menu

確実に見えている将来の世界と、それに適応する方法

ドラッカーは言いました。

「すでに起こった未来は機会である。潜在的な機会である。一つの傾向における変化ではなく、傾向の変化そのものである。パターンにおける変化ではなく、パターンそのものの断絶である」(『創造する経営者』より)

「すでに起こった未来」という表現は、ドラッカーの言葉として有名ですね。
実際に私たちの周りにも、「確実に起こることが見えている将来の世界」があります。
ちゃんとそれを見据えて、準備を進めなければなりません。

 

IT機器を使い込み、ネットに順応していく

1つ目の間違いなく起こる未来は、ネット人口が増えていくことです。
すでに爆発的に増えていますが、世界のそれと比べると日本の増え方は緩やかです。
日本は、IT機器やネットを苦手とする中高年層の人口比率が高い上に、若者が増えないからでしょう。
とは言え、ネット人口は増え続け、IT機器を敵とみなす層は確実に減っていきます。

そういう未来が見えている以上、アナログのビジネスに特化しない限り、ITやネットに慣れることが求められます。
ただ、言うは易し、行なうは難しです。
最近IT周りをサポートしている、ITが苦手な顧客からも、(こう書いては何ですが)面白い問い合わせがきました。

  • とあるソフトウェアからメッセージが出たけど大丈夫か?
    (確認したところ、無視して良い内容)
  • 写真の向き(縦→横)を変えたい
  • ファイルサイズが大きすぎて、Webにアップロードできない

などなど。

「そこですかぁ~!」ってビックリするほど、不思議なところで躓きますね。

私はIT機器の操作に関しては、一般人レベルかと思っていましたが、そうでもないのかもしれません。
周りに得意な人が居すぎて、自分のレベルを必要以上に下げて見ていたのかもな、と。
IT素人の方も、ちゃんとフォローできるようにした方が良いのかな?と考え始めています。
(手間と時間がかかるので、どうビジネスとして成り立たせるのかが課題ですが)

話が脇道に逸れましたが、ITやネットを使いまくって環境に慣れていくこと。
使えば使うほど悩む点が増えるかもしれませんが、グーグル先生に聞けば8割くらいは解決します。

 

人工知能(AI)とブロックチェーンの時代は確実にやってくる

今週は木曜日に「横浜ITクラスター交流会」に参加してきました。
横浜で月に1回行なわれている会ですが、実は新規性のある会です。
IoT、人工知能、VR、ドローンなど、どれをとっても日本で注目される前に講演が行なわれています。
今回のテーマがブロックチェーンだったので、迷わず参加してきました。

さらに金曜日は「Open NetworkIng Conference Japan」のイベントのため、20年以上ぶりに、慶応大学 日吉のキャンパスへ。

私の記憶にある慶応とは、全く変わっていました(そりゃそうか)
久しぶりにガチに技術としてのネットワークに触れてきました。

2つのイベントに参加して改めて感じたのは、人工知能とブロックチェーンの時代は確実に来るということ。
特にブロックチェーンに関しては、どのような分野に応用できるのか?これまで私はまだまだ懐疑的でした。

経済産業省が『ブロックチェーン技術を利用したサービスに関する国内外動向調査』を取りまとめているものの、技術的な課題が数多く指摘されているからです。
この動向調査の中で良く引用される図の1つがこちら。

「本当にこんなに多くの分野でプロジェクトが進んでいるのか?」と思っていました。
この真偽はさておき、ネットワークを議論するはずの「Open NetworkIng Conference Japan」で、確実に研究が進んでいることが分かりました。思わぬ収穫でした。
そして私なりに「確実に来る」という結論に至ったのです。

 

新しい技術にどう適応するか?

AIやブロックチェーンなど、ITに馴染みのない人にとっては「なんじゃ、それ?」でしょう。
きっと、これからも次々と新しい技術が登場します。

こういう新しい技術に関するイベントなどに参加していつも思うのは、基本だけでも良いので把握しておこうとすること。
初心者向けのセミナーやイベントに行くだけで十分です。
ほぼ全ての技術は、既存の技術の上に成り立っていますから、その関係性を理解できれば、頭に入ってくるのです。

その関係性が理解できないと、「?(疑問符)」の上に「?」が積み重なりますから、何も理解できなくなってしまいます。
上述の横浜ITクラスター交流会でも、「クラウドファンディング」や「仮想通貨」を理解していない人には、「ICO」は概念すら把握できていないようでした。

別に専門家になる必要はありません。
「インターネット」を把握しているくらいの感覚で十分です。
新聞やニュースで、これらのキーワードが出てきたら、「それって何?」と問うてみましょう。
当面はそれだけで十分です。

と言いつつ、各技術の関係性を理解するのは難しいでしょうから・・
やっぱりコンテンツをつくろうかな、と。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
原因不明なのですが、右ひじに強烈な痛みが・・
昨日、バイク向けの体幹トレーニングをしたときに変な負荷をかけたのかもしれません。
(いつもと同じことしかしていないんですが)
夕方、息子と卓球をしに行く約束になっているので、気をつけなければ。。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【Facebookページはこちら
「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせを受け取れます。
たまに気になるニュースなども通知しています。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

迫りくる来シーズン、マラソンの目標

なぜ未だにインターネット選挙は実現しないのか?

関連記事

  1. ITの専門家よりITに詳しい人とは?

    こんにちは、渋屋です。先週、都内のシェアオフィスで「ある方」と話をしていました。その方と…

  2. レンタルサーバを使うには #541

    こんばんは。渋屋です。今日は息子の空手。そのままRUNの予定でし…

  3. 「会社設立 freee」を見て。価値を生めない役所や士業は衰退し…

    昨日、「会社設立freee」のニュースをあちらこちらで見かけました。それだけ多くの方が衝撃を受け…

  4. 業務プロセス改善のスタンダードを知る2冊

    組織が成長し、大きくなるにつれて、業務プロセスの問題が浮かび上がってきます。1人でやっていた仕事…

  5. IT活用の第一歩はアナログ情報のデータ化

    こんにちは、渋屋です。小さな会社、とりわけ士業が集まっている事務所のような会社では、情報共有…

  6. Facebookを使うことで今どきのツールに慣れていく

    ITに強くなれるツール活用法について、記事を書いています。まず最初にスケジュール管理をスマホ…

  7. 「働き方」を変えるためにITが出来ること

    おはようございます。渋屋です。今までと異なった、新しい「働き方」を模索し…

  8. 改めて「クラウドとは何か?」を考えてみる

    クラウド(コンピューティング)が生まれて、もう10年以上経ちました。そしてクラウドは、既に私たち…

最近の記事

PAGE TOP