menu

活動基地を持つとラクになる

フリーランスとしてひとりでビジネスをやっていると、
「活動基地」があるとラクになります。


ここでの活動基地とは3つの意味があります。

1つは作業場所としての活動基地。
机や電気、あるいは本棚やホワイトボードなどがあるかもしれません。
自分ひとりで作業するだけでなく、セミナーに使うのも良いですね。

この作業場所としての活動基地なら、
自宅(自分の部屋が確保できる場合)でも十分です。
そうでない場合は、外にオフィスを借りるのも良いでしょう。

私の場合、自宅のスペースにまだゆとりがありますので、
セミナーはできませんが、作業場所としては十分です。


もう1つは情報交流の拠点としての活動基地です。

私は、ある仕事を活動基地として使っていたことがあります。
ただその仕事が夏に終わってしまい、
活動が自分ひとりに閉じてしまいがちになっていました。

ひとりで仕事をすると言っても、
刺激をもらえる仲間との交流場所を確保しておくと、
安定してパフォーマンスを発揮できるようになります。

少し前から別の仕事がこの活動基地となり、
また情報交流ができるようになりました。


最期の意味は、安定収入としての活動基地です。

上述の仕事は単価はさほど高くありませんが、
自分の空いた時間に上手くスケジュール調整することができます。

つまりポッカリと空いてしまった時間に収入を補足できる上に、
情報交流ができるのです。

これによってある意味、収入とモチベーションの土台(最低限のライン)を
キープすることができるようになりました。

この活動基地にぶら下がるのではなく、
自分の存在価値をしっかりと発揮して貢献していきたいと思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【メルマガ 『非常識なコンサルタント』】
独立・起業を目指す方、特に自分らしく働き・生きたい方。
コンサルティングを事業の軸にしたい方に向けたメルマガを配信しています。
こちらから登録できます。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

ビジネスで使いやすいホテルラウンジ・カフェ(東京)

【私の履歴書】思った通りのキャリアにはならない(転職後:エンジニア時代)

関連記事

  1. パラリンピックを観て気づくイノベーション

    息子がパラリンピックのデイリーハイライトを観ていてふと気づいたことがあります。■イノ…

  2. ひとりビジネスは、ひとりじゃない

    コンサルタントはひとりビジネスであることが多いです。■個人事業主だったり、法人だ…

  3. お金の話は明るく楽しく!

    おはようございます。渋屋です。昨日は天気が悪く、寒い1日でしたね。私はテレワークの1日でした…

  4. 本物フリーランスと、偽フリーランス

    独立し、「フリーランス」になってから、もうすぐ3ヶ月になろうとしています。色々と変化した3ヶ月で…

  5. 地上戦が足りない

    影響力のある成功者を見ると、「すげぇ~」って思いませんか?■メール1通で何万円もする…

  6. 独立して1ヶ月。振り返って良かったこと。

    独立して1ヶ月が経ちました。新しい体験ばかりで、右も左も分からないということが多かったです。…

  7. 「雇われない生き方」の次の時代

    『フリーエージェント社会の到来』という本があります。■2002年に出た本で、その後、…

  8. 退職宣言、そして見えてきた裸の自分

    3月に入りました。今まで、会社を辞めることは、基本的に上長と身近な方たちだけでした。今日から…

最近の記事

PAGE TOP