトライアスロンの正装であるチーム「ポセイ丼」のウェアでプレゼンさせてもらいました。
まさかあの格好でプレゼンする日が来るなど、夢にも思っていませんでしたが(笑)

プレゼン後も、その後の懇親会でも、様々なご意見やアイデアをいただけました。
また、質問をされることで、新しいアイデアが浮かぶこともありました。
今後、協業できそうな方もいらっしゃいました。

自分一人ではモヤモヤして何も生み出せないし、生み出したとしても育てられませんから、本当にありがたかったです。
第2回以降も日程・内容は決まっていますが、カラダを動かすイベントも生み出したいです。
まずは気楽に始められる皇居ランを始められればと。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
今日は妻がハーフマラソン。
「ポセイ丼」の仲間は東扇島トライアスロン。
どちらかの応援に行きたかったのですが、今日中にやらねばならないことがあるため、自宅で黙々と。
夕方までに終えて、トレーニングに行きたいです。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【Facebookページはこちら
「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせを受け取れます。
たまに気になるニュースなども通知しています。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

9月のトレーニング記録とその効果、やっぱり目標は大事

「トライアスロン経営塾」5つのコンセプト(前半)

関連記事

  1. 密着型マーケティング #436

    おはようございます。渋屋です。今朝は涼しく感じます。気温差がある日々なので、身体を気をつ…

  2. 創業期・新規事業とシステムの関係を考える

    会社の創業期、あるいは新規事業の立ち上げ時期、今の時代だと何らかのシステムが必要になることが多々…

  3. 企業がモバイルに手を出す前に考えるべきこと

    こんばんは、渋屋です。日経コンピュータ11月27日号の特集 『現場を変えたモバイルファースト』 …

  4. 理念・哲学・パッションが経営の中心に

    数多くの組織を見ていると、縦割りの問題を必ず見かけます。先日はある会社の社長が仰っていました。…

  5. 捨てることができる強さ

    おはようございます。渋屋です。引き続きサンフランシスコ出張中です。今日は捨てることが…

  6. ソフト資源が経営に差をつける

    昨日の記事では、成果を上げている会社がやっているのは、何か特別なことではなく、アタリマエのことを…

  7. 顧客は黙って去っていく #422

    おはようございます。渋屋です。桜が長引くのは嬉しいですが、とにかく肌寒いですね。冬のコー…

  8. 「業者扱い」してくるような会社は、相手にしなくてOK

    ビジネスの現場を色々と見ていると、自分がお客になったときこそ、その方の生き方や姿勢が現れるなぁ〜…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP