menu

誰かのお墨付きを望んでませんか?

私たちコンサルタントには、
真に自立するポイントがあると感じた出来事がありました。


先日某所で、とあるテーマでセミナーを主催することになったときのこと。

「いや、私は結構です」

コンサルタントを名乗る人が集まりながら、
そんな声ばかりで講師が決まりませんでした。
(私は別のテーマで講師になっているので手を挙げず)

もちろん、コンサルタントには専門分野がありますから、
全てのテーマで手を挙げる必要はありません。

ただ、そういう事情を鑑みても、
その場に居た人たちの消極さに驚いてしまいました。

一体、何がそうさせているのだろう?


その場に居た人たちからの会話で分かったのは、
オリジナルコンテンツを生み出すことへの恐怖でした。

「お墨付きがない」

仮にブランディングがテーマだったとしたら、

・ブランディングの第一人者からトレーニングを受けたとか
・資格を持っているとか

そういう支えとなるものが欲しいという感じでした。


しかし、ブランディングの第一人者は、
果たして最初から第一人者だったのか?

もちろん違います。

誰にでも初めてのときがあります。

私にもITトレンドを生まれて
初めて語ったときがありました。
会社員時代の複業でした。

言うまでもなく、今の自分から見たら未熟な内容です。

それでも、誰のお墨付きもなく、
一人のIT専門家として、自分でセミナーを主催したことは、
今でも誇りに思っています。

昨日の記事にも関係する話ですが、
知識や資格があっても、それだけでは足りません。

誰かのお墨付きなど関係なく、
自分が好きなものを活かし続ける。
実践して、顧客にフィードバックし続ける。

それで良いと思うのです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

理念・哲学・パッションが経営の中心に

道具、手入れしていますか?

関連記事

  1. 自分の意思決定基準をつくる

    私が経営者や独立志望の方に「インサイトマップセッション」を行なうのは理由があります。…

  2. 起業・創業には2種類ある

    起業や創業について会話をしていると、「話が噛み合わない」と感じることが多々あります。世の…

  3. 心が動いた瞬間を見逃さない

    自分の仕事でも、他者(他社)の支援でも大事にしていることがあります。■「心が動いてい…

  4. ビジネスは瞬発力よりも巡航速度

    マラソンやトライアスロンのレースに出ているとビジネスにも役立つ示唆をもらえます。■昨…

  5. コンサルである前に経営者である

    私たちは独立・起業してコンサルティングをビジネスとしている、あるいはしようとしている人です。…

  6. 事業を成功に導くモノ

    会社の看板も何もない私たちが、個人で事業を成功するためには?■今まで幾度と考えてきま…

  7. 新商品・事業のアイデアを出すフレームワーク

    商品やビジネスを企画するとき、何を題材に企画のアイデアをひねり出すか?私は「世の中の変化…

  8. 「雇われない生き方」の次の時代

    『フリーエージェント社会の到来』という本があります。■2002年に出た本で、その後、…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP