menu

「マーケティング=新規顧客獲得」ではない

「マーケティング」と言うと、すぐに新規顧客の獲得の話だと捉えられてしまうと感じることがあります。

 

「新規顧客獲得」は華々しいかもしれないが・・

新商品・サービスを企画・開発する現場に多く携わるためか、
どうもマーケティングと言うと、新規顧客獲得のことだと考えられてしまうことがほとんどです。

ビジネスにおいて、新規顧客獲得は確かに華々しいもの。
これまで自社を知らなかった顧客が興味を示してくれる。
やりがいもある仕事です。

しかし、新規顧客獲得に掛かるコストは、既存顧客との接触に比べて、
5倍とも6倍とも言われています。

それに既存顧客の離反が続く中で新規顧客獲得するのは、
穴の空いたバケツに水を汲み続けるようなもの。
そう、最初から負けゲームなんです。

 

まずやるべきは既存顧客との接触

ですから、最初にやるべきは、バケツの穴を防ぐこと。
つまり既存顧客をしっかりとフォローすることです。

「案件取るまでは必死だったのに、受注後は連絡が途絶えてしまった。」

という顧客の声を聴いたことはないでしょうか?
営業担当に対する、非常に良く聴くクレームです。
(魚を釣ったら餌はやらない・・的な)

多くの会社で受注前の案件に対する管理は良く行なわれています。
週次の営業ミーティングなどで上司が部下に確認することでもありますね。

しかし、この対象に既存顧客が含まれているのは、あまり見たことがありません。
私は、ビジネスを本当に育てるのであれば、
まずは既存顧客に対するフォローを、しっかりと管理すべきだと思います。

既に自社を知ってくれていて、少なくとも一度は購入してくれた顧客です。
業種によりますが、連絡先が分かっていることも多いでしょう。

ですから、一定の間隔でしっかりと連絡を入れる。
購入いただいた商品の使い勝手や感想を聴いてみる。
お困りごとがあるようだったら、それに応える。

この辺りの仕組みがちゃんとできている会社は強いです。

 

理想とする最大顧客数は?

大企業と異なり、中小企業のリソースは限られています。
私のようなひとりビジネスだと、それはもう顕著です。

となると、しっかり関係性を築ける顧客数も、必然的に決まってしまいます。
しかし、「理想とする最大顧客数は?」と聴いてみると、
困ってしまう経営者がほとんどです。

士業・コンサルタントなどの場合は、労働集約型の仕事ですから、
明確に上限が決まっているはずです。
となると、ひたすら新規顧客開拓を目指すよりも、
既存顧客としっかりと関係を目指した方が良いのです。

先週お会いした士業の方は「顧問契約は8社が上限」と仰っていました。
となると、既存顧客からのファンが8社になれば、
ビジネスとしては大成功なのです。

とは言え、一定数の離反は仕方がありません。
顧客が引っ越したり、ビジネス上の変化があったりと、
こちらではどうしようもないことが発生するからです。

ですから、まずはバケツの穴をしっかりと埋めた上で、
それでも少しは漏れてしまうから、
漏れた分を新規顧客開拓するのが良いでしょう。

繰り返しになりますが、最初から新規顧客ばかり狙っても、
バケツに水は溜まりません。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
昨日は2週間後に迫ったフルマラソン対策で25kmラン。
激しく疲れたので、余計にフルマラソンが不安になってきました。。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【メルマガ 『非常識なコンサルタント』】
独立・起業を目指す方、特に自分らしく働き・生きたい方。
コンサルティングを事業の軸にしたい方に向けたメルマガを配信しています。
こちらから登録できます。

【Facebookページはこちら
「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせを受け取れます。
たまに気になるニュースなども通知しています。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

悩みや課題を発見する秘訣

士業を活用する人、使われてしまう人

関連記事

  1. 多様性のある世界

    こんばんは、duckです。実務従事などの活動を通じて感じていることは、中小企業診断士(登録済み or…

  2. 過去にとらわれず、過去から自分を開放し、今に集中する技術とは?

    日本シリーズが熱いです。我が家はDeNAファンなのですが、地元・横浜でおいこまれてから反撃の2連…

  3. これから起業する人のITとの付き合い方

    こんにちは、渋屋です。昨日は、ITに造詣の深い方々との会合でした。毎度のことながら、自分の日…

  4. 人とのつながりから、これまでの活動を振り返ってみる

    昨日は、アイデンティティの専門家である生田知久さんをお招きしてセミナーを行いました。参加頂いた皆…

  5. プロとしての条件

    こんにちは、渋屋です。昨日、今日と面白いことがありました。「プロの姿」を…

  6. 「無力感」に悩まされているあなたに

    突然ですが、「無力感」を感じたことありませんか?私は少し前まで、感じまくっていました。&…

  7. どんな老後を過ごしたいか?

    寿命100年時代に生きる私達にとって、老後を考えることはますます難しくなってきています。少子高齢…

  8. 時間とお金の使い方を根本から変えたい

    このところ時間とお金の使い方について、改めて考えなおしています。もう1段、高いレベルに上がらない…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP