menu

コンサルティングの「型」を持つ

何事にも、最初にチャレンジするときには
「型」を身につける必要があります。


ランニングでもスイミングでもフォームは大切ですし、
そのフォームを実現するためのカラダ作りは、より大切です。

「守破離」という言葉があります。

最初にチャレンジするときにこそ、適当に身につけるのではなく、
「型」を身につけることが、
長い目で見て圧倒的な成長の差となって現れるでしょう。


それはコンサルティングでも同じです。

私の場合は、売上を上げるためのマーケティング支援をすることが
多いです。
士業の独立支援の場合も、まずは売上を作れる仕組みづくりが
最初の課題になります。

そのため、コンサルティングで使う「型」は、
佐藤義典さんが提唱する「マインドフロー」を使うことが多いです。
顧客の購買心理を元に、マーケティング施策を検討するのです。


先週、また異なる「型」を教えていただき、
さっそく実践で使ってみました。

今までアイデアが溢れてばかりで、具体的な行動計画に落としこむのが
難しい社長が居たのですが、この新しい「型」を使うことで、
話をある程度まとめ、アイデアから行動計画へつなげることができました。

これからコンサルタントを目指す方であれば、
同じように、まずは「型」を身につけることから始めてみましょう。

脳の仕組みと目標(ビジョン)の関係

結論を急ぐ思考のリスクを知っておきたい

関連記事

  1. コンサルタント以外の名前を探してみる

    社長の中には、「コンサルタント」という名前を徹底的に毛嫌いしている人がいらっしゃると感じています…

  2. 教えないけど、学びはどこまでも深く

    このメルマガでは何度も書いていますが、私のコンサルティングのスタイルは、基本的に「教えない」…

  3. 企業に価値を伝える表現方法

    コンサルティングなどの企業を支援するサービスを企業に提示する場合、鉄板とも言える表現方法があ…

  4. IT企業支援のワークショップやります

    一昨日に書きましたが、IT企業を支援する人を集める場を作ります。■その第1回は、4月…

  5. 成果は誰のものか?

    顧客の成果を我が物顔で自慢されると、同じコンサルタントとしては、引いてしまいます。■…

  6. これまでの動きがつながった先

    昨日、あるセミナーの音声を聴きながら電車の外をボーっと眺めていたとき、突然衝撃が走りました。…

  7. コンサルティングは体術である

    最近、コンサルティングはつくづく体術だ、と思うようになりました。■スポーツにせよ、勉強に…

  8. コンサルである前に経営者である

    私たちは独立・起業してコンサルティングをビジネスとしている、あるいはしようとしている人です。…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP