menu

自分なりの鉄板フレームワークを持っていますか?

コンサルティングのスキルを上げるなら、
何か頼りどころになるフレームワークがあると
良いでしょう。


「守破離」と言うとおり、
まずは誰かが育ててきた「型」を身につけることが、
成長の最短距離となるからです。

私で言うなら、マーケティング 佐藤義典さんの

・BASiCS
・マインドフロー
・プロダクトフロー

が根底にあります。

IT企業の商品企画を支援するときも、
士業・コンサルタントの独立支援をするときも、

その基盤は変わりません。
変わるとしたら基盤の部分ではなく、
あくまでも枝葉です。


余談ですが、同じだからこそ、
IT企業と士業・コンサルタントという
全く別の業種・業態の支援をできるのです。

私は複数のことが同時にはできません。
根底にあるものが同じだから、
一見、異なることを並行して行うことができるのです。

本題に戻りますと、そういう基盤となるフレームワークがあれば、
今までコンサルティングの経験がなくとも、
着実に成長できるはずです。


そういう意味で、昨日のメルマガでもご紹介した、
この本は秀逸です。

●事業性評価実践講座―銀行員のためのMQ会計×TOC
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/asin/4502216615/ritz0c-22/

まず、お金の見え方が変わります。
特に制度会計に縛られがちな方にとっては、インパクトが大きいでしょう。

そして、お金以外の着目ポイントが分かることです。
TOCは製造業が例に挙げられていますが、根本的には製造業以外も同じです。

モノを作らなくとも、業務は各プロセスが流れて成立するものです。
ですから、どのプロセスがボトルネックになっているのか?に着目すれば、
コンサルティングの入り口はできるのです。

現時点で拠り所となるフレームワークをお持ちでなかったら、
上記の本はオススメです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

独立後の「食えない不安」を減らすためにやっている3つのこと

テクノロジーを軽視する経営に明日はない

関連記事

  1. 仕事分類ごとのメリット・デメリット

    昨日、仕事の分類をご紹介しました。今日はその分類ごとのメリット・デメリットを挙げてみます。…

  2. 出版の新しいカタチ:『人工知能、ロボット、人の心。』

    おはようございます。渋屋です。今日はITトレンドを把握する上で外せない、「人工知能」についてです…

  3. 社長が欲しいのは売上

    中小企業の社長、特に自分で事業を立ち上げた創業社長には、その嗅覚に驚かされることが多々ありました…

  4. 直接営業と間接営業

    昨日は、士業には営業力がない、それが致命的だということを書きました。■では、どうやっ…

  5. いつでも休める自由と有給休暇のない不自由

    この時期、お客さんとミーティングしていると年内の休みはいつからか?という話に良くなります。…

  6. 売り方以前の商品・サービスづくり

    今日は中小企業診断士2次筆記試験の結果発表でした。6年前の今頃、勤めていたオフィスでガッツポーズ…

  7. プロは全体像を伝えよう

    おはようございます。渋屋です。一昨日から販売開始された新刊ですが、この記事執筆時点で、Ama…

  8. 売りに来る人と、買いに来る人

    昨日、多くの社長が集まる場所に居たので、ふと「売りに来る人」と「買いに来る人」が居るのではないか…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP