menu

士業のホームページに必要なのは、デザインではない

小さな会社のホームページについて、設置(開設)するときと運用する上での注意点を書いてきました。



小さな会社の中でも、特にコンサル・コーチ・講師などのホームページについて、
考えていることを書きました。

 

デザインは最後

ホームページを作ろうとするとき、とにかく気になってしまうのがデザインです。
どうせ作るなら、見栄えの良いページを作りたいと思うのは、当然のことでしょう。

しかし、ここはグッと我慢をすべきところだと思います。
流行りもありますので、デザインは悩めば悩むほど、キリがなくなってしまいます。
それに、自分独自のデザインを作ってもらおうとすると、コストが高くなってしまいます。

将来的に、専門の方にしっかり作りこんでもらうにせよ、
最初に始めるときは手弁当で十分です。
逆に言えば、自分で作れないデザインにはしない、と考えれば良いでしょう。

WordPressでホームページを作成するのであれば、デザインは選んだテーマで決まります。
あなたに合ったテーマを選びましょう。
ちなみにこのブログのテーマは「Juliet」で、6,999円で購入しました。
現時点では、プロに依頼せずとも、これで十分です。デザイン以前にやりたいことが残っています。

 

大事なのはコンテンツ

デザインは最後、では何を優先するか?についてですが、
コンサル・コーチ・講師などであれば、やはり自分のコンテンツです。

  • 自分を何の専門家として見てもらいたいのか?
  • 顧客のどのような問題を、どうやって解決するのか?
  • 顧客はどう感じているのか?(事例)

そのようなコンテンツを日々、積み重ねていきます。

見た目がバッチリで、コンテンツがほとんど無いサイトよりも、
手作り感が満載だけど、コンテンツがギッシリ詰まったサイトの方が、
圧倒的に存在感があります。

検索で見つけてもらうためにも(SEO)、その方が効果があります。

 

自分の名前で検索してもらう

そうやって知名度や影響力を上げながら、目指すところは、名前で検索されることだと思います。
自分の名前こそが、会社名であり、職種名であり、ブランドだからです。

いつもお世話になっている税理士の井ノ上さんも、そのように書かれています。

コンテンツがギッシリ詰まったサイトに育ち、訪問者が増え、
さらに自分の名前で検索されるようになったとき。

そのときデザインが気になるようでしたら、変えてみましょう。
このタイミングで、全く遅すぎません。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【編集後記】
今日・明日の2日間は、南房総でバイク合宿。
果たして最後までやりきれるのか?カラダが持つのか?
6月のトライアスロン(ロング)に向けて、挑戦です。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!

自分の顔は、自分の責任

目指すは、「永遠のサブ4」

関連記事

  1. ITの専門家よりITに詳しい人とは?

    こんにちは、渋屋です。先週、都内のシェアオフィスで「ある方」と話をしていました。その方と…

  2. 私が活用しているITの情報源(Web、雑誌、その他)

    ITと言えば、変化の激しい業界。以前はドッグイヤーなどと揶揄されていましたが、その変化速度は、ま…

  3. 技術は関連性を調べると、しっかり理解できる

    エンジニアでもない限り、新しい技術を理解するのは、なかなか大変です。専門分野ではないし、だから片…

  4. IT企業は、そろそろ原価を元にした価格設定を止めよう

    多くのIT企業を見てきて、そろそろ止めた方が良いのでは?と思うことがあります。原価を元にして価格…

  5. 定期的にチェックする情報ソース

    こんばんは、渋屋です。今日は私がIT関連で、定期的にチェックする情報ソー…

  6. ホワイトカラー生産性向上の決定打

    ここ数日、アジャイル開発の話を聴いて、感じたこと・気づいたことを書いています。今日はホワイトカラ…

  7. システム・アーキテクチャーの変遷(メインフレーム〜クラサバ〜クラ…

    中小企業の支援をする上で必要な「情報システム」の知識をまとめるシリーズ。 中小企業診断士試…

  8. 世界におけるマイクロソフトの位置付け

    こんばんは、渋屋です。昨日の記事(マイクロソフトにおけるWindowsの…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP