menu

システムインテグレータ共通の苦悩

この週末は、生前のピーター・ドラッカーから直接教えを受けた藤田勝利さんのセミナーに参加してきました。今回は、ドラッカーのいう原則をもとに、システムインテグレーションビジネスを見てみたいと思います。

このセミナーには、システムインテグレータで働いた経験のある人が複数人いました。結論から書くと、皆、同じ悩みを抱えているようです。

 


ドラッカー・マネジメントの基本は、マネジメントを

  • 個別バラバラの機械的な機能ではなく、
  • 統合的(Holistic)で人間的な思考体系

と捉えていることです。バラバラの機能とは、具体的に書くと、

  • 戦略
  • マーケティング
  • イノベーション
  • 組織、チーム
  • 会計
  • IT

などを指します。

会計に偏重した企業は、数字ばかりを見て、物事を判断してしまいます。その背後にある各事業の状態(立ち上げ時期、成長期、衰退期など)を把握もせず、コスト一律10%カットなどをやってしまいます。本来は各事業の状態を確認し、全社戦略や事業戦略に合わせて、今後の方針を決めていくべきでしょう。

 


ITについても同じことが言えます。課題図書(本記事の末に紹介しています)で示されたケースを見て、その場に居たシステムインテグレータ経験者全員が、

「良く見る事例過ぎて、笑えない」

と感じたのでした。そのケースとは、

  • 経営(事業)戦略とシステムの間につながりがない
  • 社長はシステムのことを理解せず、担当者に丸投げ
  • 戦略の理解がないまま、現場の要求をマトモに受けてしまう
  • その結果、機能要件が膨らみ過ぎてしまう

というような内容です。

システムは導入することが目的ではありません。本来は戦略を実現する手段として、システムが導入されるはずです。

にも関わらず、上記のような問題が頻発しているとするならば、企業のシステム部門やシステムインテグレータは、経営(事業)戦略を
理解しないまま、プロジェクトを遂行しているということでしょう。

顧客の戦略と、システムに対する要求仕様をしっかり橋渡しする。このことが多くの企業でできていない、とも言えます。
海外を含む数多くの企業で、これができていないということは、チャンスです。参入障壁が高いからです。

 


企業(事業)戦略とITを融合するチカラ。
それを身につけたシステムインテグレータは、当面の間、強いビジネスを実現できるのではないでしょうか。

 

ドラッカー・マネジメントの特長

もぐら叩き生活へ終止符を打つために

関連記事

  1. 受託開発からの進化事例

    業務系開発受託や通信・組み込み系開発への人材派遣を行っていた株式会社マインドは、2006年、社内向け…

  2. B to BとB to Cの組み合わせ技

    前回に引き続き、今回もLINEの話です。2014年2月26日、LINEはグローバル市場での成…

  3. システム導入が簡単になった今、やるべきこと

    クラウド利用が一般的になり、従来よりもシステム導入は簡単になりました。では、簡単になった分、経営…

  4. クラウドを取り囲むエコシステム

    先月、米サンフランシスコで開催された「AWS Summit 2014」。Amazon Web S…

  5. コモディティ化はどこまで進んでいるか?

    少し前のことですが、1月23日にIBMはx86サーバ事業をLenovoに売却する…

  6. LINEビジネスコネクトの上手いところ

    2014年2月26日、LINEはグローバル市場での成長に向け、3つの新サービスを発表しました。…

  7. 日本の製造業、復活のヒント

    日々のニュースから、IoT(Internet of Things)やビッグデータという言葉を目にしな…

  8. 新しいモノを取り入れるチカラ

    今日はどんな企業にも求められる、新しいモノを取り入れるチカラについてです。7月24日版の『日…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP