メルマガ:非常識なコンサルタント

顧客グループが生む雰囲気

一昨日、仲間達と話していて
「あるある!」と感じた話を。


数ヶ月前にあるセミナーに行ったときのこと。
講師のブログは読んだりしていましたが、
お会いするのは初めてでした。

挨拶をすると、ブログの印象よりも
雰囲気が柔らかく、誠実そうな方。

セミナーが始まると、
その内容もなかなかのものでした。


ここまでだったら、私はその講師から
次のサービスを購入していたかもしれません。

ただ、実際にはそうならず、
私はそれ以来、特に何もお願いしていません。

問題は客層でした。

平日昼間のセミナーだったからなのか、
セミナー参加者の雰囲気が明らかに違います。

何だか浮ついているというか、
フワフワしているというか、

明らかにビジネスの世界では生きていない。
もっと言えば、他者(講師)に依存している
参加者が多かったのです。


「このコミュニティに入っても、
 残念な人脈しかできないな。」

そう思ったから、次のサービス購入を控えたのです。
セミナー内容が良かっただけに残念でした。

どんなに良いセミナーをしても、
どんなに良い人であったとしても、

顧客層が悪いだけで売れないのです。

今回はある一例を挙げましたが、
似たようなことを何度か経験しています。

自分がどんな顧客とお付き合いしたいのか?
そのためにどういう情報を発信しているのか?

今まで以上に深く意識しようと思ったのです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【メルマガ 『非常識なコンサルタント』】
独立・起業を目指す方、特に自分らしく働き・生きたい方。
コンサルティングを事業の軸にしたい方に向けたメルマガを配信しています。
こちらから登録できます。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村