menu

私たちには無限のチャンスがある

こんにちは。渋屋です。

 

オリンピックが始まりましたね。

私は普段、スポーツニュースはほとんど読まないので、家族がテレビを見ていることで気付きました。

 

■4年に1度のチャンス

家族はテレビで、上村愛子さんの決勝を見ていました。

 

前回大会まで、7位、6位、5位、4位という順位だったのですね。

周りは勝手に、「今回こそメダル」と期待をしていたことでしょう。

結果は今回も4位。

 

私はニュースも見てないし、これまでの経緯も全く知らないので、この結果について、どうこう言えません。

というより、結果をどう捉えるか?は本人と、本人をサポートしてきた人だけに与えられた権利でしょう。

 

私がオリンピックなどのスポーツを見て、毎回思うことは、「4年に1度」というチャンスの厳しさです。

スポーツには、言うまでもなく、適正な年齢があります。

1度チャンスを逃してしまうと、次のチャレンジまでには4歳、歳を重ねることが必須条件となります。

 

どんなに次のチャレンジをしたくとも、年齢的に限界が来てしまうと、どうにもなりません。

オリンピックに出るような選手たちは、針の穴を通すような千載一遇のチャンスを掴もうとしているのだ、と感じます。

 

■私たちはもっとチャレンジできる

それに引き換え、私たちはどうでしょう?

 

チャンスは4年に1度ではなく、もっと溢れているでしょう。

チャレンジする機会も、年齢制限など無いことが、ほとんどではないでしょうか。

 

ランニングを始めたいと思えば、いつでも始められます。

過去の自分を超えるチャレンジに、年齢制限はありません。

 

新たな事業を始めることも、撤退することも、自分の判断でできるでしょう。

ビジネスにおいては、経験は武器です。年齢を重ねた方が優位なこともたくさんあります。

 

オリンピック選手のように、大会の瞬間にむけてピークを調整する必要もありません。

人脈も、スキルも、経済的な面も、日々の活動を通じて、逓増させていくことが基本です。

 

チャンスに恵まれまくった私たち。

オリンピック選手を観て感動をもらうだけでなく、自分の活動に活かしていきたいですね。

 

 

■終わりに

昨日と今日の午前中、雪の中で息子とガッツリ遊びました。

滅多に無いチャンス。しっかりと活かしました。

 

【昨日のトレーニング】

・体幹トレーニング・・・スイッチレベル1.5

・ストレッチ・・・×

・RUN・・・0km

雪のため週末も走れず。。

次回、フルマラソン(古河)まで、あと35日。

 

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!

開発スピードが10倍・100倍加速している事実

「エンジニア=起業家」の方程式

関連記事

  1. ルーチン化の中に変化を

    こんばんは、duckです。今日は伊豆方面まで花見に行ってきました満開ではありませんでしたが、自然に触…

  2. 脳ミソ限界の一歩手前

    こんばんは、今日はもう脳ミソが限界です。そもそも過労気味、圧倒的寝不足状態で始まった実務補習。2…

  3. 仕事とプライド

    こんばんは、duckです。仕事が溜まりまくっています作らなきゃいけないドキュメントが数多くあるのに、…

  4. 知識の総量よりも、社会との接点の総和

    一昨日に属しているコミュニティの数と成長速度の関係について書きました。単にコミュニテ…

  5. 受験勉強と人生の共通点

    中小企業診断士 1次試験まで、あと1ヶ月となりました。受験生の方は、最後の追い込みを頑張っていた…

  6. 練習を本番環境にどれだけ近づけられるか?

    「本番を意識しない練習に効果はない」そんなことを痛感した昨日でした。伊豆…

  7. 長期視点の効果 #178

    こんばんは、duckです。少し前に長期視点について書きました。今日は、その効用についてです。長期視点…

  8. 難しいことをやさしく #147

    こんばんは、duckです。先週の日曜日のことですが、セミ総研というプレゼンスキルを鍛える会で、「価値…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP