menu

IoT(Internet of Things)の基本を押さえる本

おはようございます。渋屋です。

シリコンバレーを中心としたアメリカ出張から、昨晩、日本に戻りました。
今回の出張では、様々な情報を得ることができました。
戦略を考えている人達から、直接話を聞けたことで、私の理解がかなり進みました。
(私の英語力だと、全てを理解するのは難しかったのですけど。。)

私がアメリカで訪れた企業に限らず、IoT(Internet of Things)に関する情報がますます多くなってきました。
IoTの記事に接しない日がなくなってきたのでは?と思うほどです。
それだけ新しい潮流として捉えられていて、ビジネスチャンスがあると認識されているからでしょう。

そんなIoTですが、基本を押さえるための本が邦書ではほとんどありません。
数少ない邦書であるこちらの本を読んでみました。

 

IoT(Internet of Things)の基本を押さえる本

著者であるシスコシステムズはモノのインターネットであるIoTの概念に、人・プロセス・データの要素を追加して、Internet of Everything(IoE)という拡張概念を提唱しています。
そのため、このようなタイトルになっているのですが、広い意味で「IoE=IoT」と捉えても、問題ないと感じています。

 

目次と対象読者

  • 第1章 あらゆるものが「つながる」新しい世界 Internet of Everything(IoE)
  • 第2章 IoEアーキテクチャ
  • 第3章 フォグコンピューティング
  • 第4章 (なぜかタイトルなし!笑)

IoEを実現するための要素技術が書かれています。
特にデバイスがネットワークに接続するための新しい技術が書かれていて、ここはネットワークの雄であるシスコらしい内容です。
技術者以外は読まなくても良いでしょう。

  • 第5章 IoEがもたらすサービス

スマートグリッド、気象や河川などのモニタリングシステム(無線センサーネットワーク基盤)、スマートシティ、スマート・コネクテッド・カー(車・鉄道・公共車両)、ロケーションサービス・スマートファクトリーが紹介されています。

IT関連でない一般の方は、1章をしっかりと読み、2・3・5章から興味のあるところを、さらっと読めば十分でしょう。
IT業界の方は、1・2・3章をしっかりと読み、4・5章から興味のあるところをピックアップしましょう。
技術に強い方は、4章や5章での新しいプロトコルや仕組みにワクワクするかもしれません。

シスコというネットワークに強い会社が書いているので、ネットワークの側面に偏った本であることは否めません。
それでも概略を掴むための基本的な要素が詰まっていますし、IoTの可能性を十分に感じることのできる本だと思いました。

2017年2月12日追記

この記事を書いてから時間も経ち、より良い書籍が出ています。

今はこちらの2冊の方をお勧めします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【編集後記】
1週間、家を空けてしまったので、今日は家族と過ごします!

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!

もっと自由を取りに行こう!

日本の製造業、復活のヒント

関連記事

  1. クラウド会計ソフトfreeeを使い始めてみました

    今日は本題に入る前にご連絡です。3月頃から、退職に向けての引継ぎや、独立の準備を優先していた…

  2. 『変われる人』

    こんばんは、duckです。だいぶ前に読み終えていたのですが、ご紹介するのが遅くなってしまいました。私…

  3. 道徳だけでなく、ビジネススキルまで身につく、『子どもたちが身を乗…

    こんばんは、渋屋です。今日は本の紹介です。友人・知人が読んでいて、気になったので読んでみました。…

  4. お金の支援をする専門家にオススメの本

    コンサルタントとしてチェックしておきたい本があります。■MQ会計やTOCなどを広める「会…

  5. 教育という一大事業 #570

    こんばんは。渋屋です。今日は社内の勉強会講師として、丸1日プレゼンテーシ…

  6. 「学び」の段階

    こんばんは、duckです。まだ読み終えてない本を紹介するのは恐縮なのですが、『学ぶとはどういうことか…

  7. 【感想】すっきり!わかりやすい!文章が書ける

    こんばんは、duckです。桜がキレイに咲いています帰宅時は酔っ払いがたくさん居ました新入社員らしいサ…

  8. 日本を好きになる一冊、『日本人はなぜ日本のことを知らないのか』#…

    今日から仕事はじめの方も多くいらっしゃるかと思います。私は今日は有給を使ってしまいました。妻…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP