menu

活動基地を持つとラクになる

フリーランスとしてひとりでビジネスをやっていると、
「活動基地」があるとラクになります。


ここでの活動基地とは3つの意味があります。

1つは作業場所としての活動基地。
机や電気、あるいは本棚やホワイトボードなどがあるかもしれません。
自分ひとりで作業するだけでなく、セミナーに使うのも良いですね。

この作業場所としての活動基地なら、
自宅(自分の部屋が確保できる場合)でも十分です。
そうでない場合は、外にオフィスを借りるのも良いでしょう。

私の場合、自宅のスペースにまだゆとりがありますので、
セミナーはできませんが、作業場所としては十分です。


もう1つは情報交流の拠点としての活動基地です。

私は、ある仕事を活動基地として使っていたことがあります。
ただその仕事が夏に終わってしまい、
活動が自分ひとりに閉じてしまいがちになっていました。

ひとりで仕事をすると言っても、
刺激をもらえる仲間との交流場所を確保しておくと、
安定してパフォーマンスを発揮できるようになります。

少し前から別の仕事がこの活動基地となり、
また情報交流ができるようになりました。


最期の意味は、安定収入としての活動基地です。

上述の仕事は単価はさほど高くありませんが、
自分の空いた時間に上手くスケジュール調整することができます。

つまりポッカリと空いてしまった時間に収入を補足できる上に、
情報交流ができるのです。

これによってある意味、収入とモチベーションの土台(最低限のライン)を
キープすることができるようになりました。

この活動基地にぶら下がるのではなく、
自分の存在価値をしっかりと発揮して貢献していきたいと思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【メルマガ 『非常識なコンサルタント』】
独立・起業を目指す方、特に自分らしく働き・生きたい方。
コンサルティングを事業の軸にしたい方に向けたメルマガを配信しています。
こちらから登録できます。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

ビジネスで使いやすいホテルラウンジ・カフェ(東京)

【私の履歴書】思った通りのキャリアにはならない(転職後:エンジニア時代)

関連記事

  1. フリーランスになって、ラクになったこと

    今日はユル目なネタを。今週はずいぶん、「フリーランスらしく!?」活動できたので、その状況を共有し…

  2. 独立はゴールではなくスタートにすぎない

    このところFacebookで友人・知人が独立する話を良く見かけます。私も独立して、ひとりビジネス…

  3. 自分の得意な場所、苦手な場所

    独立して仕事をする上で人脈は必須です。■どれだけの人数とお付き合いするか?どこまで深…

  4. 「複業」によって得られる社員・企業それぞれのメリット

    今朝の日経新聞1面に正社員の副業 後押し政府指針、容認に転換 働き方改革という記事が出て…

  5. 顧客に提供できる価値はあるか?

    「好きなことを仕事にできるか?」について、昨日の続きです。■「好き=人に指図され…

  6. 【セミナーレポート】お金の悩み

    前々回、前回に続いて、週末に行った放談会「独立のリアル」のレポートです。参加者の…

  7. コンサルである前に経営者である

    私たちは独立・起業してコンサルティングをビジネスとしている、あるいはしようとしている人です。…

  8. 中小企業診断士 独立の失敗事例

    中小企業診断士を取得し、独立された方の中には、しばらくして会社員に戻っていく方がいます。典型的な…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP