menu

1年前と今、仕事の中身は変わっていますか?

私の仕事観は、間違いなく父親の影響を受けています。
多分、私が幼稚園くらいの頃、酒屋で働いていた父親の配達車に乗せてもらい、一緒にお客さん先を巡りました。
お客さんと楽しそうに会話する父親の姿に、言葉では現せない何かを感じていました。

 

私の仕事観の源流

それから時が経ち、私が小学校高学年の頃、父親はコンビニを経営し始めました。
コンビニが破竹の勢いで伸びる少し前のことでした。

それから数年間は、父親も母親も、昼夜関係なく、働く日々が続きました。
専業主婦だった母親も外に出て、深夜2時〜3時に帰ってくるのが当たり前になりました。
家事は祖母が行ってくれましたが、ほどなく他界し、姉が晩ご飯をつくる日が増えました。
まだ幼かった弟は、店に連れて行かれて、バックヤードで眠りにつく毎日でした。

たまに早く帰ってきて、家族団らんで晩ご飯。
そんなとき、睡眠不足が限界に達していて、ご飯に頭を乗せて寝ている父親が居ました。
もう50歳近くになっていた父親でしたが、毎日2〜3時間しか寝ていなかったのです。
子どもながらに、お店を経営することの厳しさを感じた瞬間でした。

それでもお店に行くと、楽しげにお客さんやパートさんと雑談する、酒屋の頃と変わらぬ父親の姿がありました。
仕事の大事にしたいところと、厳しいところ、その両面を父親からは感じていました。

 

1年前と変わらぬ仕事をしていませんか?

両親は今もコンビニを経営していますので、正月も関係ありません。
正月はアルバイトの学生さんが実家に帰省してしまうので、人の手が足りなくなってしまうからです。
そのため、私が学生だった頃は、年末年始は実家のコンビニを手伝いに行っていました。
(普段は別の近所のコンビニでバイトしていましたが)

このように、アルバイト・パートさんの稼働に、店の経営は依存している状態でした。
あれから20年経った今でも、状況は変わっていません。
人手が足りなくなると、両親は昼夜関係なく、働かねばならないのです。
もう高齢になった両親を見ると、何とかならんものか?と毎度思うのです。

同じようなことが私たちの仕事にもあるのではないでしょうか?
10年、20年後を見据えたら、少しずつ変えていかねばならないことなのに、
1年前と何も変わっていない仕事をしているとしたら?

私が独立した大きな理由の1つは、変化の少ない大企業に居続けることに危機感を感じたからです。
船が大きいから、方向転換するには年単位の時間がかかります。
部署異動するとしても、多くとも年に1回です。
しかし、これからの時代、それでは対応が遅すぎると感じたのです。

転覆するリスクはあれど、日々、方向転換できる身軽さがある独立。
それ以来、大会社に居たらありえないほど、様々な仕事の経験をさせてもらいました。

ただ1年前と比べて、変えたいと思っていたことを、ちゃんと変えられたのか?
そう考えると、「まだまだ何もやっとらんな・・」と。

 

変えないことと、変えること

その一方で、「変えないこと」があることも大切だと感じています。
何もかも、いたずらに新しくすれば良いわけでもありません。

私にとっては、父親がお客さんと楽しく会話していた姿。
経営の相談に乗る以上、常に楽しく笑顔で会話できるわけではありませんが・・
お客様に安心してお話しいただける場をつくり、自らの未来に希望を見出していただく。
このスタンスは、私が事業を営む以上、変えてはならないことだと考えています。

 

そういう軸を持った上で、変えるべきところは、ガンガン変えていこうと思います。
まだ変えたいのに変えられていないところが多々あります。
1年後には胸を張って「変えた」と言えるようにしたいものです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
トレランから2日、全く筋肉痛がなくなりません。
それどころか、ますます動けなくなる始末。
おじいちゃんより動きが遅いです。。
ひねった右足首が腫れてきたので、病院に行ってきます。。。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【Facebookページはこちら
「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせを受け取れます。
たまに気になるニュースなども通知しています。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

2度目の東京八峰マウンテントレイル体験記

偏差値教育の弊害と、これからの仕事に求められること

関連記事

  1. オススメ!『フリーランスのための一生仕事に困らない本』

    こんにちは、渋屋です。今日は独立・起業を目指す士業の方、あるいは既に独立しているけれども、当…

  2. 士業が情報発信しないことは、デメリットだらけ

    士業は自らの言葉で情報発信した方が良い、と確信しています。独立しているなら、なおさらです。…

  3. 会社を辞めることはオススメできないけど。。。

    このところ、会社を辞めるに至った経緯書いていますが、それらの記事は興味を惹くらしく、アクセスも増…

  4. コンサルタントに必要な道具

    どんな職業にも、大切にする道具があると思います。大工のように分かりやすい道具がある人もあれば…

  5. 5年後の私は、公的機関での業務をやっていないでしょう

    「5年後の私は、公的機関では仕事をしていないだろうな」ある日、ふと思いました。本能で感じたこ…

  6. 中小企業診断士 独立の失敗事例

    中小企業診断士を取得し、独立された方の中には、しばらくして会社員に戻っていく方がいます。典型的な…

  7. 独立・起業したら事業収入を妻に教えるか?

    会社員の頃、私の周りでは給与(年収)は妻に教えている方がほとんどでした。でも、独立して、周りに聞…

  8. 管理職をやったことがないのですが、独立できますか?

    知人より、「管理職を経験したことがないが、中小企業診断士として独立できるか?」という質問をいただきま…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP