menu

仕事は人の間で流れている

独立を検討していた会社員の頃、
ある方から

「仕事は同じ層の人たちの中で対流している」

ということを教わりました。


当時は「そうなんだ~」くらいな感じで聴いていましたが、
今は「ホントにそう!」と膝を打つくらい、納得します。

同じような考え方をして、
同じような行動をしている人たちは、

近しい価値観で、
近しいビジネスをして、
似たような収入を得ています。

良いか悪いかではなく、

「そういうことが起きている」

という現実だと、私は捉えています。


例えば、自分のビジネスを人に委ねるかどうか?

士業・コンサルには、
自分の「生命線」とも言えるマーケティング・営業を、
完全に人任せにしている方がしている人がいます。

自分はコンサルタントという専門職だから、
自分を売るためのマーケティング・営業はしない。

意識しているのか、無意識なのか?は別にして、
そう振る舞っています。

一方で、その「生命線」は自ら手綱を握り、
しっかりとコントロールしていく人がいます。

良い悪いではなく、決めの問題です。

そして、この2つのグループの間では、
仕事が対流することは、ほとんどありません。

それぞれのグループ内で、仕事は流れています。
当然のことながら、価格も全く異なったものになります。


ということは、現状の自分に満足できないのであれば、

自分自身が変わろうとするのと同時に、
付き合う人も変えなければならない、ということです。

こういうことを書くたびに読者が減るのですが(笑)、
本当にそう思っているのです。
ウソをついても仕方ありません。

私自身、もっと異なる層の人と出会いたいので、
そういう機会を作るようにしています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【メルマガ 『非常識なコンサルタント』】
独立・起業を目指す方、特に自分らしく働き・生きたい方。
コンサルティングを事業の軸にしたい方に向けたメルマガを配信しています。
こちらから登録できます。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

ブラックボックス化が進む世界で、私たちはどう生きるべきか?

新商品・サービスを展開するなら、まずは既存顧客から

関連記事

  1. 補助金ビジネスに対する私のスタンス

    かつて、補助金のビジネスに関わっていました。でも、今はやっていません。私なりに理由があるから…

  2. 最初に向き合うべきは自分

    様々な戦略フレームワークは「顧客」からスタートするものが多いです。私自身、顧客の支援をさ…

  3. 論理思考をうながす2つの問い

    最近は右脳開発に偏っている私ですが(笑)、論理思考も忘れてはおりません。■例えば、ビ…

  4. 軸となる価格を決める

    稲盛和夫さんが仰られている通り、値決めは経営の肝です。■私たちのように目に見えない…

  5. セミナーをやるときに意外とハマること

    初めて自分でセミナーを主催したとき、思わぬところでハマり、なかなか開催できませんでした。…

  6. 一次情報に触れてますか?

    このところ、つくづく「生の声」の大切さを感じています。■例えば、中小企業白書や情報通…

  7. トンネルには必ず出口がある

    3月のことですが、久しぶりに月間売上高の最高記録を更新しました。■去年の夏が終わる頃…

  8. 経営は100アスロンのごとし

    私はトライアスロンをやっていますが、これはスイム・バイク・ラン、3つの種目から成り立っていま…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP