menu

ドラッカー・マネジメントの特長

おはようございます。渋屋です。

昨日は、『ドラッカー・スクールで学んだ本当のマネジメント』著者である藤田さんのセミナーに参加してきました。昨日・今日の2日間なのですが、昨日1日で既に衝撃を受けていますので、記事にしてみます。

 

この本の感想は、以前に記事(ドラッカーを学ぶなら、この本から)にしています。こちらも合わせてご確認下さい。

 

ドラッカー・マネジメントの特長

私がドラッカーに惹かれる理由の1つは、マネジメントを個別バラバラの機械的な機能ではなく、統合的(Holistic)で人間的な思考体系

として捉えているからです。「そんなの当たり前だろ」と言われそうですが、企業の現場は、恐ろしいほどに個別バラバラに考えられていることがほとんどなのではないでしょうか。

  • MBAホルダーがファイナンスの視点から分析ばかり行う。
  • キレイな戦略は描けているように見えるのに、心・熱意が感じられない。結果として現場がついてこない。
  • ITの導入が目的化して、戦略をどう実現するためのITなのか?組織やチームとどう連携するITなのか?が考えられていない。

このような場面を、嫌というほど見てきました。

 

藤田さんは、内観から始まるセルフマネジメントをマネジメントの「心臓」としています。マネジメントの目的を「思考」と、顧客の創造につながるマーケティングとイノベーションを「両腕」に。さらに、組織とチームを「足腰」。会計とマネジメント、ITとコミュニケーションを「脚力」と捉えています。

ファイナンス分析ばかりやっている企業は、右脚ばかり太くなっている組織です。バランスが崩れては、組織の活動が上手く進むはずがありません。全てのパーツが統合的に動くことによって、1つのカラダが効果的に動きます。経営も同じように捉えていました。

 

私が「戦略BASiCS」を好み、このブログで何度も紹介しているのも、同じ理由です。戦略を戦場・独自資源・強み・顧客・メッセージから構成される統合的なものとして捉えています。個別機能論に陥りがちな私たちを統合的に導いてくれるドラッカーをもっと学びたいと感じました。

 

ドラッカーのことは、何度かに分けて記事を書いていきたいと思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【編集後記】

ドラッカーセミナー2日目。今日も楽しみです!!

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!

無限の手数を打ち続ける

システムインテグレータ共通の苦悩

関連記事

  1. 【感想】小が大を超えるマーケティングの法則

    こんにちは、duckです。今回は、こちらの本を紹介します。中小企業診断士の2次筆記試験 …

  2. コンサルタントの起業術 #438

    おはようございます。渋屋です。近所の草木が激しく変化しています。先週まで花だったところが…

  3. 人間関係を改善するための2つのアプローチ

    「人」に関わる悩みは、あらゆるところに存在します。「あの上司がいるだけで胃が痛くなる」というよう…

  4. 原理原則に反して、私が手を広げている理由

    一般的に、「強みに立脚して戦略を絞れ」と言われています。色々な会社や個人を見てきて、正にそうだと…

  5. 「感動中毒」にご注意を!

    Facebookで投稿されていた、とある記事を読んで、思わずウルウルとしてしまいました。人が困難…

  6. 整理・整頓・記録だけで利益アップ

    おはようございます。渋屋です。昨日の記事(IT活用の第一歩はアナログ情報のデータ化)では、まず名…

  7. 顧客の声から分かる強み #480

    おはようございます。渋屋です。昨日は戦略を立てるとき、どうしても自社(売…

  8. なかなか「自分は頑張っている」と認められない理由を考えてみた

    「もっとやれるハズなのに」「どうして出来ないんだろう」正直、こういう感情を1日に1回…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP