menu

IT企業同士のオープン・イノベーションを起こしたい

昨日の続きです。

私が仲間を集めたいのは昨日の記事に書きましたが、IT企業に対して何をしたいのか?までは書けませんでした。

 

今こそ、IT企業は連携が必要

ご存知の通り、テクノロジーの進歩は、ますます加速しています。
大企業ですら、全てを自社開発していたら、その進歩に追いつけない状況になっています。
そうなると、他社とつながり、お互いの技術を補完的に使っていくしかありません。

先日、このような記事を書きました。

これは各企業とお話しをしていて、本当に実感していることです。
ソフトウェアが作れる企業でも、IoTのソリューションにするためにはデバイスが必要です。
ハードウェアを作れる企業と組むしかありません。
逆にハードは作れても、それをクラウドで制御するやり方が分からない企業もあります。

このようにニーズは多々あるのですが、畑違いの企業と知り合う機会は、中小企業には少ないのが実情です。
だからこそ、良いパートナー開拓ができた企業は、少なくとも短期的には、それが強みになります。

 

IT企業同士で起こすオープン・イノベーション

このように、それぞれに強みを持った会社同士が連携することで、新たな価値を生み出したいのです。
この連携に相応しい単語を探していたところ、「オープン・イノベーション」という言葉を見つけました。
およその定義は、以下のようです。

自社のみでは解決できない研究開発上の課題に対して、既存のネットワークを超えて最適な解決策を探し出し、それを自社の技術として取り込むことによって、課題を解決する(『オープン・イノベーションの教科書(ダイヤモンド社)』より)

つまり課題を解決するための手段として、自社以外の叡智を活用しましょう、ということです。
(補足すると、オープン・イノベーションが目的ではないのです)

これまでIT業界では、例えば受託開発の工数(=見積金額)を叩き合うような、足を引っ張り合う無駄な競合関係が、多く見られました。
そんなつまらないことは、もうやめましょう、と。
それよりも、上述のように連携をしっかりと行って、本当の価値を生み出せる業界にしたいと思うのです。

で、この企業間連携を促進するためには、様々な面からの支援が必要です。
一緒に開発した商品の利益分配はどうするのが良いのか?
その1つ取っても、簡単な問題ではありません。

私一人だけで情報収集して、提案できる軽い問題はありません。
だから昨日書いたように、仲間を募集しているのです。

 

連携するためには、真に強い企業になる必要がある

ここまでは良い話ばかりを書きましたが、現実的に向き合わなければならないことがあります。
連携がスムーズに進むようになればなるほど、ちゃんとした実力のない会社は、より経営困難になっていく、ということです。

この技術ならA社だよね。
この業界に強いのはB社だよね。
オフショア経験ならC社でしょう。

・・と情報が広がっていくほどに、何の特徴もない、今までは価格を下げるだけで戦っていた会社は、選ばれなくなります。
また、他社との連携をスムーズに行う人間性が求められるのも確かです。

「価格を下げれば取れる」(=エンジニアにサービス残業させてでも、作らせればいい)
「自社さえ良ければ、他社のことなど知らない」

と言うようなスタンスの会社は、この連携の輪には入ることができません。
そして、結果的に経営が苦しくなっていきます。

連携を促進すると、このような負の面が生まれてくるのですが、私は「仕方がない」と割り切っています。
顧客に選ばれ続ける価値を創造できない企業が消えていくのは、市場の原理原則ですから。

それよりも、選ばれるために価値を生み出そうとする高いマインドを持った企業を、もっともっと支援したいです。
何らかの実力をつければ、ちゃんと市場に価値を提供できる。(=経営が上手くいく)
そんな希望を中小IT企業が抱けるような世界を作っていきたいのです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
昨日・今日は妻が旅行に行っているので、息子と二人暮らし。
息子がサッカー練習に行ったので、月末締切の仕事をせっせと進めています。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【メルマガ 『非常識なコンサルタント』】
独立・起業を目指す方、特に自分らしく働き・生きたい方。
コンサルティングを事業の軸にしたい方に向けたメルマガを配信しています。
こちらから登録できます。

【Facebookページはこちら
「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせを受け取れます。
たまに気になるニュースなども通知しています。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

神奈川・横浜でIT企業支援の仲間を集めます

好きなことで独立できますか?

関連記事

  1. 身近な人を大切にできないで、ビジネスは成り立たない

    最近、強く感じていることがあります。私はどこか遠くの雲をつかもうとするような、遠くのビジネスに向…

  2. カフェでのテレワーク/リモートワークのリスクを知る

    各企業が少しずつテレワーク・リモートワークを推進しているためか、カフェで仕事をしている人が、少し…

  3. ビッグデータは世界を変えるのか? #660

    おはようございます。渋屋です。■ビッグデータ活用法整備11月22日(金)…

  4. 情報活用セミナーのご案内 #365

    こんにちは。渋屋です。今日は1日、週末起業 ドリームサミットに参加!・・・の予定だったの…

  5. 車を買ったのに乗らない人たち

    車を買い、持っているにも関わらず、「事故が怖い」と乗らない人たちがいます。ハサミという便利な道具…

  6. システムを作るよりも、有効利用してもらうためのサービスを

    色々なIT企業(サービス提供事業者、パッケージ提供事業者、システムインテグレーター)を見ていて、…

  7. ロボットの葬儀が行われる日

    こんにちは、渋屋です。最新号のAERAの特集は介護でした。子どもが居ない人は数多くいらっしゃ…

  8. 新商品・サービスを開発するために必要な3つのこと

    大手からの受託開発や、大手への派遣ビジネスが先細りになることが見えている現状、「自社商品・サービ…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP