menu

ビジネスモデルを考えるときに忘れがちなこと

先日、ビジネスモデルデザイン講座というものに参加してきました。
ビジネスモデルキャンバスを体験してきたのです。

 

ビジネスモデルは顧客からスタートする

世の中には、様々なフレームワークが存在します。
私が日常的に使っているのは、このブログでは何度も紹介しているBASiCSマインドフローです。

今回体験してきたビジネスモデルキャンバスもそうですが、ビジネスモデルをデザインするときには顧客からスタートします
ドラッカーも「顧客は誰か?」と問うていますが、ここがビジネスの起点だということでしょう。

ビジネスモデルキャンバスが他のフレームワークと比べて秀でていると感じたのは、ストーリーを大事にするところです。

顧客の定義から始め、その顧客に提供する価値を定義します。
その後、販売経路となる手段・媒体(チャネル)、顧客と築きたい関係性、などと続いていきます。
これらの間を行ったり来たりすることで、流れるようなストーリーを作っていくのです。
上手くいくビジネスモデルは、ストーリーがしっかりと流れるとのことでした。
(BASiCSも「i」の統合で同じことを提言しているんですけどね)

そんなわけで、ビジネスモデルを考察するフレームワークや、世の中に出回っている新規事業開発の本を読むと、まずは顧客を定義するところから始まります。

 

顧客からだけのスタートで良いのか?

ただ、本当に顧客からだけのスタートで良いのか?その点は確認が必要です。

私たちのように、ひとりでゼロからビジネスを立ち上げる人、
スモールビジネスを立ち上げる人は特に、この点を確認しておきたいです。

何かというと、自分を忘れてはいけない、と。
確かに、顧客を定義して、その顧客が潜在的・顕在的に関わらず、望んでいる価値を提供できれば、ビジネスは立ち上がるでしょう。

その一方、そのビジネスを通じて、意欲や情熱が湧き上がってこないのだとしたら、
独立・起業してまでやる意味はありません。

この点、『経営者に贈る5つの質問』において、ドラッカーは1つ目に「われわれのミッションは何か?」と問うているのです。
「われわれの顧客は誰か?」は2つ目の質問なのです。

ミッションとは組織の存在理由です
ひとりで働く人も、ひとりの組織です。
何らかのビジネスを立ち上げるのであれば、自分のミッションに合致したものを立ち上げる必要があります。

なお、この書籍の中で、『ビジョナリー・カンパニー』の著者であるジム・コリンズが解説を加えています。
ミッションは働くことの意味を示す」と。

 

小さなビジネスは、顧客と自分からスタートしよう

結局、小さなビジネスを立ち上げる人たちにとって、大切なのは顧客と自分。
そんな当たり前の結論に至りました。

  • 自分が長くお付き合いしたいお客様に対して、
  • お客様が潜在・顕在的に望む価値を、
  • 自分が開発した商品やサービスを媒体として、
  • 意欲・情熱を持って提供する

まずはここからスタートではないか、と。
フレームワークに依存しすぎてしまうと、自分の感情と対話することを見失いがちです。

自分の頭を整理したり、アイデア発想やチェックツールとしてフレームワークを使いつつ、
心の声との対話を忘れないようにしたいですね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
息子の学校が卒業式の代休です。
習い事のない休日は珍しいので、家族で出かけてきます。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【Facebookページはこちら
「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせを受け取れます。
たまに気になるニュースなども通知しています。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

一流企業の人ほど独立・起業に踏み切れない理由

臆病な私だからこそ歩んできた道

関連記事

  1. 色んな学びがつながってくる、やりたいことを自由に学ぶ

    これまでも何度か感じてきたことではあるのですが、今は過去最高に、「過去にやってきたことがつながっ…

  2. 退職宣言、そして見えてきた裸の自分

    3月に入りました。今まで、会社を辞めることは、基本的に上長と身近な方たちだけでした。今日から…

  3. 初めてのセミナーはお客様が1人でも十分

    初めてセミナーを主催するときは、様々な悩みごとが起きます。その中でも、どの位のお客様に来ていただ…

  4. 誰の真似をしていますか?

    真似するモデルがないままに独立する人は稀でしょう。多くの方が、誰かしらのやり方・考え方を真似しな…

  5. ITエンジニアが経営に関わるメリット

    最近、「コンサルティング」と「エンジニアリング」の相性について考えています。以前にこんな記事を書…

  6. 「強み」を支える「独自資源」を開発するのは、経営者の仕事

    前回の記事で、長年悩み続けていた自分自身の強みを、顧客が教えてくれたことを書きました。今回は…

  7. 新卒で入社したのが小さな会社で良かった

    初挑戦したトライアスロン、ネタはまだまだあるのですが、さすがにこの辺で止めて、通常ネタに戻してい…

  8. ホームページ設置で大切なこと

    ホームページを設置する際、ITが苦手な人ほど、人任せにしてしまいます。最終的に作業は人に任せると…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP