menu

ドラッカー・マネジメントの特長

LINEで送る
Pocket

おはようございます。渋屋です。

昨日は、『ドラッカー・スクールで学んだ本当のマネジメント』著者である藤田さんのセミナーに参加してきました。昨日・今日の2日間なのですが、昨日1日で既に衝撃を受けていますので、記事にしてみます。

 

この本の感想は、以前に記事(ドラッカーを学ぶなら、この本から)にしています。こちらも合わせてご確認下さい。

 

ドラッカー・マネジメントの特長

私がドラッカーに惹かれる理由の1つは、マネジメントを個別バラバラの機械的な機能ではなく、統合的(Holistic)で人間的な思考体系

として捉えているからです。「そんなの当たり前だろ」と言われそうですが、企業の現場は、恐ろしいほどに個別バラバラに考えられていることがほとんどなのではないでしょうか。

  • MBAホルダーがファイナンスの視点から分析ばかり行う。
  • キレイな戦略は描けているように見えるのに、心・熱意が感じられない。結果として現場がついてこない。
  • ITの導入が目的化して、戦略をどう実現するためのITなのか?組織やチームとどう連携するITなのか?が考えられていない。

このような場面を、嫌というほど見てきました。

 

藤田さんは、内観から始まるセルフマネジメントをマネジメントの「心臓」としています。マネジメントの目的を「思考」と、顧客の創造につながるマーケティングとイノベーションを「両腕」に。さらに、組織とチームを「足腰」。会計とマネジメント、ITとコミュニケーションを「脚力」と捉えています。

ファイナンス分析ばかりやっている企業は、右脚ばかり太くなっている組織です。バランスが崩れては、組織の活動が上手く進むはずがありません。全てのパーツが統合的に動くことによって、1つのカラダが効果的に動きます。経営も同じように捉えていました。

 

私が「戦略BASiCS」を好み、このブログで何度も紹介しているのも、同じ理由です。戦略を戦場・独自資源・強み・顧客・メッセージから構成される統合的なものとして捉えています。個別機能論に陥りがちな私たちを統合的に導いてくれるドラッカーをもっと学びたいと感じました。

 

ドラッカーのことは、何度かに分けて記事を書いていきたいと思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【編集後記】

ドラッカーセミナー2日目。今日も楽しみです!!

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!


【セミナー】
12月18日(月)経営塾

無限の手数を打ち続ける

システムインテグレータ共通の苦悩

関連記事

  1. 2分で片付くことは、その場で即やる

    私は基本的に怠け者です。隙あらば、すぐにサボろう、寝ようとしてしまいます。で、気付くと些細な…

  2. 『あたらしいWebマーケティングの教科書』は簡単ながら、骨太です…

    おはようございます。渋屋です。Webを使ったマーケティングと言えば、ホームページやブログ、メ…

  3. 世の中の動きを把握する簡単な方法 #467

    こんにちは。渋屋です。ビジネスをする上で、見逃せないのが世の中の動きです。これから伸びる…

  4. 会社員もお金の管理を人任せにしない方が良いと思う理由

    会社員だった頃、周りにはお金の管理を奥さんに完全に任せてしまい、お小遣いで過ごしているという方が…

  5. 少し早いけど、2014年に刺さったベスト5冊

    こんにちは、渋屋です。まだ2014年が1ヶ月以上残っていますが、読んだ本を整理していて、ふと…

  6. IoT(Internet of Things)の基本を押さえる本…

    おはようございます。渋屋です。シリコンバレーを中心としたアメリカ出張から、昨晩、日本に戻りま…

  7. 史上最強のめんどくさがり屋だから出来ること

    昨日の記事でご紹介したメルマガ、続々と登録していただいています。直接、お会いしたことがない、ある…

  8. コスト把握から始めよう

    こんばんは、渋屋です。昨日、面白い記事を発見しました。『データセ…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP