menu

誰かのお墨付きを望んでませんか?

私たちコンサルタントには、
真に自立するポイントがあると感じた出来事がありました。


先日某所で、とあるテーマでセミナーを主催することになったときのこと。

「いや、私は結構です」

コンサルタントを名乗る人が集まりながら、
そんな声ばかりで講師が決まりませんでした。
(私は別のテーマで講師になっているので手を挙げず)

もちろん、コンサルタントには専門分野がありますから、
全てのテーマで手を挙げる必要はありません。

ただ、そういう事情を鑑みても、
その場に居た人たちの消極さに驚いてしまいました。

一体、何がそうさせているのだろう?


その場に居た人たちからの会話で分かったのは、
オリジナルコンテンツを生み出すことへの恐怖でした。

「お墨付きがない」

仮にブランディングがテーマだったとしたら、

・ブランディングの第一人者からトレーニングを受けたとか
・資格を持っているとか

そういう支えとなるものが欲しいという感じでした。


しかし、ブランディングの第一人者は、
果たして最初から第一人者だったのか?

もちろん違います。

誰にでも初めてのときがあります。

私にもITトレンドを生まれて
初めて語ったときがありました。
会社員時代の複業でした。

言うまでもなく、今の自分から見たら未熟な内容です。

それでも、誰のお墨付きもなく、
一人のIT専門家として、自分でセミナーを主催したことは、
今でも誇りに思っています。

昨日の記事にも関係する話ですが、
知識や資格があっても、それだけでは足りません。

誰かのお墨付きなど関係なく、
自分が好きなものを活かし続ける。
実践して、顧客にフィードバックし続ける。

それで良いと思うのです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

理念・哲学・パッションが経営の中心に

道具、手入れしていますか?

関連記事

  1. お金と稼ぎ方を真正面から考える

    私が今まで生きてきた環境では、真正面から真面目にお金の話をすることに一種のタブー扱いがあるよ…

  2. セミナーから始めてみては?

    このメルマガはコンサルタント向けですが、敢えてセミナーをやることもオススメします。■…

  3. 売りに来る人と、買いに来る人

    昨日、多くの社長が集まる場所に居たので、ふと「売りに来る人」と「買いに来る人」が居るのではないか…

  4. コンサルティングの価値を上げる方法

    このメルマガの読者の方は、何らかの形でコンサルティングを行うことがあるでしょう。コンサル…

  5. 何を捨てるのか?

    企業を支援していても、独立後の人を見ていても、あるいは自分自身を振り返っても、難しい…

  6. 情報発信を続けられる、たった1つのシンプルな理由

    毎日のブログ、平日毎日のメルマガ、「良く続けられますね~」と本当に良く言われます。…

  7. 見積を出したのに受注できない世界?

    会社員としてIT企業に勤めていた頃、お客さんから複数社に提案依頼がされることは日常的でした。…

  8. コンサルである前に経営者である

    私たちは独立・起業してコンサルティングをビジネスとしている、あるいはしようとしている人です。…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP