menu

自分なりの鉄板フレームワークを持っていますか?

コンサルティングのスキルを上げるなら、
何か頼りどころになるフレームワークがあると
良いでしょう。


「守破離」と言うとおり、
まずは誰かが育ててきた「型」を身につけることが、
成長の最短距離となるからです。

私で言うなら、マーケティング 佐藤義典さんの

・BASiCS
・マインドフロー
・プロダクトフロー

が根底にあります。

IT企業の商品企画を支援するときも、
士業・コンサルタントの独立支援をするときも、

その基盤は変わりません。
変わるとしたら基盤の部分ではなく、
あくまでも枝葉です。


余談ですが、同じだからこそ、
IT企業と士業・コンサルタントという
全く別の業種・業態の支援をできるのです。

私は複数のことが同時にはできません。
根底にあるものが同じだから、
一見、異なることを並行して行うことができるのです。

本題に戻りますと、そういう基盤となるフレームワークがあれば、
今までコンサルティングの経験がなくとも、
着実に成長できるはずです。


そういう意味で、昨日のメルマガでもご紹介した、
この本は秀逸です。

●事業性評価実践講座―銀行員のためのMQ会計×TOC
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/asin/4502216615/ritz0c-22/

まず、お金の見え方が変わります。
特に制度会計に縛られがちな方にとっては、インパクトが大きいでしょう。

そして、お金以外の着目ポイントが分かることです。
TOCは製造業が例に挙げられていますが、根本的には製造業以外も同じです。

モノを作らなくとも、業務は各プロセスが流れて成立するものです。
ですから、どのプロセスがボトルネックになっているのか?に着目すれば、
コンサルティングの入り口はできるのです。

現時点で拠り所となるフレームワークをお持ちでなかったら、
上記の本はオススメです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

独立後の「食えない不安」を減らすためにやっている3つのこと

テクノロジーを軽視する経営に明日はない

関連記事

  1. 人間と人工知能(アルファ碁)をエネルギー効率から比較してみる

    最近はニュースをボーっと眺めているだけで、人工知能(AI)関連ニュースが日々、流れてきます。本当…

  2. 営業術、行動のキモはこれ

    平日・週末と繰り返してきたセミナーの内容を少しずつ、このメルマガでもご紹介していきます。…

  3. 士業界における致命的な弱点とは

    これから士業を目指す方にとっては残念な記事かもしれません。■私の知る限り、現在の士業…

  4. 協会に頼らない世界

    先日、中小企業診断士が集まる機会があり、そこに顔を出していました。皆さんの会話を聴いていて、…

  5. レベルアップが止まりません

    昨日は、コンサルティングをするものなら、知識や体験の仕入れを止めないようにしましょう、と…

  6. 商品は、価値を提供するための媒体

    中小企業診断士は独占業務がありませんので、皆さん、何をやっているのか?が分からないくらい、提…

  7. 売れない理由・・

    昨晩、あるコンサルタントと情報交換をしていて改めて感じたことがあります。■売れない理…

  8. 何を捨てるのか?

    企業を支援していても、独立後の人を見ていても、あるいは自分自身を振り返っても、難しい…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP