menu

主戦場はIaaSからPaaSに

こんばんは、渋屋です。
久しぶりのIT関連記事です。

 

日経コンピュータの主要特集がPaaSに

日経コンピュータ(2014/11/13号)の特集が『戦略アプリはPaaSで作る』でした。

以前からIaaSのコモディティ化は加速していました。
Amazonを追随していた米Rackspaceの元気がなくなり、
主要プレイヤーの数が一層、絞り込まれてきました。

Amazon、Microsoft、Google、IBM(SoftLayer)、
そしてVMwareといったところが現在の主要プレイヤーでしょう。
各社それぞれに、強みとするところがあって、
これからの動向に目が離せません。

しかし、「クラウド」という言葉はあまりにも一般的になり、
専門誌で特集されることは減ってきたように思います。
そんな状況で、IaaSの一段上のレイヤであるPaaSに注目が集まってきています。

 

これから新たなアプリ(システム)を作るなら

日経コンピュータの特集にもあるように、これからアプリを作るとするなら、
PaaSは非常に強力な選択肢になると思います。
IaaS以上にインフラを準備する期間を短縮し、アプリを作ることだけに専念できるからです。

パソコンの例で例えるなら、私たちはブラウザやExcelを使いたいからパソコンを
購入するのであって、WindowsやMac OSが欲しくて端末を買うわけではありません。
クラウドにも同じことが言えるのでしょう。

既にパッケージとして存在するアプリケーションであれば、SaaSを選択し、
自分達で多少なりとも開発が入る場合には、ミドルウェアや実行環境が準備されているPaaS。
IaaSの出番は、既存のシステムを延命したりすることに集中していくのでは?と思います。

そして、PaaSの世界でもAmazonなど主要プレイヤーは決まりつつありますが、
IaaSよりは業界勢力図がまだまだ変わりそうで、目が離せません。

 

第3世代のアプリケーション

第1世代、つまりメインフレーム時代のアプリケーションは、プラットフォームが
メインフレームである必要がありました。
第2世代、クライアント・サーバの時代では、サーバ・クライアントと共に
Windowsであることが多かったでしょう。
つまり第1世代も第2世代も、プラットフォームが限定されていたのです。

しかし、第3世代のアプリケーションは異なります。
プラットフォームは何でも良くて、自分に最も適したクラウド上を
自由に行き来することになるでしょう。
そこまでではなくとも、自分に最も適したクラウド上で実装されて
サービス展開されていきます。

 

日経コンピュータの特集を見て、「ヤバイ(もう来てしまった)」と思うか、
「チャンスがやってきた」と思うかは、これまでの戦略策定に掛かっていることでしょう。
一時的にIT業界は人員不足で好況になっているようですが、
それに浮かれずに戦略を立て、地道に手を打っている企業だけが、
生き残っていくように感じます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【編集後記】

明日は3度目のフルマラソンチャレンジ!つくばマラソンです。
正直、練習不足ですが、今の自分に出来ることをやる訓練だと思って走ってきます。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!

気付いたら宝物は手元にあった

遠足を迎えた子供のように

関連記事

  1. アジャイル検定(アジャイルソフトウェア開発技術者検定試験)レベル…

    アジャイル検定レベル1を受験してきました。無事に合格です!アジャイル開発を学…

  2. アジャイル開発から一般人が学べる「仕事の原理原則」

    最近、ソフトウェア開発プロセスとして注目されている「アジャイル開発」を学んでいます。このアジャイ…

  3. あなたのホームページ・ブログの目的は何ですか?

    昨日、一昨日の2回に渡り、ホームページを上手く活用した事例と、間違った事例を紹介してきました。失…

  4. 売れる商品の特長とは?

    売れる商品には共通の特長があるように感じています。私が仕事で支援することの多い「IT企業」と「士…

  5. この技術は、どう使ったら面白いことになるのか?

    おはようございます。渋屋です。昨日のブログは、過去数ヶ月の中で、圧倒的なアクセスがありました。…

  6. スマホ中毒者の激増を予想する理由

    電車に乗っているとき、駅で電車を待っているときなど、人の集まるところでは、多くの人がスマートフォ…

  7. Facebookの投稿範囲を設定する方法

    こんにちは、渋屋です。今日は普段のオフィスとは違うところに来ています。…

  8. もうマニュアルは要らない

    おはようございます。渋屋です。引き続きサンフランシスコにおります。簡…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP