menu

私がトライアスロンをはじめた理由

おはようございます。渋屋です。
突然ですが、トライアスロンを始めました。
(と言っても、まだ練習だけですが)

理由は、言うまでもありませんが、「面白そうだから」。
この前提の上で、もう少し掘り下げて考えてみます。

 

ランニングに特化してきたカラダ

ランニングの初レース(真夏の皇居2周10kmでした)に出たのが2012年8月。
それから参加するレースもハーフ、フルと距離を伸ばしながら、ランニングの練習をしてきました。

去年は約700km、今年は約1,100kmを走ったようで、
それに伴って私のカラダも徐々にランニングに特化してきたように思います。
実際、ハーフ、フル共に、タイムも縮まってきています。

ただ先日、学生のときから20代全般を捧げたラケットボール
(マイナーなスポーツなのでご存じない方が大半だと思いますが)をやったとき、
あるいは故障で走れなかったときにスイムをやったときに感じたことがありました。

 

リスクを伴う専門性

「ランニング以外、全て落ちてるじゃん」
端的に言うと、そういうことです。

小学生のときがピークのスイミング。
中学生のときがピークのバレーボール。
20代後半の頃がピークのラケットボール。
今は、ほぼランニングしかしていませんので、他が落ちるのは当然です。

マラソンのタイムを縮める練習をもっと積み上げても良いのですが、
「それだけじゃ、なんか面白くない」
正直、そう感じたこともありました。

急に話が変わりますが、自分の専門性について考えてみます。
私は学生時代にITに興味を持ち、そのままIT業界に10数年属しています。
元々はITエンジニアで、純粋に技術の仕組みを知ることや、
新しい技術を追い求めることが好きでした。

ただ、あるときに技術しか知らない自分にリスクを感じたのです。
物事をある一面からしか見ていないことに気付いたからです。

ランニングに特化すればするほど、他の何かを失う(かもしれない)のと同様、
仕事においても、ときには自分の専門性が今後も通用するのか?
確認が必要だと思うのです。

 

自らの専門を破壊しつつ、再構成する

私は技術しか知らないリスクに気付いた後、

プロジェクトをいかにスムーズに進めるかを身につけるために
プロジェクトマネジメントを学んだり、
お客様がシステム運用をする視点を学ぶためにITILを学んだり、
ITを経営の視点から見つめるために、中小企業診断士を取得したりしました。

今ではITエンジニアではなく、マーケティングの立場で、
自社のビジネスを考えたり、顧客と接するようになっています。

新しい商品開発をするには、プロジェクトマネジメントのノウハウが重要です。
社内のステークホルダーにいかに協力してもらうかが、結果を直撃するからです。

お客様と将来のIT像をディスカッションするとき、
経営の視点やシステム運用の視点を持てることが非常に役立っています。
そして何よりも、かつては技術を純粋に追い求めたことで蓄積された
技術を見る目が一番、役立っています。

私がこの数年でやってきたことを一言で言えば、
技術という自らの専門性を一度破壊して、再構成したのです。
それによって、数年前と比べれば、ずいぶん守備範囲を広げることができました。
今後、新たな専門性を身につける土台ができた、とも感じています。

同じことを趣味のランニングでもやってみようかと。
トライアスロンでバイクやスイムにチャレンジしつつ、
また少し異なる角度から、ランニングを楽しみたいと思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【編集後記】

昨日から妻の実家に帰省です。
ただ、その前に1泊だけ義父母と一緒に旅行しています。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!

1月29日:「ITを考えるワークショップ」をやります

2014年 目標の振り返り

関連記事

  1. 感情の起伏を大切にする #600

    こんばんは。渋屋です。このところ、感情が動いたときに、その理由を含めて記…

  2. 【履歴書】積み上げ式の発見 #592

    おはようございます。渋屋です。今朝は涼しくて過ごしやすい気温です。あっという間に季節は秋…

  3. 場を作る楽しさ

    おはようございます。渋屋です。昨日は、毎月参加している「よこはま月例マラソン」でした。こ…

  4. 目標をもう一段、引き上げよう!

    2008年北京オリンピック、ソフトボールで優勝した日本代表チームと、平昌オリンピックで活躍してい…

  5. 掃除(整理整頓) #188

    おはようございます。duckです。昨晩から今朝にかけて涼しくて、とても過ごしやすいです。窓から気持ち…

  6. 今日新しいことをしましたか?

    こんにちは、渋屋です。今朝、息子と一緒に横浜美術館に行きました。着替えを…

  7. 「専門技能の連続的習得」を行うためには

    昨晩は、約3年前の鮒谷さんセミナーでご一緒させて頂いた、アークフィール株式会社社長の崎元さんと会…

  8. 刺激をもらいに #139

    こんばんは、duckです。今日は日々の引力から脱出すべく、鮒谷さんの3日間セミナー参加者が集う、勉強…

最近の記事

PAGE TOP