menu

ライバルを設定することで、成長を加速する

他者と競争するよりも、過去の自分に打ち勝つこと。
自分らしく生きることを追求するなら、
それが基本だと思います。


とは言え、近場にライバルがいた方が、
成長が加速するのも事実です。

私は、基本はひとりで事業をやっていますが、
仕事によっては、一緒に組む仲間がいます。

その仲間の発想の仕方だったり、
仕事に対する姿勢だったり、
あるいは、アウトプットだったり、

参考になる部分は多々あります。

そういう人は、仲間であり、ライバルであり、
本当にありがたい存在です。


仕事ではありませんが、
昨日、ランニングチームの仲間と、
トレーニング記録を共有するようにしました。

早速、彼らの活動が見えてきて、

「あ、今日も練習しておくか」

とバイクを漕いだのでした。

彼らも仲間であり、ライバルだからです。
自分ひとりでは、なかなか追い込むことができません。


これはいわゆる「衆人環視」で、

「自分が見られているからこそ頑張れる」
「他者を見たから頑張ろうとする」

そういう一面があるのは、
誰しも共通していることではないでしょうか。

「自分超え」を基本姿勢としつつ、
成長エンジンとして仲間・ライバルを意識する。

特に仕事では、そういう環境づくりをするように
心がけています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

私たちが重大な変化を見逃しやすい理由(ネットワーク外部性とメトカーフの法則)

練習を本番環境にどれだけ近づけられるか?

関連記事

  1. 人とのつながりから、これまでの活動を振り返ってみる

    昨日は、アイデンティティの専門家である生田知久さんをお招きしてセミナーを行いました。参加頂いた皆…

  2. RFM分析で顧客を知る #440

    こんにちは。渋屋です。今日はブログを書くのが遅くなってしまいました。仕事が忙しくなって、…

  3. 企業に価値を伝える表現方法

    コンサルティングなどの企業を支援するサービスを企業に提示する場合、鉄板とも言える表現方法があ…

  4. 【管理職】男性に偏った組織をぶち壊せ

    昨日は、「忘年会」を筆頭に、飲み会をやるなら全員が参加できる日中が良いのでは、ということを書きま…

  5. 営業に注目する理由 #492

    こんばんは。渋屋です。今日は午前中、息子の空手に付き添い、午後は自分自身…

  6. 好きなことのために時間とお金をコントロールする

    4月の下旬から5月中旬まで、実は仕事量を少し減らしていました。昨日参加した、五島でのトラ…

  7. 目指すは魔法使いでも戦士でもなく、勇者なのか!?

    家族でとある性格診断みたいなものをやっていて、面白い質問がありました。あなたはロールプレイン…

  8. 「ITは苦手だから・・」は通用しなくなってきた

    公共系の仕事をすると、毎回、頭が痛くなることがあります。■今どき「紙」の文化だからで…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP