menu

「たすくま+Googleカレンダー」でタスクと時間管理

これまでタスク管理のツールを色々と試してきましたが、どうも長続きしませんでした。
ただ、昨年12月辺りから一気に「時間が足りない」と感じるようになり、再度ツールを試してみました。
今回は、iPhoneアプリの「たすくま」と「Googleカレンダー」の組み合わせです。
2ヶ月以上、使い続けていますが、今のところ続けています。

 

「たすくま」で使っている機能

日頃、使っているのは、iPhoneアプリの「たすくま(Tasukuma)」です。
このアプリを選んだ理由は、Googleカレンダーと連携できるからです。
「たすくま」自体は、色んな機能を持ったアプリですが、私はそれほど多くの機能を使いこなしていません。

  • リピート機能(日・月などで繰り返し発生するタスクを自動登録してくれる)
  • カレンダーのインポート(Googleカレンダーから予定を読み込み、タスク化してくれる)
  • プロジェクト(用途ごとにタスクをグループ化できる)
  • カレンダーへのエクスポート(プロジェクトごとに実績をカレンダーに出力してくれる)

このくらいの機能しか使っていません。

使うタスクは絞り込み、シンプルに使うようにしています。
それよりも細かなタスクを登録することで、タスクを忘れないようにしています。
「Aさんに振込する」、「B案件の書類を印刷する」という程度の数分で終わるタスクも登録しています。

 

「Googleカレンダー」との連携

上述の「カレンダー」との連携はGoogleカレンダーです。
元々、自分のスケジュールはGoogleカレンダーで管理していますし、家族の予定もGoogleカレンダーで共有していますので、タスク管理ツールがGoogleカレンダー連携していることが、アプリを選ぶ上での必須条件でした。

「たすくま」では、プロジェクトごとに実績を出力するカレンダーを選ぶことができます。
私の場合、プロジェクトは顧客ごとに分けています。
顧客ごとに、どれくらいの時間を投下して、どれくらいの収益を得ているのかを管理したいからです。
あとは、経理などの「仕事全般」というプロジェクトと、将来に向かっての活動を表す「種まき」、その他には「生活」「トレーニング」というプロジェクトを作成しています。

最初の設定が面倒なのですが、このプロジェクトの数だけカレンダーを作成しています。
そして日頃使っている予定表の非表示にして、実績だけを表示にすると、こんな感じに見ることができるようになります。

Googleカレンダー

プロジェクトごとに色を分けることができるので、パッと見で、どのタスクにどれくらいの時間を使っているのかが分かります。
ちなみに土日のタスクが少ないのは、家族と過ごしている時間を管理していないからです。タスクではないので。むしろ、こういうタスクではない空白の時間を増やせるのが理想ですね。

 

「GTimeReport」で集計・分析

ただ、Googleカレンダーで見るだけですと感覚的にしか分かりません。
どのプロジェクトに何時間使っているのか?など、集計したり分析するには不向きです。

私は「GTimeReport」を使って、Googleカレンダーのタスクを集計しています。
Excel形式で全タスクを出力できるので、その後にプロジェクトごとに集計します。

Output

ピボットテーブルの得意な方なら、一瞬で終わると思います。
(私は苦手なので手間取るのですが、、)

  • 顧客ごと(=プロジェクト)ごとに収入と投下時間のバランスをチェック
  • 将来に向かった活動に時間投下できているか?
  • 無駄なタスクはないか?

などを確認しています。

私は横浜に住んでいるので、毎日、都内まで往復する時間が恐ろしく多いことに改めて気づきました。
読書に使っている時間なのですが、それでも多すぎるので、たまにグリーン車に乗って仕事をするなど、工夫をし始めました。

このようにデータ収集→可視化→分析という流れが自然に作れたことが、今まで使っていたツールと異なるので、続けて使えているのかもしれません。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
今日の夜は、独立のリアルを語るセミナーです。
参加者の方々とお会いするのが楽しみです。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【Facebookページはこちら
「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせを受け取れます。
たまに気になるニュースなども通知しています。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

管理職をやったことがないのですが、独立できますか?

ITエンジニアは中小企業診断士に向いているのか?

関連記事

  1. Googleのサービスはなぜ無料なのか?

    「Googleにお金を払ったことありますか?」自分で広告でも出すことのない大半の方は「ない」…

  2. 情報漏えい後の対応で、企業文化が伝わる

    こんにちは、渋屋です。JALの顧客情報システムに不正アクセスが発生し、顧客情報漏えいの可能性があ…

  3. システム屋さんとあなたの会話は、なぜ噛み合わないのか?

    昨日は、Eコマース事業をやられている小嶋さんとランチ。久々にお会いして、情報交換をさせていただき…

  4. 専門家以外がITスキルを身につけるためには?

    このところ、ITの専門家ではない方がITスキルを向上したい、という要望を良く聞きます。&nb…

  5. IoTとSNSは、こんな感じに似ている

    インターネットの登場により、世の中の全てのヒト・モノ・情報がつながる土台ができました。私は以前か…

  6. クラウドはどこにある?

    こんにちは、渋屋です。クラウド上でシステムを稼動させるに当たって、注意す…

  7. 「面白い」「便利な」ツールを探していると、ITスキルは上がる

    人間、できるなら今の環境のままでいたいもの。新しいものに触れたり、変化があると、負荷がかかるから…

  8. IT屋がハマりやすい罠

    こんばんは、渋屋です。今日はビジネスの基本についてです。私を含め…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP