menu

人生の質(QoL)も経営の質も、仲間で決まる

経営の質に、あるいは人生全体での質(QoL)にも、「仲間」の存在は大きいと感じています。

 

人生の質は人間関係で決まる

『嫌われる勇気』では、「悩みは全て人間関係である」ようなことが書かれています。

「全て」かどうかは分かりませんが、私の実感としても、確かに大半を占めていると感じます。

社長は社内にいる限りは孤独なもの。
社長と同様の視座をもって話し相手になれる存在は、滅多にいないでしょう。

だから社長こそ、社内で従業員との関係性を良くするだけでなく、
外に出て、利害関係のない人との人間関係(仲間)を構築すべきだと思うのです。

 

上下関係のない仲間を作る

会社にいる限り、意図する・しないに関わらず、
従業員との関係には上下関係ができてしまいます。

雇う側と、雇われる側。
給料を払う側と、支払われる側。
仕事を指示する側と、実行する側。

どんなに社長が従業員同様に現場で働いていたとしても、基本的な構図は変わりません。

だからこそ、社長は社外に人間関係を作るべきだと思うのです。
しかもビジネスではなく、例えばトライアスロンのような趣味でつながるのが良いでしょう。

トライアスロンの世界は、レースが始まってしまえば、頼れるのは己のカラダのみ。
大企業の社長であれ、小さな会社に就職したばかりの新人であれ、そこに区別はありません。
仕事では自分の弱さを認めることができなくても、
レースでの弱さは素直に認めることができます。

上も下も関係ない仲間と、お互いを励ましあって、応援することができます。
この対等な人間関係ができることで、素直になり、謙虚になり、自らを成長させることができます。
結果として、経営の質も上がるのです。
中小企業は多くの場合、「社長の人間力=会社の実力」ですから。

このように「社長」という肩書きを外した「裸の自分」と、対等に付き合ってくれる人はいるでしょうか?

 

仲間が居るから頑張れる

お互いに切磋琢磨できるような仲間がいれば、頑張ることができます。

私は過去3年連続、五島長崎国際トライアスロン(通称:バラモンキング)を完走していますが、
1人で出てたら、3回とも絶対に完走していません。
フルマラソンでサブ3.5を出すこともなかったでしょう。

同じことがビジネスでも言えます。
あと人と出会わなければ、独立・起業しなかった。
あの人がいなければ、ここまでやれなかった。今の自分はない。
そういう方が、何人もいるのです。

さらに仕事を引退した後の老後にも、仲間がいなければ孤独が待っています。
「社長」「起業家」「ビジネスパーソン」という肩書を外す前に、仲間を作っておく必要があるでしょう。
それも1箇所ではなく、色々なところで作りたいですね。

より良い仲間を作り、人生と経営の質を高めましょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
今日から2泊3日で家族旅行です。
初日の今日は秋田竿燈まつりを見に来ました。
予想以上の迫力で、あっという間の2時間でした。
ついつい各チームの連携にも目が行ってしまいました。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【Facebookページはこちら
「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせを受け取れます。
たまに気になるニュースなども通知しています。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

なぜ中小企業診断士を取るのですか?

事業の目標と、人生の目標を一致させる

関連記事

  1. 顧客とどのように関わっていきますか?

    顧客との関わり方は、人によって大きく異なる部分だと思います。私はどのように顧客と関わりたいと思っ…

  2. 顧客を定義した後に間違えてはいけないこと

    「顧客は誰か?」ドラッカーが私たちに投げかけてくる、代表的な質問の1つです。とても大事な…

  3. ライバルを設定することで、成長を加速する

    他者と競争するよりも、過去の自分に打ち勝つこと。自分らしく生きることを追求するなら、それが基…

  4. 「感動中毒」にご注意を!

    Facebookで投稿されていた、とある記事を読んで、思わずウルウルとしてしまいました。人が困難…

  5. カラダを整えれば、自然と心も整ってくる

    仕事をするにせよ、仕事以外の楽しみで過ごすにせよ、その前提となるのが健康なカラダと心です。&…

  6. 「我慢」したことを、ビジネスチャンスに変える

    一昨日の記事で、目標につながらない無駄な我慢は、働く側にとっても組織にとっても不利益であることを書き…

  7. 弱みを放置すれば、組織は死に向かう

    かつての日本は量産型ザクの大量生産的な教育を施していました。同じくらいの平均点を取れる人間を作り…

  8. 男性管理職の必読書『働くママが必ず悩む36のこと』で、奥さんへ優…

    男性管理職、男性経営者、働くママ(奥さん)がいる人、必読の本じゃないかと感じました。…

最近の記事

PAGE TOP